医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

きらきら研修医&看護学生 皮膚科&精神科 Stage6

見事に、ドラマと実習記事がStage6でかぶせられました。



(ちょっと狙ってた)





ここから、きらきら研修医の感想。




やっぱり山崎さんのキャラは最高に好きですw




うさこの家に呼ばれて、子どもの相手をイヤイヤしていながら




ムック先生のご子息ご息女とわかるやいなや、あの手の返しっぷりは素敵すぎるw










冒頭で立岡がうさこに告るかと思いきや、予想通り救急車が通過して話は中断。




まぁこんなおいしい山場を中盤で消化するわけないよなぁ。




しかし不覚にもドキドキしていたのは、気のせいじゃないなw










それにしても今日のムック先生は哀愁が漂っていた・・・




というか、こういう描かれ方はベター、ってかベッタベタなので落ちがわかりきっているとはいえ




こういうドラマ展開や人物の心情変化は大好きなのでいいエピソードでした。




ほんと、今日のムック先生の悩みはよくわかります。




医者もそうですが、看護師もあのようになる可能性があるわけで・・・




大切な人たちのことなのに、患者さんのことをどこか優先しちゃってはからずもなおざりになってしまうという。




今回はギャグな落ちで済んだけど、実際自分の身体すらなおざりになることもあるわけで。




下手したら自分の親の死に目にすら会えないかもしれない、そういう職業です・・・




命を大切にする現場で働いているのになんとも皮肉なことか。




身近な人にこそわかってもらいたいのに、理解をしてもらえないその辛さ・・・




実習中、彼氏がわかってくれないとか、そういう話をよく耳にするのでわからないではないです。




俺もこの先、誰を幸せにできるのやら。




でもそれでも、結局がんばるっきゃないんですよね。




自分のためにも、患者のためにも、大切な誰かのためにも。










とまぁ、ちょっと考えさせられるお話でした。




ダイエットクッキーが出てきた時点で落ちは充分読めたけど、いいところに落としてくれました。




見ていて最後にすっきりとした爽やかさがあるのはいいですね。




特に実習中に見ると、こっちの疲れも吹っ飛びますw




結構うちの学部でもこのドラマを見ている人がいるので、ちょっと嬉しかったり♪(なんで俺が?w




ここまできらきら研修医の感想。

http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10025822765.html
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/02/16(金) 00:05:00|
  2. 雑記(~08/2/26)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

きらきら研修医&看護学生 皮膚科&精神科 Stage6 | ホーム | きらきら看護学生 精神看護実習 StageEX

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/753-4971915d

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。