医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

きらきら看護学生 母性看護実習 Stage前夜

今年、国家試験を受けられた方々お疲れ様でした(`・ω・)っ旦~~~



俺の友達で、専門学校や短大に進学した人たちは今年が本番なんだよね。



とにかく全員受かっていることを祈ります。



そしてちょうど来年は俺の番・・・!



(順調にいけばそのはずだ)




今のままじゃ、明らかにダメダメなので高みを目指して学び、変わらねば!



電王とゲキレン、この2つが最終回を迎えるころには万事整えていられるようにします。



良太郎、ジャン、レツ、ランに負けないよう戦っていくぜ!(何と





さてさて、今度の舞台となるのは母性看護。



診療科でいうと、産婦人科にあたります。



実習のなかで最も厳しいらしい科目なんですよねぇ、これ・・・



なんか泣いた人もいるらしいし^^;



俺は泣かないけどねっ!






産婦人科は、数ある診療科のなかでも特異なところです。



うさこ先生も言っていましたが唯一患者さんに「おめでとう」が言える場所。



新しい生命が誕生するところですから。



だから妊婦は病院にきても患者とは表現しないんですよね、本当に不思議なところです。



そしてそこで働く男性は、医師のみ。



男性である俺達が母性を学べるのは、この実習期間のみになるんですよね。



なぜならば助産師の資格取得を男性ができないから。





今、人手不足などもあいまっていろいろ検討されているそうですが



看護師になろうとしている俺から見ても難しい問題だろうなぁ、と思います。



羞恥心とかプライバシーとか、そういう配慮は俺達でもできることはできますが



お産の痛みとか月経の辛さは、どうしたって同性の人のほうが共感できるし安心できるでしょう。



そもそも産婦人科で男性看護師が必要とされているのか、という疑問もありますが・・・



どうなんだ、実際。



対象者視点からみたら、やっぱり同性のほうがいいだろうとは俺も思います。



仮に俺が父親だとして、妻が産婦人科のお世話になるとして・・・



男性スタッフがいるのはちょっと・・・と思うことでしょう(数年たてば見解も変わるかもしれないけれど)



実際、男子看護学生が付くということをOKしてくれることは少ないらしいです。



といっても全くいないわけじゃないですが、多少の難儀はあるみたいですね。



当たり前っちゃ当たり前のことなんですが。



ま、産婦人科の業務の苛烈さは福島県の某病院でおきた医療ミス事件や



某病院で看護師に助産師の仕事をやらせちゃった事件やらあることからもわかるように



医師のなり手の不足などからして想像以上にハードだもんですから・・・



いろいろな意味で複雑なところと言えるかもしれません。






正直、今までのどの病棟よりも緊張があります。



精神はフタを開けてみたら、楽しかったで終わったのでよかったんですが



母性はどういうものになるのか、正直予測がつかないのが怖いですね。



いきなり分娩とか、そういうことがあるらしいですから・・・



しかも今週は月齢と潮の満引きの関係で、あわただしくなる時期のようで;;






説明しよう!



なんと月の満ち欠けは母体に影響を与えるのだ!

特に新月、満月のときは出産が多くなることからもこれは証明済みであり

さらに緯度の高低でもこれに影響を与える。

つまりこうした月から影響を受けるものは地球上の全てのものに加わる力なので、

生物もこの力の影響を受けているのではないかと言う仮説をバイオタイド理論という!

月の魔力、ってマジなんだ。

貴方も知らないうちに月から影響を受けているかもしれませんよ・・・?

影響を受けない人は、月に代わってお仕置きされるらしいです(マテ






脱線してしまった。



そういうわけで、今週1週間は母性看護にいってきますb



これまで以上にハードになりそうなんで次に書く記事がいきなりFINALになるかもしれません。



ヘタすりゃ、メビウスのレビューまで一気にワープするかも^^;



なるべく余裕を作っていけるようにしたいと思います。





余談ですが、俺のケータイがファイズフォンになったよ。



オープンすると「Standing By!・・・Complete」って鳴るんだよ。



嬉しくってさっきから意味も無く開閉してるのはナイショだよ。



ベルトはないけどねorz



それから次の病院は電車で行くことになってるんで、suicaでいくんだよね。



毎朝、改札口で「俺、参上!」とか・・・迷惑このうえないね。





忙しくっても笑顔で乗り切っていきますよb



人の命は地球の未来!!ってね。

http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10026595175.html
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/02/26(月) 00:02:49|
  2. 医療看護(~08/2/26)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

第46話 不死身のグローザム | ホーム | 5話 僕に釣られてみる?

