医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

明日なる投票

もう時期はすぎさってしまいましたが、地方統一選挙が終わりましたね。





と、今回の記事に入る前に過去記事を読んでもらいたいと思います(かなり短いよ)



【(過去記事)未来を信じて 今を生きる人たち】
http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10004223899.html
これ書いたの、ブログ開設してほどなくして書いたんですよね。



その割には当時としては大目の反響をいただきました。





そしてついにこのときはきた。



当時は、まだ未成年で投票権をもっていなかった俺でしたが



今回の選挙ではついに選挙権を得た年齢になりました。





たまたま以前に書いた自分の記事を見直していたら



タイムリーなことを過去の自分が書いていてくれたので、それをそっくりそのまま引用します。





選挙の投票率が下がっているといわれて久しい今日このごろですが



実際問題、いざ投票となると誰にしようか、どこがいいのかわからないものです。



昔もわかっていなかったけど、今でもなまじっかわかると余計に悩みます。



だけどそれでも投票をしないわけにはいかない。



もうしっかり自分の意思のある1人の国民になった以上、選挙を避けるわけにはいきません。



たとえどんなに悩むものでも選挙には行こうと決めていましたしね。



それをはっきり教えてくれたのは、上に書いた過去記事の患者さんの背中です。



選挙を、他人事に考えないでもう少し親身に考えたらないがしろにできるわけないはずなんですけどね。



そういうと「誰がいいか決められないのに適当に投票してもいいのか?!」といわれそうだけど



少なくとも、投票してれば国政や地方政治に文句を言う権利はあると思います。



選挙に参加してないのにあーだこーだ言うのはある意味で筋違いかなぁ、と思うわけで。





というわけで、過去記事と同じ言葉で記事をしめようか。





めでたく当選した新議員の皆さんに一言。


まずは当選おめでとうございます。



そして、国民の1人として思う。


命を懸けるような思いで投票している国民がいる以上




命を懸けて日本をよくしていただきたい。





日常の、思わぬところで



まだ会ったことのない、たくさんの人が



人知れずに、何かしら誰かのためになっているんだから



たくさんの人の目に触れるところで働いている代表は、その苦労まで背負って



働く覚悟と責任を持って立っていかねば・・・それが人の上にたつということではないかと思う。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/04/11(水) 00:01:13|
  2. 雑記(~08/2/26)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

響鬼に魅せられて 鍛える頭 | ホーム | 【受付終了!】いっぱい答えました!

コメント

■無題

今回も白紙投票しました。
県知事さんは誰がいいか…
今までの政治に不満はありませんでした。
だから現職知事にそのまま投票、ってのも一瞬思いました。

でも、投票理由を聞かれて、他人が納得できる理由は言えません。
適当に、ってくらいなら白紙投票のほうがいいかと思いました。

白紙投票は他の方にお任せします、という「意思表示」だそうです。
選べないなら白紙投票でいい。
そのように政治学で習いました。

益田クマ吉 2007-04-11 00:38:38 [コメント記入欄を表示]
■まあ、選挙運動なんて

ほとんど選挙カーで「○○でございます。」なんて言って騒がしい印象しかないですね。
夜勤空けの人は怒りまくりではないでしょうか?
現状のはた迷惑な選挙運動の末の投票に立派な投票理由なんていらないと思います。

ちょちょ 2007-04-11 12:34:11 [コメント記入欄を表示]
■無題

選挙というのはなかなか選ぶだけの側としても結構大変なところがありますね。
私も選んでおきながら、「あの人で良かったかな?今回ちゃんと公約とか確認してなかったなぁ」と少し後悔することがあります。
でも、私たちの代表たる人になるには、なりたいと思っているだけでは駄目で、有権者の人たちに代表として選んでもらわなければならない。
当たり前に言っていることですが、とても素晴らしいことだと思いますよ。
ニュースなどではやはり汚職だとか悪い一面しか見えないことが多いですが、実際大抵の人は人々の役に立とうと日夜頑張っているわけですからね。というのも以前市議会選挙活動のお手伝いをちょっとしたことがあるのです。ホント、大変でしたよ

ファイリオル 2007-04-11 20:37:59 [コメント記入欄を表示]
■無題

俺はまだ一度も選挙に行ったことはないです。
理由としては、『一票』という数字がそれほど重く感じられないからです。
別に自分の一票が明暗を分けた。なんて気分になりたい訳じゃなくて、純粋に政治家に対するイメージが悪いだけです。

例えば、何年か前には「○○に是非」なんて自宅に電話がかかってきて、気分を害したこともあります。
今年の記憶では、バスを待ってる間に聞こえてきた街頭演説を覚えています。医療費の問題を挙げて内容だったのですが、その政策を打ち出した時に起こるであろう問題に対しては全く触れていませんでした。
確かに、その政策も当選しなければ意味が無いのですが、単純に「○○をやります!」と声高に叫んだ所で、どれほどの有権者の気持ちを捉えられるのでしょうか?

