医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今、振り返るゴジラシリーズ

特撮関係のネタは尽きそうで尽きることを知らない(´・ω・`)



というわけで、今回はこの場を借りてゴジラについて語らせてもらおう。



しかし毎度のことながら、特撮に関することはすいすい論じられるのに看護研究が進まないのは困り者。



そんなことはおいといて。




多分、日本で最も名前の知られている宇宙人はウルトラマンだろう。



しかし最も名前の知られている怪獣はゴジラをおいて他にないのではないかと思う。



あの独特の鳴き声に、発光する背びれ、時代を追って変化していった姿、



どれをとっても非常にインパクトの強い怪獣王のゴジラ。





ちなみに最初に書いておくと俺がまだ一度も見たことのないゴジラ映画は



ゴジラ・ミニラ・ガバラ・オール怪獣大進撃、ゴジラ対へドラ、ゴジラ対ガイガン、ゴジラ対メガロの



ゴジラが完全に正義の味方の怪獣になっちゃってる(らしい)シリーズ以外はほとんどみた。



俺の年代からすると、いわゆる平成のVSシリーズがリアルタイムのゴジラにあたる。



毎年、冬休みになるとお父さんに映画館につれてってもらって一緒にみるのを楽しみにしていたものだ。



劇場で味わうゴジラの迫力はまた格別で、帰りにパンフや下敷きとか買ってもらったりすれば大満足。



今ではそんなアーケード街にひっそりとあった映画館は潰れてしまって



でかいアミューズメントパークみたいな建物のなかに映画館がある状態だけど



あのアーケード街にひっそりとあった映画館で見るということ、それ自体がなにやら赴きすら感じさせた。





そのゴジラもGFWで完全に終了してしまって久しいが



VSデストロイアで終わってから、再び復活したこともあるしそれ以前にも休止から甦っているので



今度もまた、いつかきっと復活してくれるだろうと祈るばかりだ。





そんな俺が特にゴジラ映画の中でも好きなのが以下の3作品。



初代ゴジラ



ゴジラVSデストロイア



ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総進撃



この3作品は特に好きだ。



ゴジラシリーズのDVDはこれまた高いが、この3つはしっかりと買って持っている。



無論、他の作品も買い集めたいところだがやはり財源が・・・





昔は、怪獣さえ出てきてくれればそれだけでも満足だったのだが



作品に込められた奥深いメッセージを読み取ろうとすると特にこの3作品は良いと思う。



自分はゴジラ映画は、反戦反核を訴えるものであってほしいと願っているので



この3作品はどんぴしゃりのメッセージを持っているから大好きだ。



(もちろん、他の作品にもいいところはたくさんある)





