医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第36話 ミライの妹

いかんいかん、2週も空いたからすっかり忘れていた。




【リムエレキング リアライズ化計画】




最近賛同者の伸びが芳しくないのでTB先でも一番に表示して




たくさんの人に見てもらえるようにブログのトップに書くことにしていたのにw




宣伝は自由なので、ばんばん賛同及び宣伝してくれたら嬉しいです^^




メビウスも残りわずかに14回!!




それまでになんとか・・・!








で、本編はというとすごくステキな脚本でした。



カコとミライの交流、宇宙人同士の理解、伏線のちらし、小ネタと盛りだくさん!



ラストは小ネタのラッシュで驚きましたw





冒頭、アングロスと交戦するGUYS!



このアングロス、造形にグビラとモグルドンを思わせる体格ですね。



あの鼻がドリルになって回転したのはすっごいよかった!



八つ裂き光輪を跳ね返したグビラよろしく、ブレードを跳ね返すかと思いましたが



ドラマパートが充実していたのでそういう演出がなかったのがもったいなかったかも。



久々に地中に潜る怪獣、ドリルのある怪獣だったのでそこをもう少し演出してほしかったなぁ。






アングロスの逃亡後、倒れている少女を助けるミライ。



基地につれてきちゃったときのリアクションが笑えるw



「ミライのやつ、おっそいな。早くしないとカレーがなくなっちまう・・・ぞ・・・」



で、一斉にリュウと同じほうに視線を向けるみんな。



手品のごとく、手からバラをとりだしてプレゼントするジョージ。



しかし彼女にしては若いだろうw



ドキュメントUGには、ウルトラマンが恋愛した記録が残って・・・ないよなw



UGMには死に別れのドキュメントが・・・ないかw





それにしてもミライの妹だからカコ。



ひねりがないというか、ストレートというか、実にわかりやすい!



サイコキノ星人というからには、きた星はサイコキノ星でしょう(無くなってるみたいだけど)



サイコキノはサイコキネシスの名詞みたいなものですね。



いわゆる念動力者。



詳しくは、椎名高志氏の絶対可憐チルドレンを参照(ぇ



ちゃんと他の星の歴史や経緯を知っていてみんなに解説するミライの描写がよかった!



これまでもM78星雲人は他の宇宙人と話す場面もあったけど



なんていうかちゃんと勉強してきたんだなー、とw





ていうか、補佐官の持ってる雑誌。



激しく読みてぇw



なんでヒッポリトが表紙飾っちゃってるんだw



あ、来週との関連だな。





そんで余計な一言から、カコの怒りを買って遊ばれる補佐官・・・



毎度毎度この人は懲りないなぁ。



タカ派な割には随分マヌケっつーか、なんつーかw



岸田長官がみたら嘆くぞw





そしてミライはカコにこの星で生きることのルールを説きます。



「この星で生きるなら、その力に頼ってはいけない」



こ、これはもしやウルトラマン先生が王女に説明した言葉か?!



まさかこんなところにも小ネタをはさんでくるとは、おそるべしメビウスクォリティ。





結局、信じようとしたミライの気持ちとは裏腹にアングロスとカコの関連が立証されてしまいました。



でもミライと隊長は話し込んで、それでも信じようとします。



兄弟と言う言葉が、宇宙警備隊員にとってどれだけ大切な言葉か、意味を持つのか・・・



ミライの純粋な気持ちの嬉しさと、それを利用してからかったサイコキノ星人たちのシーンで



兄弟の言葉の持つ意味がよくわかりましたね。



これじゃそう簡単にウルトラ兄弟を名乗れるはずもないな^^;





そんなミライをサポートするために全力を尽くすGUYSのみんな。



これは何か裏があるとか、そういうネガティブな面からの歓迎じゃなくて



本当に1人の友人・客人としてカコを歓迎しているというのがよく伝わってくる優しいシーンです。



バーベキューのシーンなど、見ていてこちらまで笑顔になりました。



なのに補佐官ってば、余計なことを・・・






コノミに渡されたパジャマで寝付くカコ。



ミライはソファーか何かで眠っているようですね。



起き出してミライに何か仕掛けようとしたカコですが



ミライもウルトラマンの1人、「眠れないのかい?」と隙をみせず相手をいたわるこの言葉・・・



俺は地味に感動したぞ!!