コメント

■泣く事も経験w

辛い事も経験してこそ一人前の看護師になれるのじゃ
理不尽に思う事もあるじゃろう
それを全てとは言わんがかみ砕いて自分なりに吸収するのじゃ

おのずと道は開かれようぞ
心・技・体のバランスを崩すでないぞ

報告を楽しみに待っておるでな

マスターうーめー 2007-02-26 03:11:01 [コメント記入欄を表示]
■なるほどねぇ。。。

仮に俺が父親だとして、妻が産婦人科のお世話になるとして・・・

産婦人科系について___
>>>男性スタッフがいるのはちょっと・・・と思うことでしょう(数年たてば見解も変わるかもしれないけれど)>>>
この(カッコ)のあとがきにバカ受け(≧▽≦スルドイ!!

更には___
>>>仮説をバイオタイド理論という!
>>>月の魔力、ってマジなんだ。
>>>貴方も知らないうちに月から影響を受けているかもしれませんよ・・・?

あぁ~、そう云えば・・・満月の夜は、妙ぉ~に気分がザワザワ?ウズウズ?・・・しないでもない?!(あら?

何が受けた!って___
>>>影響を受けない人は、月に代わってお仕置きされるらしいです(マテ
___って、これ君ィ~!上手いじゃん!

そして___
>忙しくっても笑顔で乗り切っていきますよb
>人の命は地球の未来!!ってね。

『素晴らしい!!!___キレイに決まった!^@^v』___ハードな実習、マジ、大変でらっしゃる事と思いますが、、、頑張って下さいねぇ~!!!『行ってらっさい!^^/☆』

あ、今宵は”ハーフムーン”でした、えぇ。


ももどん 2007-02-26 04:07:16 [コメント記入欄を表示]
■僕も・・・

こちらも今日期末テストでした。
国家試験でしたか(僕には縁の無い言葉だな)
>良太郎、ジャン、レツ、ランに負けないよう戦っていくぜ!(何と
いろんな誘惑だァァッ!!(転身だァァッ)
>毎朝、改札口で「俺、参上!」とか・・・迷惑このうえないね。
じゃあ合コンとかあったら「僕に釣られてみる?」って言ってみてください(゜∀゜;)

ka-byi 2007-02-26 14:24:29 [コメント記入欄を表示]
■経験者ですが

普段の検診は恥ずかしくてイヤです。
お医者さんも出来れば女医さんが良いなと思いました。

でも、お産に入ったらそんな「恥ずかしい」とか「男性だからイヤだ」なんて余裕ありません。
恥ずかしくて・・・何ていってられません。

ただ無神経なのは困ります。

それは男女に関係ない物です。
言葉や態度による無神経な行動は困ります。
実際に経験しました。

看護師さんや医者にとって沢山の患者のウチの1人にしかすぎないかも知れませんが、患者にとって医者や看護師とはあくまで一対一。
特にお産などは繊細な問題ですから・・・。

お産の痛みはわからない・・・でも、ガンやいろいろな痛みだって経験しないとわからないですよね。

良いんです。
わからなくても。
わかろうとしてくれれば。

「きっとすごく痛いんだ」と思ってくれれば。

経験は出来ないけど、わかろうとしてくれれば良いと思います。

母親は自分がお腹に子どもがいることで実感してなっていきますが、父親は時間をかけてその様子を見て父親になりますから。

通院してくる患者さん・妊婦さんと時間をかけて信頼関係を築くのが良いと思います。



帝国劇場のおばちゃん 2007-02-26 14:33:05 [コメント記入欄を表示]
■誕生

こちらには、ベビーナースと言って、産婦人科にも男性の看護師さんはいらっしゃいますよ。
女性とわけ隔てなくお仕事をなさっていらっしゃいます。

生命の誕生の素晴らしい瞬間にたちあえる喜びはとても言葉ではいい表せません。
そんな経験のできる優咲様、ラッキーでございますねー。

妊婦さんの心のケアーが1番必要だと思います。
優しい御言葉に、行動にとても心癒されます。
私がお世話になりました産婦人科のドクターはいつも「大丈夫ですよ。」と笑顔で答えてくださいました。
ドクターのおかげで、私はとっても楽しい妊婦生活をおくることができました。

優咲さんのとってもお優しいお言葉でお心で、妊婦さんを癒してあげてくださいませね。
笑顔がなにより嬉しいプレゼントとなります。
ドクター、ナースの方々の笑顔が何より心癒されて安心できますものね。

