医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Episode.7 YOUR SONG 

11/17放送 監督:梶 研吾/脚本:林壮太郎

追跡してきたエイリアンとの攻防を見せつつ、
異星人間の恋愛模様を見事に描ききった一作。
またしてもゲスト出演の小田井涼平と石川紗彩が良い味を出してます。
エージェントとしてもハマり役である涼平氏に
メビウスのミサキとはまた違った魅力を引き出していたのがよくわかる。
異星人間の恋愛といえばダンとアンヌがウルトラの元祖でしょうねぇ。



・・・そしてセブンXは後半戦へ。


登場エイリアン:ヴァイロ星人(ナタル)
地球の侵略を目的とし、その調査のために半年前に地球に降り立った。
しかし降り立った先で地球人の女性が持っていたギターに心惹かれ、
またそこへやってきたエージェントDと相思相愛の仲になったため
自らの意思で仮面を外し、地球で生きることを選択した。
地球では路上ライブを行って生活費を稼いでいるらしいが
エイリアンであることは隠して地球での生活を営んでいる模様。
歌声は自前の能力だが、ギターを弾けるようになったのはDが教えたから。
DEUSとセブンが追っ手を倒したため、落ち着いて生活できるようになった。
二丁拳銃を扱うだけの戦闘スキルもしっかり持っている。

ヴァイロ星人(その他)
地球侵略及び反逆したナタルの抹殺のために地球に侵入してきた。
ガスマスクのような仮面を被り、口から音波で攻撃してくる。
仮面はヴァイロ星の権力者から認められ与えられる栄誉の証であり
それを外すことは母国への反逆を意味している。
普通は死ぬまで外すことは無い。
しかしジンの体術やエージェントの攻撃であっさり倒れるあたりあまり強くは無い。
倒されると口から水のようなものを吹き出し、紫煙となって消滅。
バドリュードという生物機械兵器を連れてきていた。
バドリュード投下後、UFOは逃げようとしていたが
光学迷彩をものともしないセブンのエメリウム光線で爆散。

生物機械兵器:バドリュード
ヴァイロ星人が持ってきた生物機械兵器。
ヴァイロ星人の指令を受けて、UFOから水滴のように落下するや否や
ロボット型に変形して形をなした金属生命体に近い描写をされる。
攻撃方法はヴァイロ星人と同じようなポーズから発射される音波による攻撃。
しかし登場したものの、攻撃はセブンのアイスラッガーが防ぎきり
そのままアイスラッガーに貫かれて瞬殺されたため、強いのか弱いのか不明。
相手が悪かっただけかもしれず、ちょっと不憫。



実は、半年前のことでした、という冒頭。
物語をしっかり見ていないと時系列があっちこっち飛ぶのでこんがらがるかも。

降り立つエイリアン
河原で歌う女性の背後でステップをとる足跡・・・
振り向くとそこには仮面のエイリアンが!
逃げ出す女性に、駆けつけるエージェントD!

という至極ウルトラでありそうなパターンで導入された今回。
しかしこれが半年前のことだとは・・・面白い仕掛けかと。

CMが開け。

UFO、地球侵入
地球へふよふよと近づいていくUFO。
都市部の上空を探査するように動き回るも途中でロスト。
しかしサングラス型の感知器のようなもので光学迷彩を見破るケイ。
DEUSの装備ってすごいの多いな・・・w

ヴァイロ星人の急襲
しかしそこに挟み撃つようにヴァイロ星人たちが急襲!
両脇から衝撃波を飛ばすも、なんとかしゃがんでダメージを軽減するケイ。
一方エスも公園で本を読んでいると衝撃の余波を受けて
自分のコーヒーカップが倒れ、異変を察知。
エスはのんびりティータイムしてたけど指令がいかなかったんだろうか?
そこに疲労した状態で現れるエージェントD。
しかし彼は以前の任務で攻撃を受けて殉職していたはずだった・・・

説明なく過去の回想シーンのインサートが多いのは
大人向けととって良いのか、こちらの読み解きを求めていると言ってよいのか。
個人的にはこういう絡んだ紐が解けていく展開は面白くてグッド。