翌朝、地球の優しさにふれ気持ちがにぶったのか1人でボーッとするカコ。



そこへまるで犯罪者かのような、めっちゃ妖しい雰囲気で現れる補佐官・・・



ああぁ、また余計なことしてくれちゃってw





ロープ緊縛じゃなくて、テープでグルグル巻きのほうが視覚的には優しいかなw



とはいえ信じてもらえない待遇を受けるカコの怒りが爆発。



当然といえば当然ですがね。



宇宙人だから、異質の存在だからと、不当な扱いを受けたら誰だって怒ります。



テープを弾きとばし、さらに補佐官をテレポート!



ミライが駆けつけ、なんとか補佐官は戻ってきますが南極とかに飛ばされたようで・・・



髪は凍りつき、雪をかぶる始末・・・この季節にはダイレクトないたずらですねw





説得しようとしたミライまでも吹き飛ばし、テレポートで消えてしまうカコ。



どう考えても補佐官が悪いんですがねw



とはいえ今回のサイコキノ星人の真意をとれば



補佐官が何をしようが結局メビウスと戦うことにはなっていたんでしょうけれど^^;





そしてカコは他のサイコキノ星人たちと合流。



どうやら大挙してやってきてたみたいですね。



いたずら好きという設定も、中学生、高校生くらいの制服のおかげで子どもっぽいということもわかります。



しかし宇宙警備隊員にとっての兄弟という言葉の意味を知っていて



それで利用してミライを騙したのだとしたら、もういたずらじゃすみませんね。



「それで妹だと名乗ったのか・・・初めて言われて、嬉しかったのに・・・」と



純粋なミライの見せる涙が、兄弟と言う言葉の重み、そしてどれだけ傷ついたかを思わせます。



ちなみに、このシーンで使われたレンガのところは



おそらくウルトラマンダイナのニセダイナの話で使われたところですね。



アスカとグレゴール人人間体が、格闘した場所に間違いないと思います。






そしてアングロスを凶暴化させて出現させるカコ。



田舎な星とは言ってくれますねw



ここを別荘にしにきた宇宙人もいたというのにw



関係ない人間まで巻き込むことは見過ごせずメビウスとなってアングロスに立ち向かうミライ!





ところがカコの能力で全身棒立ちになってしまうメビウス。



・・・アクターさんの根性を見た。



この演技は、ある意味どんな格闘するよりも難しいと思う。



それをあたかも見えない何かに縛り付けられているかのように見せるとはすごい。



さらに生き埋めになりそうなメビウスを助けるためミクラスが奮戦!



ミライはカコに必死にメッセージを送り続けます。



このあたりは実にコスモスを思わせてくれますね。





それだけの力があるなら、いいほうに使えばどこへ言っても歓迎されるだろうに。



誰でもどこでも幸せにすることができるのに。



まぁこれはカコに限ったことじゃなくて現実にも言えることですけれども・・・





説得が通じ、メビウスの拘束を解き姿を消すカコ。



間一髪で空に飛び上がり、メビュームシュートで怪獣を撃破!!





去ったカコはミライにメッセージを残します。



思いっきり今後の展開に関わってきそうですね。



ホビー誌には「この少女の顔を覚えておこう」みたいなことが書かれていたので



再登場の可能性は充分にあります。



それにしても気付かない時空波とは一体なんでしょう。



宇宙人、円盤生物を呼び寄せる波動・・・



地球にいる脅威といえばヤプールが思いつくところですが、はてさて。





基地に戻ったミライに、隊長が語りかけます。



それはミライの兄弟、エースが地球人に最後に残した優しい言葉。



今回のこのテーマは、昨今のいじめ問題にも関わる話だったのではないかと。



タイムリーといえばタイムリーなお話。



優しさを失わないでくれ、エースの願いが地球に通じるときはいつくるのか。






そして地球からさってまたいたずらの計画を立てるサイコキノ星人たち。



ミステラー星とアテリア星の星間戦争、まだ続いていたのか!!