初代ゴジラを見返したのは、まだ最近になってからだが



改めて特撮技術の高さを感じさせると同時に、核の恐怖の描写がなされていて非常に良い。



人類が弄んだ科学が、その人類に対して自然が報復するかのように影響を与えたというのは



今でこそ良く使われているテーマだが当時のものとしては画期的であったことだろう。



それ以降はしばらく対怪獣ものの映画となっており、そういったメッセージ性は低いが



改めてゴジラ84や、VSビオランテで平成のゴジラシリーズが幕を開けたときに持ち出されてきたものだ。



特にVSデストロイアは初代ゴジラと直結していながらも、ゴジラの終焉と人類の業まで描ききった良作だと思う。



初代ゴジラを撃退したオキシジェン・デストロイヤーが今度は怪獣となってまた人類に牙を剥く、



というのはそれだけでも初代に通じるものがあり、同じく誤った科学の使い道の犠牲となったゴジラと



死闘を繰り広げるシーンは実に印象深い。



唯一、自分の同族であったゴジラジュニアがデストロイアに惨殺され



ジュニアの遺体に息吹を吹きかけたのち、真っ赤に燃え上がった身体から怒りの咆哮をあげるゴジラの姿は



全身があわ立つほどにカッコよく、恐ろしく、そして切ないものだ。



デストロイアとの死闘のあと、メルトダウンによる白煙があがるなか



息を吹き返したゴジラジュニアが咆哮をあげるシルエットは、今でも忘れることができない。



自分のなかで初めて向かえたゴジラシリーズの終焉ということもあり、涙を流してしまった。





それ以降、数年の休止と海外シリーズの放映を置いてゴジラは復活した。



×シリーズのなかでも異彩を放ち、そして際立って初代の印象に近いのがGMKだ。



戦没者の怨念から生まれた設定といい、白眼を剥き他者の介入を拒絶するかのようなデザイン、



どこまでも恐ろしく、怖く、容赦のない怪獣ゴジラがここに復活したのだ。



自分よりも身体の小さいバラゴンを容赦なく蹴散らす場面や



飛び掛ってくるモスラを尻尾でなぎ払うシーン、



覚醒していないギドラの首筋を噛みちぎるシーンなど



かつてないほど凶悪に描かれたゴジラは、一見の価値があるだろう。



特に、映画の序盤でゴジラによって家をつぶされた民間人が入院することになり



中盤でゴジラがその病院の真横を通り過ぎたため、被害者が恐怖から安心したと思ったら



なんと無慈悲なまでにゴジラの尻尾が病院にたたきつけられるということごとく容赦のない演出は秀逸だ。



金子監督の特徴もよく出ており、個人的にはこの映画が一番気に入っている。





さて、ゴジラといえばそれぞれ好敵手がいるものだが中でも好きなのは



例に漏れず、金色に輝く三つ首竜・キングギドラ、大翼竜ラドンが特に好きである。



キングギドラは初登場時もカッコよかったがGMKのときには鳥肌がたった。



千年竜王として完全に覚醒していなかったギドラに、ゴジラと戦うための力を与えるために



モスラとバラゴンが力を分け与えた瞬間、バッ!と金色に輝いて翼を雄々しく展開するところは必見だ。



このシーンだけでも見るに値するんじゃないかと思うほど、見事である。



ラドンも古参の怪獣であるが、VSメカゴジラで瀕死のゴジラを助けるために同化し



パワーアップしたゴジラがメカゴジラを撃退するシーンは怪獣のほうに感情移入し感動してしまうほどの見せ場がある。





ところでゴジラは日本だけでなく、アメリカでも放映されている(モスラも単品で放映されたらしい)



しかしその内容は改変されており、ゴジラがゴジラである魅力を消してしまっているものだ。



なぜならば初代ゴジラの製作過程には、第五福龍丸の被曝事件があった。



これはビキニ環礁沖で漁をしていたこの船が某国の水爆実験の影響を受けて被曝した事件だ。



この事件を見た円谷英二が憤り、そのエネルギーと事件が元になって初代ゴジラの制作されることとなった。



無論、某国がどこかというのは言うまでもない。



ちなみにこのとき炸裂した水爆は広島に落ちたもののおよそ1000倍の威力を有しており



島が3つ吹き飛び、被爆者は付近の島民にも及び2万人にもなるといわれている。



そしてここで話を元に戻すと、初代ゴジラが誕生したいきさつも水爆の炸裂による放射能汚染によるものだ。



しかし初代ゴジラの映画をそのまま放映したのでは某国にとっては非常に都合が悪い。



そのため編集され、ゴジラ誕生のいきさつなどは省略されただのモンスター映画と成り下がってしまっているらしい。



自分はそっちで放映されたものを見たことはないが、本当にそうだとしたら好ましいことではない。



デストロイアが放送され、ゴジラが米国で制作されたと聞いたときは喜んだものだが



中身をいざ見てみたら、なんのことはないただの怪獣映画で幻滅した覚えがある。



当時の声では「あんなのゴジラじゃない」というのが大半だったように思う。



やたら軽快に走り回るわ、熱線をはかないわ、など原因はいくつもあると思うが



なんと行ってもそのラストが戦闘機が数発ミサイルを撃ち込んだだけで絶命した脆弱性にあるかと思う。



ちなみにこのアメリカゴジラ、その後にアニメ化され実にヒロイックな役目を果たしている。





そして話は飛んで、最近作にして最終作のGFWだ。



非常にアクションが充実しているものになっており(監督の影響なのだろう)



