医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

泣ける実習

俺の看護は泣けるで!



涙はこれ(ガーゼ)で拭いとけ。



・・・どこのキンタロスだ(´・ω・`)




それはともかく、老年の実習が終わりました。



っていうか俺が泣かされたんですよ、患者さんに。



もちろんいい意味で。






俺が受け持った方は、俺も初めて聞くような病名でしかも



専門書みないと載ってないような病気で難儀だったんです。



そのうえ麻痺とかあるから、発音できるけどほとんど聞き取ることが難しい状態・・・



だけど、そんな方でもちゃんと気持ちをもって接し続けていたら



2週間たったら目や手の動きだけでも何を求めているのか、なんとなく察知できるようになりました。



訴えたい内容がわかったときのあの一体感はなんともいえない心地よさがあります。



理解するために何分もかかってしまいますが、それだけにわかれたときは嬉しいです。



自分じゃほとんど動けないから全部介助をさせていただいたのですが



おかげですごく勉強になったのです。



特に喀痰を気道から引いてくる吸引の技術は初日のころはドヘタだったのに



最終日には患者さんからは100点満点をもらい、看護師さんからも褒められるほど上達できました。



自分でも上達の手ごたえがわかるほどに手技に慣れました。



これからきっと吸引するたびに、この患者さんのことを思い出すでしょう。



俺の吸引技術を鍛えてくれたのは誰かと聞かれたら、迷わずこの患者さんの名前を挙げます。





もともと感情失禁のある方だったので、1日の別れの挨拶のたびに泣いてしまう方だったのですが



最終日は別れる1時間も前から泣いてしまうので、一緒にきた友達がもらい泣き・・・



しかも泣きながら何かを訴えていたのでよく聞いてみると



「時計・・・あげる・・・」



と、はっきり仰いました。



ご自分の持っていた時計を、別れの記念にあげるというのです。



これまでにもお菓子やジュースをくれると言ってくれた患者さんはいましたし



場合によっては拒否することで傷つけてしまうのでいただくこともありましたが



今度はモノがモノですのでさすがに先生と病棟の主任さんと相談しました。



結果的には、いただくことはしなかったのですが



自分としてはたくさんの大切なことを教えていただきましたし、その気持ちだけでも胸がいっぱいで



そのことを患者さんに伝えてたら、初めて病室の中で泣いてしまいました。



誰にも見られないようにひっそりと涙を拭いておりましたが。



怒られて泣くことは無かったし、患者さんの命が尽きることが悲しくても見えないところで泣いていたのに



初めて患者さんの目の前で泣いちゃいました。



最後まで笑顔でいようって、決めていたのになぁ。






久し振りに良い実習ができたと感じられた一瞬でした。



どうしても学校の勉強としていっていると、患者さんのことよりも記録物や事前学習が優先的になってしまい



思うようにできることはあまりのないのですが今回は本当によかったです。



こういう一瞬があるから、看護って良いんだよなぁ。


http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10036922263.html
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/06/17(日) 00:54:59|
  2. 医療看護(~08/2/26)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

交わる絆 | ホーム | 歩む道

コメント

■いい話ですね!

なんていうか…看護の勉強以上のものを学んできたといったカンジですかね。

ウルトラマンネレイド 2007-06-17 03:57:32 [コメント記入欄を表示]
■お疲れ様

この文章だけで思わずもらい泣きしそうになりましたよ。

これからもたくさんの先生方や先輩達、そして患者さん達から学んでいってスーパー看護士になってください(笑)

しんのすけ 2007-06-17 12:45:21 [コメント記入欄を表示]
■お疲れ様です。

よほど、その患者さんは嬉しかったのでしょう・・・



帝国劇場のおばちゃん 2007-06-17 21:57:11 [コメント記入欄を表示]
■無題

お疲れ様でした。
本当にいい経験と大切な想いを受けてこられたのですね。
心と心が通じ合えることって何にしたって凄く嬉しいし幸せなことですよね。
どこまでも優咲さんらしく患者さんと接してあげてください

嶋崎勇 2007-06-18 21:38:05 [コメント記入欄を表示]
■無題

えっと・・・職場の先輩の受け売りですが、
6年担任はすごく大変だけど、卒業式の日に帳尻が合うようになっている
だそうです。

優咲さんの実習も同じだったようですね。
がんばったことは最後の日に帳尻が合うんですね。

益田クマ吉 2007-06-18 22:31:23 [コメント記入欄を表示]
■出会い

素晴らしい出会いでございましたね。
患者さんにとっても優咲さんにとっても幸せな時間でございましたね。
私も思わず泣いてしまいましたよ。
優咲さんの感動が伝わってまいりましたもの。

>訴えたい内容がわかったときのあの一体感はなんともいえない心地よさがあります。

とってもとっても感動いたしました。
お互いの心が通い合う瞬間でございますものね。
心と心で話をすればちゃんと伝わりますものね。
心の目でみることができることに、患者さんに心から感謝したいですよね。

>こういう一瞬があるから、看護って良いんだよなぁ。

看護のお仕事はたくさんの感動をいただけますね。
素晴らしい愛にたくさんたくさん出逢えますもの。

素晴らしいお仕事ができることをどうぞ誇りになさって、優咲さんの最高の笑顔で、患者さんに愛をたくさんたくさん伝えてさしあげてくださいませね♪


プランタン 2007-06-18 22:59:49 [コメント記入欄を表示]
  1. 2007/12/04(火) 19:45:50 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/847-a1ca8b44

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。