投票を呼びかけるよりも、時間をかけてでも政治に対する不信感等を払拭したほうが、今後の為になるように俺は思えます。
言葉ではなく、行動で示して初めて得られる物もあるのではないでしょうか。

長文失礼しました。

ヴァリス 2007-04-11 21:25:52 [コメント記入欄を表示]
■無題

過去記事を読んで驚きました。
命を懸けて投票している人がいる事に、自分はまだ選挙権を持ってない者ですが、1人1人が真剣に国について、考えていかねばならないと思いました。
今の政治家の中にどれだけ命を懸けるほど真剣に国を思っている人がいるか、甚だ疑問ですが、それだけの重荷を背負っている事を自覚してもらいたいです

嶋崎勇 2007-04-11 22:27:31 [コメント記入欄を表示]
■感動でございます。

>命を懸けるような思いで投票している国民がいる以上
命を懸けて日本をよくしていただきたい。

素晴らしいお言葉にとてもとても感動をいたしました。
投票率100%になるよう、日本の国民であるプライドをもって欲しいと思います。

皆さんに選ばれた代表者の方には、皆さんの声を常に聞きいれていただきたいと思います。

協力し合い、仲良く、皆のお手本となるようなお仕事をしていただきたいと思います。

国会での蹴落とし合いは、見たくございません。
あまりに醜く、そんな時間があったら、皆さんのために働いて欲しいと思います。

世界に誇れる、世界のお手本となるような日本になって欲しいと心から願います。




プランタン 2007-04-11 22:33:26 [コメント記入欄を表示]
■無題

実は俺いつか選挙に立候補しようと思うんだけど・・・
どうかな?今はもう合併したから市会議員になるのかね?
いや~なぜかって?ほら俺じいちゃんが議員だったじゃん。そんで、なんかいつか町のために何かできればいいかな~なんて思ってね。いや、タダの夢なんだけどね。

エナル 2007-04-11 23:40:34 [コメント記入欄を表示]
■>投票

>クマ吉さん
俺も、同じです。
っていうかクマ吉さんにその考え方を教わりましたから^^
俺だって投票したところで明確な理由を答えられません。
かといって無責任なこともできないし、全員の志を推し量る時間もなく。
出来る限り、自分の意思での決定はしたいところですけどね・・・

>ちょちょさん
まぁ、確かに選挙の最中は賑やかですよねぇ。
夜までやっていると、ご苦労様だなぁと思いますけどw
他にうまい方法はないものですかねぇ。
でも迷惑だからって、理由も放棄するわけにはいきません。

>ファイリオルさん
選ぶほうはたくさん心配することがありますからね。
よく吟味して、それでもわからないものはあります。
あそこまでして国民の代表になるというのだから
それに見合うだけの働きをお願いしたいところですね。
悪い部分だけが取り上げられやすいのでヤな印象が強いですが
実際にはそんなことはないはずですからねぇ。
見えないところでの苦労は大変なことですよね。

>ヴァリスさん
多分、政治家に対していいイメージを抱いている人って
やっぱりそんなに多くはないんじゃないかなぁと思います。
でもやっぱりわずか1一票、されど1票ですよ。
その1つ1つが国民の意思というわけですから。
選挙活動は一部迷惑なものもあるし、不透明性が高いのも事実なので
そう思う気持ちはわからないではないですね。
どのような活動や意思で立候補してきているかはわかりませんが
きっとそれぞれ思うところがあってやっていることでしょうから
そのやることを信じてはみたいですね。
政治に対する不信感を払拭していたら、払拭しきる前に
命がなくなってしまうんじゃないかと思いますw

優咲 2007-04-12 01:10:11 [コメント記入欄を表示]
■>投票

>嶋崎勇さん
俺もそのとき、患者さんの姿をみるまでは全然しりませんでした。
でも彼らもまた国民の1人であり、意思をもつ人たちですからね。
こうした小さいところでも大きな意思を持っている人の願いを
しっかり汲み取っていってほしいものです。