普通に娯楽映画としては楽しめるが、これで終わりを迎えて良いか、というとちょっと疑問符が残る。



確かに楽しめたんだけど何かがいまひとつ足らない感じがして釈然としない・・・



シリーズとしての終焉ならばデストロイアのほうが完成されていたように俺には思う。



最もあのコスモス的終わりの迎え方は、それも1つの決着かとは思えるけれど。



そんなGFWだが、グッジョブといいたいのは日本生まれのゴジラとアメリカ生まれのゴジラが対決することだ。



初めて知ったときには、どうなることやらと思ったが北村一輝のセリフと相まって実に爽快感溢れるものだ。



流れはこう。



南極で復活したゴジラは、まず起き抜けにガイガンを速攻で撃破。



その足でオーストラリア・シドニーへと進撃し、そこで暴れているジラと一戦交えることになる。



素早い身のこなしでゴジラに飛び掛るジラだが、ゴジラは尻尾をたたきつけ軽々吹き飛ばすと



そのまま振り向きざまに放射能熱線をあびせかけ、瞬殺してしまうのだ。



それを見ていたX星人(北村一輝)は「やっぱマグロばっか食ってるヤツはダメだな、次」と言うのだ。



(アメリカ製ゴジラ(GFWではジラと呼称)はマグロが大好物)



これはもうあちらのゴジラにフラストレーションがたまっていた人にとっては痛快このうえないシーンだ。



「これが本物のゴジラだ!」と思わず叫びそうになるくらい、爽快なシーンなのでこれもまた必見。



GFWは基本的にゴジラの最強っぷりが描かれているので頭を空っぽにしてみると実に楽しめる。



ドン・フライや北村一輝など、好演が光るのも好印象だ。





と、長々書いてしまったがまだまだ語りつくせない。



できれば1本1本丁寧にレビューしたいところだが、それはまた時間のあるときに。



平成ガメラもちゃんと見直したいなぁ・・・



ていうか、やっぱこういう怪獣映画は劇場のスクリーンのド迫力をもって見てみたいものだ。


http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10028525308.html
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/03/21(水) 00:18:21|
  2. ゴジラシリーズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

仮面ライダー、変身ポーズ講座 クウガ編 | ホーム | 特撮の一時卒業とウルトラの縁

コメント

■永遠の怪獣王・・・その名はゴジラ。

個人的には平成シリーズ(ゴジラ88~デストロイア)が一番好きです。
特撮クオリティがものすごく高くて、怪獣の重量感がすごく感じられました。
ウルトラマンがゴジラみたいな重量感を出したらどうなるでしょうw興味ありますww

話は変わりますけど・・・

確かに『GFW』を最後の作品とするのは惜しいところがありますね。ただの娯楽映画となっちゃってるし。
“ゴジラ”そのものが恐ろしいんじゃなくて、その“ゴジラ”を生み出してしまった“核”、そしてその“核”を作り、弄んだ人類こそ本当に恐ろしい存在なんだということをゴジラ映画に感じてましたし、
『vsデストロイア』でもそういうことを言っていた気がします。
だから、『GFW』で終わりにしてしまうというのは多少の憤りを感じざるを得ません。
きっとゴジラ映画は復活します!!
僕はそう信じます!
これこそ、核の恐ろしさを忘れかけている現代の人たちに見て欲しい特撮作品です。

空雅 2007-03-21 02:34:12 [コメント記入欄を表示]
■そういえば

ウルトラマンもゴジラも産みの親は一緒ですね。
語り継がれる者を作った方が一緒ですね。


帝国劇場のおばちゃん 2007-03-21 03:57:26 [コメント記入欄を表示]
■ゴジラは・・・

実は対メカゴジラしかみてないんです(泣)。でもあの迫力は映画館で味わうとまた違いますよね。
詳しく語れないので(脱線しますが)ゴジラ違いの話を^^;。
以前石川出身といいましたがその石川で有名なのがヤンキースの松井秀樹選手。彼の愛称が「ゴジラ松井」なぜこう呼ぶか知らないんですけどね^.^;でもあの活躍ぶりはゴジラの名を冠するに相応しい・・・はず。
関係ない話失礼しました(^^ゞ

トーシス 2007-03-21 09:52:49 [コメント記入欄を表示]
■無題

二代目シリーズを全部見た人っているんでしょうか。
二代目はコメディー要素が強くガメラとかぶる感じですが見事三代目で凶悪ぶりを取り戻してますよね(三作品で終わりましたけど・・・・・・)。

一年前、BSで「さようならゴジラ」という事で初代~2000までを再放送し初めてゴジラ(’54)を見ました。
初ゴジは暗い映画と言われますが確かに暗いです。設定もそうですがゴジラ製作も核でですがある種悲劇の怪獣です。

話は変わりアメリカ版ゴジラですが本当にゴジラじゃありませんね。あの異常な身軽さは怪獣のイメージが崩れます(確かに身軽なの怪獣もいるけど)。

最後橋に引っかかってミサイルを18発でやられるのはマヌケとしか・・・・・・(日本ゴジは絶対生きてる)。
マグロよりクジラ食べてたJr.の方が強い気がします・・・・・・。