バルダック星の雪崩も彼らの仕業だったんですねぇ・・・



っていうかこのネタを持ってくるか?w



さすが赤星さん、小ネタの使い方がマニアックです。





けれどカコはこういう生き方に疑問を感じるように・・・



カコの一言で、サイコキノ星人たちが変わるのでしょうか。



以下、妄想。



メビウスの訴えはカコに届き、カコたちは他の星でその力を有効に発揮するようになる。



カコたちはいろいろな星で受け入れられ安息な生活をおくるように・・・



そしてメビウス最終章、大ピンチのメビウスの前に



サイコキノ星人やメビウスの訴えのおかげで変わったサイコキノ星人たちに助けられた



他の宇宙人たちがメビウスを助けるために地球にやってきて・・・!



なんてなったら、燃え死ぬwwww





次回、ウルトラの父が登場!!



父の背中というタイトルといい、ガラオンを思わせる3面の怪獣といい燃えそうだ!!



登場したときに「ウルトラマン物語」のEDが流れたら・・・w



あああああ、来週が待ち遠しいーーー!!!

http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10021705488.html
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/12/16(土) 17:59:34|
  2. ウルトラマンメビウス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

Task.42 クエスターの時代 | ホーム | 第4話 WoO、死なないで!

コメント

■無題

今日のメビウスを見ていてミライが裏切られるシーンでちょっと嫌な気持ちになりましたが小ネタが面白かったので良かったです。バルタック星ってジャック兄さんに消されたはずじゃ・・・それにカルピスかと思ったらケプルスって書いてあったような気が・・・

ムルロア 2006-12-16 19:14:19 [コメント記入欄を表示]
■アングロスはいい!

>ミステラー星とアテリア星の星間戦争、まだ続いていたのか!!

私も全く同じことを思いましたよ。当時で30年間続いたとか言ってましたから、もうかれこれ60年近くやってる事になります。大変ですねえ。しかし、この地球の歴史においても百年戦争という壮絶なものがあったのでまだまだ続く可能性ありです。バルダック星の雪崩か…もともとあの星は絶対零度の星なので、雪崩とかいうレベルではなさそうですね。

>こ、これはもしやウルトラマン先生が王女に説明した言葉か?!

ああ、その通りですよ!私はまた、どっかであったシチュエーションだなあ…と思いつつ、すっかり忘れていました。駄目だなぁ

あと、タイトルにもあるとおりアングロスのデザインが私は非常にいいと思います。何か第1期シリーズにいたとしてもおかしくないっていう印象です。

ファイリオル 2006-12-16 19:22:55 [コメント記入欄を表示]
■無題

1週間待った甲斐がありましたね。いい話だった~
メンバーの面々が若いせいか、バーベキューのシーンは違和感無かったですね。それにしても、補佐官は…
最後に隊長がエースの言葉を言ってくれたのは個人的に○です。ミライが知らないという事は、エース本人の口からは語られていなかったようですね。
さて、次回はウルトラの父が登場!実は父が戦う所を見るのは初めてなので、非常に楽しみです。ウルトラアレイは出るのか?!