>プランタンさん
選挙をするというのは、日本の代表を決めるものですからね。
命と引き換えくらいの気持ちでやっている人もいるのですから
そうでない人たちも投票にいってほしいものです。
上にたつと下にいるもののことを忘れがちですが
そんなことのないように働いて欲しいものです。
汚職だ利権だなんだと、せっかく勝ち得た国民の信頼を
ちっぽけな自分の欲のために使って欲しくはないですね。
世界に誇れる日本にしてもらいたいものです。

>エナル
本気か?!w
今はもう合併したから、市議会議員だね。
その選挙も確かもう近かったと思うけど。
ま、議員にならなくても町のためにできることはたくさんあるさ。
小さなことから大きなことまでねb

優咲 2007-04-12 01:10:39 [コメント記入欄を表示]
■今更ですが・・・(汗)

優咲様、皆様、こんばんは!
葛やです。

皆様の書き込み、大変興味深く拝見させて頂きました。

(私自身が政治を学ぶ身だからこその意見なのかもしれませんが)選挙権をお持ちの方には、是非投票に行って頂きたいと思います。

確かに政治に対して良いイメージを持っている方は、多くはありません。
選挙活動も、日常生活の中では“雑音”としか聞こえない事もあるでしょう。

しかしそれでも、政治は政治です。
加えて、私達の政治は“民主政治”なのです。
私達国民が政治に対して責任を持たなければならないシステムです。

此処まで政治が悪くなったのも、良い政治家が少なくなってしまったのも全てが“国民の責任”とされる・・・それが“民主政治”というシステムが持つ潜在的な恐ろしさです。
しかし一方で、そうした責任=“重さ”を背負うからこそ、私達は今、自分達の意見を自由に主張出来る社会を享受しています。

“白票”でも構いません。
それも立派な、一つの意見の主張です。

少なくとも日本が民主主義国家である以上、私達国民が最もやってはいけない事は『投票に行かないこと』である事を、もっと多くの方々に知って頂きたい。

今日成立した“国民投票法案”の中身をご存知でしょうか。
『有効投票総数の過半数で憲法改正が成立する』という法律です。
もし私達が『政治に興味がない』、『忙しい』等の理由で投票に行かず、従来通りの50%前後の投票率しか確保されなかったとしても、その内の過半数、つまりは約25%=国民の4人に1人が賛成しただけでも“憲法”が改正出来るというものです。

この法律の是非を問うつもりはありません。
しかし今まで以上に、私達国民に重い責任と十分な自覚が必要とされる政治になりつつあるという事だけは知っておいて頂きたいと思います。

この書き込みで、ご気分を害された方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳ありません。
そして長文、乱文の投稿、大変失礼致しました。

葛や 2007-04-12 23:11:19 [コメント記入欄を表示]
■連続投稿失礼致します(恐縮)

『(上の書き込みでは)無駄に暑っ苦しくなってしまったかなぁ』と大分反省気味の葛やです。

投稿してから改めて読み返してみると、稚拙な事この上ない文章で(滝汗)
私の書き込みで何か不快感を感じられた方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳ありませんでした。
これからはもう少し冷静に、簡潔な文章で書き込みたいと思います。

連続投稿での“弁明”、失礼致しましたm(--)m

葛や 2007-04-12 23:32:36 [コメント記入欄を表示]
■>投票

>葛やさん
葛やさんは政治を学んでいらしたのですね。
まさにその道の人ならではの熱い投稿、ありがとうございます^^
やはり自分の領域に関わることになりますと熱くなってしまうのも無理はありませんw
お気持ちはわかりますので今後も熱い投稿は歓迎ですよb
それで本題ですが、政治に関しては難しいということもあり
なかなかとっつきにくいものでもありますから
国民の理解を得るということはかなり大変なことと思われます。
ましてや国民主権の民主政治ですから我々1人に責任がありますよね。
良くも悪くも、そういう代表を自分たちで選出してきたツケのようなものですから・・・
仰るとおり、投票に行かないことは最もいけないことですね。
それは国民としての責任を放棄していることになりますから。
国民投票法案はちょっと調べてみましたらかなり危なっかしいものですね。
民主主義的ではあるんですが、どこか足りない印象を受けます。
ただ今まで以上に自分たちの責任を感じることになるかと思います。
誤った方向にいかないように、正しい方向へといかせるのもまた国民ですから
これを期に、国政というものの知識を得ないといけませんね。

優咲 2007-04-13 17:00:32 [コメント記入欄を表示]
  1. 2007/12/04(火) 18:53:48 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/807-900957e3

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。