ココログローラー 2007-03-21 13:41:12 [コメント記入欄を表示]
■コジラ

どうも・・・
今度はゴジラネタですか(・∀・)
ゴジラはあんまり見ていないんですよねorz
見たやつは、
初代ゴジラ
ゴジラ対アンギラス
ゴジラ対ビオランテ
ゴジラ対スペースゴジラ
ゴジラ対デストロイア
の5作品ですね。
デストロイアの時はすばらしかった。
すばらしすぎた為、それ以降の作品は見ていません><
話がいまいちなんですよね~
米版ゴジラはスルーしました。
クオリティがなさ過ぎる。
さすが、原爆投下肯定国と思いましたねw


館長 2007-03-21 18:26:13 [コメント記入欄を表示]
■ゴジラとウルトラマンと怪獣たち

ゴジラ映画ほど、その主人公としてのゴジラの位置づけが違うのはそんなにないでしょうね。たとえば寅さんシリーズの寅さんは一環して同じ性格の寅さんですよね。ゴジラはどの時代の作品をいってるのか、また短編だけを見ての印象でまったくちがいますね。ゴジラは正義の怪獣っておもってる人もいるくらいですからね。GMKは、隠れた名作ですね。隠れた異色作として『ゴジラ対へドラ』をあげときます。とんでもないシーンがあるのですが、公害問題をアングラ映画のようにとっ多作品です。

rakia 2007-03-21 20:12:39 [コメント記入欄を表示]
■およよ

エビラがでてくるやつみました?
南海大決戦とかそんなたいとるだったかな?
自分は 対キングギドラ 対バトラ 対ビオランテ
あたりが好きですね。
メカゴジラ最初のほうのやつもすきですが。
昔のゴジラはダンスしたりなんだと
ゴジラのおちゃめな面がありましたよねw
でも最後のほうのゴジラは結構つまらなかったような…
メカゴジラがどんどんでてきて…
なんか…
人類との戦いになってましたね。

頼れるトップリーダー 2007-03-21 22:49:48 [コメント記入欄を表示]
■>ゴジラシリーズ

>空雅さん
そうそう、平成シリーズはあの独特の重量感と質感がたまりませんよねw
ウルトラマンではガイアが一番近い表現だったかも・・・?
あんな迫力のウルトラマンは怖いですがw
ゴジラの終焉についての気持ちは俺と全く同じですね~。
本当にあれが最後の最後、というのはカンベンしてほしいものです。
つなぎとしての作品ならばまだ許容できますがね・・・
今後、復活することを信じていたいものです。
人間がまた、過ちを繰り返す前に。

>帝国劇場のおばちゃんさん
どちらかというと、先に生まれたのはゴジラのほうですけどね。
でもそのどちらも比較できないほど、素晴らしいものです!

>トーシスさん
この年齢で映画館というと、VSメカゴジでしょうか。
それにしてもやはり映画館の迫力は格別ですよね^^
そしてゴジラつながりで出てくるといえばやはりその人ですかw
本当になんでその名前なのか、知りたいものですw
新聞にゴジラの名前が載るたび、怪獣のほうじゃなくてがっかりした記憶が・・・w

>ココログローラーさん
多分、コアなファンにはいるかと思いますよ。
いずれは自分も見てみたいものですが。
ゴジラでコメディーとかはあまりカンベンして欲しいものですけれどw
そういえばそんなBSの特集がありましたねー。
俺も見たっけなぁ・・・見てなかったかな。
でもあの暗さこそ、ゴジラ映画の本懐だと思うんですよね。
そこに魅力がある、というか・・・
ミサイル如きでやられてしまうのは、もう別の怪獣ですよねw

優咲 2007-03-22 00:32:46 [コメント記入欄を表示]
■>ゴジラシリーズ


>館長さん
いやいや、大事なものは見ていると思いますよw
確かにデストロイアが秀作だったのでそれ以降に抵抗があるのはわかります。
でも意外と見てみると、そんなに悪くしたものでもないですよ。
機龍シリーズはなかなかに面白かったです。
アメリカのは・・・強制はしないけど、一応見ても悪くはないかとw

>rakiaさん
そうですよよ、仰るとおり作品によって性格が違いますからね。
ゴジラは初めてみた印象で全く変わってしまうと思います。
別人かと思うくらい・・・いや、確かに別人、もとい別獣ではあるんですがw
対へドラも興味があるので、いずれは見てみたいですね^^

>頼れるトップリーダー
もちろん見たb まさしくそのタイトルだね。
それにしても1年しか違わないから見てるところも一緒だなぁw
あ、ちなみに対バトラじゃなくてVSモスラなw
ダンスどころかシェーもしたからねぇ・・・あれは驚いたわw
最近は人類がどう対抗するかに視点があったからねぇ・・・
次に復活するとしたらどんな視点になるやら・・・

優咲 2007-03-22 00:33:01 [コメント記入欄を表示]
■こんばんは!