疑惑のエージェントD
そこへやってきたケイはDに疑惑の目を向け・・・
殉職したはずとはいえかつての仲間をかばうエス。
エスってやっぱりなんだかんだで優しいよなぁ。
互いに銃を突きつけあう、ケイとDだけど
「冷静になるっていう選択肢はどう?」とチョコを2人に差し出すエス。
すっごい可愛いじゃん!!w

歌うナタル
さて多分TFCのエキストラも混じっていると思われるナタルのライブシーン。
なんか良い歌だな~。
足を止めて聞き入る人がいたりカップルが仲良くしたり、平和になる歌なんだなぁ。
そしてあのギターのアップがヴァイロ星人の仮面っぽいのは狙った演出かな?
っていうか石川さんの魅力が全開になってるよね、今回。
梶監督の気合が入ってるだけあるw

そして最後にお金を払うジン。
感想を求められ「悪く無かったよ」
「つまんない感想」
ナタルが正論だw

ヴァイロ星人、追撃
ナタルがいなくなったあと、噴水の水の音で1話の冒頭を思い出すジン。
水に浮かぶ自分は果たして誰なのか・・・
去ったナタルにヴァイロ星人が襲い掛かるも、ジンが迎撃。
しかしすぐさま何人もの追っ手が現れてピンチに!
衝撃波からナタルを守ろうと身を挺するも直撃して、吹っ飛ばされるジン!
こう仮面の相手に無機質的にずっと追われるってのはなんか怖いものがあるよなw
なんとか逃げ切るものの途中でジンは力なく倒れてしまい・・・

また奪られるウルトラアイ
気がつくとジンは倉庫でナタルの膝枕をされていた。
「何者なの?」と聞かれ答えに困るジン。
「赤い巨人なの?」とウルトラアイをとられていたり。
7話のうち、もう2回はウルトラアイが敵の手に渡ってるぞ、ジン!w
ジンはナタルがエイリアンであることを見破るが「もう侵略する気はない」というナタル。
ウルトラアイも返し、自分の事情を説明。
初めは侵略しようとしてたこと、地球人に恋をしたこと、そのために追われていること・・・

恋は星を超える
一方で、ケイたちはDを拘束。
何を言っても信じないケイたちに業を煮やし手錠を外し
銃を突きつけるD。
今度はDの視点からナタルのことが2人に語られる。
交互に2人がそれぞれの視点で互いのことを語るというのは非常に良かった。
2人の故郷は違えど、思いにすれ違いは全くない。
ギターに興味を惹かれて弾く姿や歌いだすヴァイロ星人は魅力が多い。
その一方で無機質的に敵を追い詰める性質もあり、この多様性が良い。
「歌声に惚れた」というDに「立場上まずいだろ」というケイ。
しかし彼女はこの星を愛し、そのために自分が殉職の芝居まで打ったを話し
「異星の女を愛するのは変か?」というD。
「俺はそういうラブ&ピースに弱いんだ」というケイ。
これがケイの今日の決め台詞か、似合いすぎるw

DEUSエージェントvsヴァイロ星人
エージェントK・S・Dが揃い踏みし、ヴァイロ星人を圧倒。
ジンとナタルのところにも追っ手が現れた!
「今度は私が彼を助ける!
彼のところへ行く、援護をよろしく!」と
ジンに追っ手を任せて駆け出していくナタル。
残されたジンのところにエレアが助っ人に登場!
銃を使い、ヴァイロ星人を倒すエレア・・・強いのか、意外にw
「そのときは近い、救世主としての本当の戦いのときが・・・
だから死なないで」
エレアの後ろにたつヴァイロ星人をジンが狙撃。
微動だにしなかったエレアの姿はジンを信じきっているということの現われか。
3人のエージェントを相手に追い詰められるヴァイロ星人。
最後の1人はエスの体術に対抗し、ケイのショットも弾いてDに反撃!
しかしそこにやってきたナタルがDをかばい、そして反撃して倒すと
絶命時に「バドリュード・・・」とつぶやく。
口からの流水がなんというか怖いw

