医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アギトと、響鬼と、TSUTAYAディスカスと

で、このサービスを利用してついに飛ばし飛ばしだった仮面ライダーアギトを鑑賞コンプリート。



(クウガは自前で持ってるし、龍騎も持ってた)




見た感想はというと・・・終盤についての評価は知ってたんだけど、



うん、まぁ・・・これはそうに言われても仕方がないかぁ、といったところw



まさかラスト5話で敵でもない新キャラがでるとは思わなかった、しかも悲劇的だし;;



結局アンタレスはなんだったのよ・・・つか、話の規模でかすぎ・・・w



10巻と11巻で、一気にそれまでの謎が解決されて収束に向かっていくのは爽快だったのに



12巻でまた広げちゃうから、尻すぼみとか風呂敷がたためないとか言われたんだろうな・・・w



個人的には思っていたほどとっちらかったわけでもないし、最後の5話の展開も



異常の規模が大きくなる前にライダーたちによって事態が収束した、と考えればあれも有かな。









実際に全体を通してみると、かなり面白かった感じ。



3人のライダー(正確には4人か)の物語は見事に絡んで、1つの物語になっていったし



散らばっていった伏線を回収しつつ最後の盛り上がりにもっていったのは素晴らしい(蛇足がついたが・・・w)



戦闘も魅せるものが多くて、本能的に戦うアギトに、感情を爆発させるギルス、メカを活かして戦うG3が



それぞれの特徴を活かしてアンノウンに戦いを挑んでいくのは実にいい。



平成ライダー評価は現在 クウガ>電王(暫定)>アギト=カブト>龍騎、かなぁ。



いや、龍騎が最後なのは別に話のレベルが低いとか面白くないとかそういうんじゃなくて



物語としてのクォリティーは高いし、登場人物もそれぞれ個性が強くて好きなんだけど



単純に個人的に受け付けなかったから、ってことで。



物語自体はかなりいいものだし、あの展開は素晴らしいと思うけどね(テーマ性じゃ、カブトよりは明らかに上)







個人的に燃えたのは、翔一がアギトだとバレて北条さんに拘留されたとき



氷川さんがピンチなために小沢さんが助けだしたときが良かった。



小沢「助けにいってくれる?」



翔一「はい、慣れてますからw」



小沢「やっぱり本物ね」



っていって、アナザーアギトに向かって走りながら初めて人前で変身したのが燃えた。



そういえばクウガのときも、一条さん以外の人の前で変身するシーンは燃えたな。







ギルスは初登場時がよかったなぁ・・・



コーチにも見放され、恋人にも見放され、それでも彼女を守るために変身して



去っていく恋人の後ろで、人知れずアンノウンと激闘を繰り広げてたのは切なくもカッコよかった。



誤解もあったから、余計に共闘するところとかは燃えてきたし。



そういや、彼にかかると大概の登場キャラは殴られるんだけど



TVスペシャルで、翔一を連行中の北条透を見つけたときに



「あんたは・・・一度、殴っておきたかったんだ」



って、以前自分を捕獲してきた北条をぶっとばしたところはすっげー爽快w



いや、北条さんも根は悪い人じゃないんだけどね;;



そのあと自分の拳を痛そうにぷるぷる振るわせるあたりがまたいい。







G3シリーズは氷川さんが装着するのはいつも良かったんだけど、特に最終回が燃えた。



「お前はアギトではない!なのにこの力・・・お前は何者だ!」



氷川「俺は・・・ただの人間だ!」



と、風のエルと土のエルと最高位のアンノウン2人を相手にしているにも関わらず



翔一と涼がくるまで、2人が来ることを信じて1人で平和を守るために戦い続けたのがカッコよすぎ。



小沢「彼を誰だと思ってるの!一度も逃げたことがない男、氷川誠よ!」ってのもまた・・・!



最終決戦は、アギト・シャイニングフォームの二重紋章のライダーキックが!!