素敵な看護実習となりますように。

プランタン 2007-02-26 21:00:03 [コメント記入欄を表示]
■無題

がんばれ!!!
実習で泣くことは珍しくない!!!
職場がそれだけ厳しいってことです!!!
実際にはぼくは職場より実習のほうが厳しかったのですが・・・

それにしても先週実習が終わってまたすぐ
始まるってのはきついですね。
がんばってください。

益田クマ吉 2007-02-26 22:44:18 [コメント記入欄を表示]
■母性実習

僕も今年、2日間ではありますが母性の実習が控えています。実習の中でも一番のストレスになってます。妻が産婦人科にお世話になりましたが、実際のところ、産婦人科に男性看護師がいるなんてイヤですし、できれば産科医も女医がいいって思ってたくらいですから。身の置き場をどうしようかと今から不安です・・・。

pozikan-555 2007-02-28 00:11:00 [コメント記入欄を表示]
■こんにちは。

国家試験終わりましたよ^^やっと終わったー!って感じです。優咲くんは今実習の真っ最中なのか…大変だと思うけど、色んな経験をたくさんしてきてくださいね☆
母性看護…すっごく楽しかった実習です。
赤ちゃんは可愛いし、幸せいっぱいだし♪
男子学生ということで、一筋縄ではいかないこともあると思いますが、優咲くんの真摯な姿勢はきっと患者様にも伝わると思いますよ☆
自分なりに精一杯頑張っておいで。応援してます(^-^)

りさ 2007-02-28 11:36:48 [コメント記入欄を表示]
■やほ~

ブログの名前変えたので一応報告に来ました~

名前は《Blue Rose Cross》です~
一応URL張っとくねー

凛黎 2007-02-28 23:25:19 [コメント記入欄を表示]
■>母性

>マスターうーめー
うめだ!うめだ!うめだ!うめ、すっげー!!
いかん、また悪乗りしてしまったw
まさしく看護も心技体、これらが合わさってできるものですからね!
理不尽なこともありましたが、なんとか終わりましたw

>ももどんさん
やっぱり月夜は何か影響を与えるんですよぉ~♪
でも俺達の週では分娩が少なかったのですが^^;
セラムンネタがわかってくれる人がいてよかったよかったw
人の命は地球の未来!
某救急戦隊の合言葉ですね^^b
ハードでしたが、打ち上げもやってさっぱり終わりましたb

>ka-byiさん
テストおつかれさまでした^^b
まー・・・よくも悪くも一番の誘惑であるウルトラが
ないのがいいのやら良くないのやら^^;
そもそも合コンなんてもうやってる暇ないですよw

>帝国劇場のおばちゃんさん
女性の視点からみればもちろんそうですよねぇ。
異性に見られるのはイヤでしょうし、できれば同性のスタッフに
囲まれているほうが気持ちとしても安心できるかもしれません。
確かに俺には出産の痛みも生理の苦しみもわかりませんが
わかろうとすることだけでもできます。
その心はこれからも忘れず、患者さんと接していきたいですね。

>プランタンさん
海外の諸国は進んでいるんですねー・・・
これが本当のジェンダーフリーかもしれませんね。
本当にあのような瞬間に立ち会えるなんて
生涯に何度あるかわからないことです。
それだけに感動もひとしおで、命が生まれることの尊さがわかりますね。
自分の担当した褥婦さんにどこまでいいかかわりができたか
それはわかりませんが、精一杯やったつもりです。
あの新生児たちが健康に育つことを祈っています。

>クマ吉さん
よく働くより、実習のほうが大変とは聴きますね。
まー俺の場合、感動して泣いてしまったのですがw
次は俺の本領を発揮できる小児です。
がんばりますw


優咲 2007-03-02 21:14:01 [コメント記入欄を表示]
■>母性


>pozikan-555さん
看護はいつになっても勉強の道ですね。
産婦人科における男性の立ち位置は誰から見ても
かなり難しく微妙なものですよね・・・
俺だって同じように思いますもの。
まだ母性の実習は残っているのでそのときはどうするか・・・

>りささん
国家試験おつかれさまー!!
なんとか実習が終わったよー;;まだあるんだけど^^;
母性は一部を除けば、すごく幸せな実習だよね!
毎日赤ちゃんの顔を見るのが楽しみで楽しみで・・・w
理解ある方の担当につけさせていただいたので
本当にいい実習ができました^^

>凛黎
了解^^b
名前を変えておくねぇ☆

優咲 2007-03-02 21:14:21 [コメント記入欄を表示]
  1. 2007/12/04(火) 17:49:40 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/767-fe7d9b0b

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。