ゴジラシリーズということですが、私がゴジラに目覚めたのはウルトラに比べると少し遅かったですね、中2ぐらいでしょうか…ただ目覚めてからは凄かったですね(笑
あれよあれよという間に全部一気に見まくりました。当時だからVSデストロイアまでですね。それからはしっかり映画館で見ました。ゴジラ映画はオープニングが素晴らしいと常々感じます(特に好きなのは怪獣総進撃とGFW)。

ゴジラ映画は時々無償に見たくなる時があるので、そういう時はもう止まりません…’54からGFWまで観なければ治まらないのです。なお私もGFWで終わるとは思っていませんよ。と言うよりあれは、今のスタッフでもう作ることはないという意味でしょう。東宝のスタッフが一新されて若手の方々がゴジラへの情熱を再び燃やしてくれたら普通に復活するものと思っております。
優咲さんが見たことないのは、オール・へドラ・ガイガン・メガロ…成る程、確かにコアなところが残っていますね。オールやへドラはあらかじめこういうものだと知らなければ、度肝抜くかも知れません。特にへドラはかなりサイケデリックでショッキングな映像が目白押しなので。この映画を見ると本当に公害が怖くなりますよ。そう考えると、核の恐怖を公害に置き換えたかなり初代ゴジラに近いステイタスということにもなるので、ぜひ一回見てください、いろんな意味でオススメです。
ガイガンは私は普通に好きです。結構軽快なストーリーとアクション性が楽しい一篇だと思います。ヒロイン役にアンヌこと菱見百合子さんが出ているところも見所ですよ。
最後にメガロですが、これは逆に何とヒロインが出てきません。ヒロインどころか地上人の女性は一人も出てこないのです!これもそういう感じでヘドラとはまた違うカルト的人気のある作品なのです。私はゴジラだけでなく東宝特撮映画も結構見てきましたが、まだ見たことないのが『妖星ゴラス』と『宇宙大怪獣ドゴラ』。どちらも円谷特撮の真骨頂と言われてますね。ああ、早くみたい…

かなり長文になりましたが、最後にも一つだけ!2004年に初版が発行された『ゴジラ大辞典』。知ってますでしょうか?別に買えと言うわけではありませんが、店頭等で見かけたらちょっとめくってみて下さい。凄いですよ

ファイリオル 2007-03-23 01:15:17 [コメント記入欄を表示]
■>ゴジラ

>ファイリオルさん
おぉう、これは年季の入った熱いコメントですね!
コメントからファイリオルさんのゴジラに対する愛が伝わってくるようですよb
確かにゴジラ映画のOPは印象深いものが多いですよね~。
それにしても2時間級の映画を一気に消化するとはものすごい・・・^^;
一度でいいからそれくらい一気に見てみたいですねw
ウルトラでティガが若手のスタッフの熱意によって復活したように
ゴジラもゴジラを見て育ってきた新しい世代が創造するかもしれませんよね。
俺も、その復活のときをひたすら信じています。
で、本当にそんなコアなところが残っているんです^^;
評判はそれなりに聞いて知っているのですがなかなか見る機会に恵まれず・・・w
一応の覚悟はできているのでいつでもみたいんですけどねw
ガイガンにアンヌが出ているとは知りませんでした!
なおのこと見てみたくなりましたよw
やはり、一長一短・・・どの映画にもそれぞれ見所はありますね。
リアルタイムで見ていたVSシリーズはまた見返したいですし
他のシリーズでも見返してみたいのが残ってますb
ゴジラ関係の雑誌・・・そういえば、長らく見てませんね~。
最強読本と超全集しかなかった・・・!見つけたら見てみます^^

優咲 2007-03-24 00:44:14 [コメント記入欄を表示]
  1. 2007/12/04(火) 18:16:03 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/785-2b84d391

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。