セブンXvsバドリュード
指令を受けて、UFOからバドリュードが投下!
狙いをエージェントたちに定め・・・
同時にジンはセブンへ変身!
衝撃波が飛んだその瞬間、アイスラッガーが空中で高速回転して攻撃を弾く!
弾くや否や、バドリュードを一撃で貫いて撃破!
続いてUFOもエメリウム光線で破壊するセブン。
変身すると圧倒的に強いな・・・
そういえばオリジナルのセブンもガンダーと戦うまでは
ほとんど無敵の超人だったっけか。
今日、UFOを撃墜したあとのセブンの表情がなんか笑って見えた。

ラブ&ピースにYour songを・・・
再び路上ライブを開いて楽しそうに歌うナタル。
それを見つめるジン・ケイ・エス・D。
「こんな風に当たり前にエイリアンと共存できる日がくるといいな」とケイ。
「そうね」と返すエスに
「そんなときがくるさ」というジン
それを遠くから見て微笑むエレア。

確かにこの最後のやりとりは幻のセブン12話を彷彿とさせるセリフでした。

次回、殺戮宇宙人が登場!
血しぶきがあがり、なにやらスプラッターな模様・・・
ついに深夜の本領発揮か?!

http://tokusatuspace.blog115.fc2.com/blog-entry-50.html
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/11/17(土) 04:05:52|
  2. ULTRASEVEN X|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

寒いのは好きだけど、今年は嬉しくないかもしれない(´-ω-)=3 | ホーム | アメブロか、FC2か・・・( ̄-  ̄ ) ンー

コメント

あ!そ、そうだあの人ミサキさんだ…役柄一つで変わるもんですね…

こういうストーリー展開だと悲恋に終わってしまうパターンが多いんですが、ハッピーに終わってくれて本当に良かった。バドリュード出てきた時、まさかこれにナタルが突っ込んで…とか想像してしまってハラハラしたんですよ。

一応私的な趣味で毎回気に入った台詞をノートに書きとめているのですが、今回はもう即これだ!ときましたね。最高です、ケイ。
ラストって、かのオリジナル12話の踏襲なんでしょうか?
2007/11/18(日) 09:53:14 | URL | ファイリオル #- | 編集

>ファイリオルさん
自分もゲストで出るのは知っていましたが画面を凝視するまで気付きませんでした・・・
本当に魔法のように変わるものだと感心しましたよ。
俺もこれはもしや悲恋になるか・・・とやきもきしながら最後までみていましたが
予想をいい意味で裏切ったハッピーエンドで終わっていい感じでしたね。
ケイのあのセリフは最高ですw
確かにラストのやりとりは12話のあれを彷彿とさせますが・・・狙ったんでしょうかねー?
脚本家のみぞ知る、といったところでしょうか。
2007/11/19(月) 00:16:11 | URL | 優咲 #- | 編集
ミサキさん、エス、それからなにげにエレアの魅力満載の回でしたね。
インペライザーと違って瞬殺されるロボット怪獣はアレですが(^^;
2007/11/22(木) 22:31:08 | URL | トラマ #b2ZVNVMg | 編集

>トラマさん
今回は女性陣の魅力が一気に引き出されましたね!
バドリュードはご愁傷様・・・としか・・・w
2007/11/23(金) 00:07:33 | URL | 優咲 #- | 編集

みなさんのコメントを見て知ったんですけど、あの女の人ってメビウスのミサキさんだったんですね。
とても驚きました。
歌もミサキさんが歌っているんですかね?
2007/11/23(金) 20:17:47 | URL | ウルトライダー戦隊 #- | 編集

>ウルトライダー戦隊さん
そうです、ミサキさんだったのです~。
歌詞は梶監督が作ったものですが歌っているのは正真正銘ミサキさんですb
2007/11/24(土) 22:21:23 | URL | 優咲 #- | 編集
  1. 2007/12/04(火) 23:50:30 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/955-f2f8e9d1

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。