ヴァリス 2006-12-16 19:25:11 [コメント記入欄を表示]
■無題

実は・・・予告でウルトラの父の姿を見てなぜか涙が出ました。
いやぁ・・・楽しみですねぇ・・・

益田クマ吉 2006-12-16 19:44:03 [コメント記入欄を表示]
■無題

『ありがとう』が好きになりました
小ネタがたくさんあって楽しかったんですが、隊長の言ってた言葉って全部覚え切れなかったので紹介してもらえませんか?
あと少年と義兄弟になったウルトラマンって帰マンですか?
サイコキ星人の話しのネタなども教えてもらえたら幸いです。

嶋崎勇 2006-12-16 22:23:08 [コメント記入欄を表示]
■表と裏(mixi版)とで

全く異なる感想を書いてしまいましたわ。
まあトラマの中にも
サイコキノ星人みたいなこころと
ミライ君みたいな心が混ざり合っている
ということでしょう。

で、来週はビバお父ちゃんってこと?

トラマ 2006-12-16 23:11:02 [コメント記入欄を表示]
■>メビウス 36話

>ムルロアさん
あの裏切りのシーンはききますね・・・
ミライが純粋に喜んでただけに、余計;;
小ネタの充実っぷりは赤星さんならでは。
バルダック星はまた再建したんですかねw
ケプルスウォーターありましたねw

>ファイリオルさん
いつになったら星間戦争に決着つくんでしょうかw
その話まで描いたら、もう仰天ですが^^;
それにしてもこういうネタを活かしてくると物語に深みがでていいですよね。l
バルダック星にまでいけるあの宇宙人たちって、すごいですね;;
力を無闇に使わない、というのはなぜか印象に残ってますね。
たまたま覚えていただけですけれどw
アングロスのデザインについては全く同感です!

>ヴァリスさん
長い1週間でしたよ;;
バーベキューは混ざりたいですねぇw
補佐官の行動は意味があまりなかったですけれど^^;
ミライは初めてエースの言葉を知ったようですね。
ウルトラ5つの誓いのほうがメジャーなのかなw
ウルトラの父の戦いが初めてとは、ある意味羨ましい!w

>クマ吉さん
俺もあの姿見ただけで、鳥肌たちました・・・
父の背中というタイトルも実に楽しみですね。

>嶋崎勇さん
隊長の言葉は『優しさを失わないでくれ。
弱い者をいたわり、互いに助け合い、
どこの国の人たちとも友達になろうとする。
その気持ちを失わないでほしい。
たとえその気持ちが何百回裏切られようと。』です。
エースが最終回に人間に残した言葉です。
少年と兄弟になったというのはおそらく
エース=北斗とダン少年ですね。
ミステラー星人、バルダック星人、ともに帰マンのお話です。

>トラマさん
ある意味、器用ですねw
人間なら誰しもありますよー。
闇が強いと・・・溝呂木になっちゃいますがw
来週はビバ父さんですねw


優咲 2006-12-17 00:28:52 [コメント記入欄を表示]
■無題

詳しい説明ありがとうございます
ウルトラマンの言葉って本当にここのに響くいい言葉ですね。
ウルトラマンを通して世界平和が出来たらいい、いあや出来るはずだと信じています

嶋崎勇 2006-12-18 19:42:38 [コメント記入欄を表示]
■どうもはじめまして

どうもはじめまして。
「特撮どうでしょう」の管理人のdoudeshiyouです。
今週はいろいろ言いたい部分もありましたが
「やさしさを捨てないでくれ」この言葉に救われたような気がします。
来週はとうとうお父さんが久々の地球での活躍が見られます。
短いですがこれにて。

doudeshiyou 2006-12-18 21:53:55 [コメント記入欄を表示]
■>メビウス 36話

>嶋崎勇さん
いえいえ、たいしたことじゃないですよ^^
ウルトラの残す言葉というのは勇気づけられますね。
ウルトラマンを通してできる世界平和・・・見てみたいですね^^

>doudeshiyouさん
はじめまして^^
いつもTBありがとうございます!
最後の言葉が全てをくみとってくれましたね。
来週の父がどれだけ魅せてくれるのか
今から期待大です!

優咲 2006-12-19 01:45:11 [コメント記入欄を表示]
  1. 2007/12/03(月) 19:44:45 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/686-145cc624

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。