G3-Xとギルスの連携の、G3-ランチャー⇒エクシードヒールクロウもまた魅せてくれるわ・・・w







木野さんの変身したアナザーアギトもまたよかったなぁ・・・



水のエルとの交戦が最初で最後のアギトライダー4人揃い踏みだったけど



やたら敵対が多かっただけに2人のアギトとG3-Xとの共闘は最高すぎ。



最終決戦に行くまえに亡くなってしまったのは残念だけど・・・いいキャラだった。







デザイン的にも、正統派ライダーなアギトに、メカニックなG3シリーズ、生物的なギルスにアナザーアギトと



多種多様にわかれてて、見ていて飽きないんだよなぁ。



アギトになる宿命を負った人間が織り成すドラマってのは確かにそうだった。



ばらばらに動いているようでも、最終的に1つにまとまっていくっていうのはすげぇと思った。



井上さんはメインになると本領を発揮できるのかね・・・







音楽も佐橋さんが手がけたってだけあって、かなり耳に馴染みやすい良いものばかり。



主題歌も語りかけるような始まりといい、前期EDのBELIEVE YOURSELFがかっこよかった。



後期EDのDEEP BREATHは耳に馴染むまで違和感があったけど慣れてくるとこれもまたかっこえぇw






物語としては、仮面ライダーの真髄ともいえる異形の存在になってしまうことに対する



恐怖とか迷いの描写がありながらも屈託なく(多少悩みもしたけど)笑顔で過ごす翔一と



姿が変わってしまうがゆえに幸せから遠ざかってしまった涼や木野さん、



そして常軌を逸した力を人を守るために欲する氷川さんと、いろんな立場があって深いものだった。



このあたりは本当にお見事な描写だったと思う。



そこに小沢さんみたいな理解ある人もいれば、北条さんみたいな一般の意見を代表する人もいれば



河野さんのようにひたすらひたむきに生きる人や、美杉家のように暖かく受け入れる人もいるし



あかつき号の乗客のようにお互いの運命を分かち合って苦しみながらも生きていく人もいるから



さらに人間ドラマとしてはうまくミキシングされて、見ごたえのあるものになっていったんだろなーと。







アンノウンがグロンギに負けず劣らず、容赦なく人を殺していたのは



シリーズとしての劣化という風にならなくてよかったと思う。



グロンギのときは過激すぎてクレームがいったらしいけど、だからといって表現を甘んじることなく



真似ができないように人間では再現不可能な方法にしたということもいい判断だった。



それぞれ武器をもってて、特徴的な名前がついてるのも個別性がでて実によかった。



カブトはここらへんが薄かったからなぁ(準備期間がなかったせいもあるんだろうけど)







ところで、アギトのヒロインといえば真魚ちゃんなんだろうけど



なぜか俺は小沢さんのほうがツボった。



ぜひ焼肉にご一緒したいものだ。



っつーか、脚本が井上さんがメインなせいか料理シーンがでるわでるわ・・・w



それにしても真魚は、今も電王にナオミとしてでてるけど結構成長してんだよなぁ、と思う。



電王でナオミ絡みの話も1本くらいは書いてくれないだろうか。







唯一、ラストの聖地の描写がどうもなぁ・・・と言った感じ。



前回のクウガが始まりの場所でもある九郎ヶ岳で決着をつけただけに



聖地と言われても、どうみてもただの林だったのがちょっと萎える。



しかも簡単に人が入ってきちゃうし!!



まぁ案外、神ってのはすぐ傍にいて、聖地だって気付けばそこにあるもの・・・と言う風に見れなくもないけど。



全体的にワープ現象も結構あったけど面白かったからそこは突っ込まないどこう。







G3はともかくとして、アギト・ギルス・アナザーアギトの変身はマスター。



アギトのバーニングフォーム変形への変身ポーズはマスターできたけど



直接シャイニングフォームへと変身する方法は覚え損ねたな・・・まぁ、いいけど。



アギトの変身ポーズは、歴代ライダーのなかでもかなり好きな部類に入ります。



ギルスもかっこいいんだよなぁ、涼とギルスがだぶって敵に向かって変身していくのとか最高。








あとはアギトは劇場版をみたら、次は飛んで響鬼!!



本当はアギトより先に響鬼をみたかったんだけど、響鬼のレンタル率が高かったんだよね・・・



最も今でも高いんだけどさ、特に1~6巻の前半部分が!!



7巻以降はやたら在庫はあるのに、どーゆうわけだw



http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10029218326.html
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/03/29(木) 00:08:07|
  2. 仮面ライダーアギト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

特撮 放送倫理と子育ての狭間で | ホーム | アギトと、響鬼と、TSUTAYAディスカスと

コメント

■実は

私もアギト見てました。が、しかし、毎週見ているわけではなく、ストーリーが複雑で挫折。最後がどうなったのかわらぬまま、鏡の中に入る人に代わってました(笑)

前の仕事は日曜出勤も結構あって、日曜日に時間が出るテレビがあまりなく、その前の○○レンジャーからみてました。タイムレンジャー?だったかしら、最初に見た回が、結婚詐欺がテーマでした。もちろん詐欺師が怪獣になりました。
子供向けなのに、面白い!と思ったのが見始めたきっかけです。

私も借りてみようかな、と思いました。
長々とすみません。

pinksnow2007 2007-03-29 22:28:15 [コメント記入欄を表示]
■無題

TUTAYAのそのサービスは知っているんですけど、
近所にTUTAYAがないんですよねw

響鬼は7巻以降がほとんど借りられていないのは
プロデューサー交代騒動の関係でしょうね・・・
詳しくは知りませんが・・・

アギトはぼくも好きです。
劇場版はG3-Xファンにはお勧めです。
アギトで一番笑ったのは氷川さんアギト補欠発言ですねw

益田クマ吉 2007-03-29 23:16:47 [コメント記入欄を表示]
■>アギト

>pinksnow2007さん
か、かなり意外な事実発覚!w
平成ライダーは基本的に全部話がつながっているんで
一回でも見逃すと痛いんですよねぇ;;
最後は見たほうがすっきりするかもしれませんw
スーパーヒーロータイムは字幕がでてますからね。
タイムレンジャーは質が高いので評判ですよ^^b
こういうところからファン層が開拓されてくんだなぁ・・・
ぜひとも借りて見直してみてください♪

>クマ吉さん
なにをおっしゃるのです!
近くに店がないからこその宅配じゃないですかw
大元の店から直接配送されてくるので
別に近くに店があるかないかは関係ないのですよb
響鬼の鑑賞へと移りますが、心してかからねば^^;
アギトの劇場版、今日みると思いますがわくわくしてますw
あの補欠発言には笑いましたねーw
っていうか氷川さん関係は結構笑えるw

優咲 2007-03-30 00:55:47 [コメント記入欄を表示]
  1. 2007/12/04(火) 18:30:46 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/796-bcf90d18

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。