医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第7話 はじめての反抗

結婚のことを教えるりなですが、



テルは「わかってる」と言って、都古に教わったとおりの約束を話します。



そして都古との約束を守るために、テルは今日も動物園に。




古賀さんに教わって、新しいことを覚え始めるテル。



都古も新居を綺麗にしています。



確実にテルのできることが増えていってます。





テルの手紙から「もう都古ちゃんのところにはいきません」という行が消えましたね。



やっぱり約束がなかったから、なんでしょうか。



一方、試験におもむく幸太郎。





交差点でロードレーサーと話すテル。



いつの間にジャージを貸したんだろうw



お茶に誘われるけど、知らない人についていってはいけないということを頑なに守るテル。





だけど亀田が自己紹介するとテルも自分のことを紹介します。



うちでは真樹がテルのことを聞いていて、それに対してちゃんと話す里江。



ですが知らないところに行き過ぎてしまったのか、途中で動きが止まってしまうテル。





亀田さんはついてから気付きますが、テルは違う道へ・・・



そのとき試験を受けている幸太郎は時計を見て焦る・・・!



わかる!!実は俺も今日テストで、時間に追いかけられたんだぁw





そうそう、周りの人が解いてると思うとめちゃめちゃ焦るんだよねぇ・・・



って、カンニングしちゃったーーー!!!



そして先生に見つかってしまう・・・





なんでよりによって真樹のところに連絡が・・・



うっわぁ・・・超怒ってる・・・



どうして黙ってるもなにも、そんな剣幕で言われたら何も言えないがなw





「はぁ?!何言ってるの?!」



「誰のためにガミガミ言ってると思ってるの!?こういうときだけ口出ししないで!」



「お母さんに二度と恥をかかせないで!」





はい、このセリフで真樹の怒りの言葉は幸太郎のためじゃなくて



自分の世間体のためだとわかりますね。



あぁ、いやだいやだ・・・こういう親にはなりたくないなぁw





そしてテルのところにくる幸太郎。



「あ、幸太郎」というテルの言葉がなんでもないけど、すごく優しく聞こえます。



そしてテルの仕事を見つめている幸太郎。





りなと都古、友達の千晶・・・この3人て親交あったんですねw



そこに現れるりなの彼氏、うーん・・・地味w



そして千晶は都古の結婚生活に対してちょっと不安を抱きます。





三浦さんとテルのコンビがなんかいいですねぇw



そして代わりに幸太郎が書いた絵が張り出されて幸太郎は満足そう。



幸太郎が本当にやりたかったのは絵なんですね。





そして亀田のときと同じように、自分の知らない道を歩けないテル。



無理に行こうにも自閉症の症状がいかせないのか。



里江さん、検査入院?!





・・・まさか母の病気フラグじゃないだろうな;;;



真樹がいい顔して「夕飯はうちで」とか言ってるのが癇に障るぅーーーーw



そして秀治にテルの人生のことを聞きます。





「ま、いっぱい勉強しといて損はないんじゃないの?」・・・投げやりだなぁw



それ以来幸太郎が動物園にきてたびたび絵を描くように。



「家族の支えが一番だからねぇ」という園長の言葉が古賀の胸にささる。





そして掲載された週刊誌のおかげでいそがしげな園長。



それを見て苦い顔をする古賀。



そりゃそうでしょうなぁ・・・園長が本当の意味で障害者雇用に目覚めるときはくるのだろうか。





ついに幸太郎の塾のサボりが真樹にバレる!



そんな怒りまくりの真樹のところにタイミング悪くテルが・・・



「おかえり」と言っているのに「大事な話をしているの!!」と不機嫌な真樹。





まったくこの人は・・・



「幸太郎に限ってそんなこと・・・」



あぁ、よく言うよねぇ・・・





そして秀治と真樹、2人でテルを問い詰める。



「どうして教えてくれなかったの!」「どこで遊ぶっていってた?!」



という怒る真樹の問いにストレスを感じて出て行くテル。。





「いつかこんなことがあるんじゃないかって思ってた!」



全部テルのせいかよ・・・



自分にもどこか非があるんじゃなかったか、とは省みることができないのか。





そこへ帰って来る幸太郎。



眼鏡が割れてる・・・不良にからまれたのか。



真樹の怒りはもはや幸太郎の耳には届きません。





幸太郎はテルのところへいきますが、いるはずのテルがいない。



「りなおばちゃん」・・・そういえば、おばちゃんなのか;;



「あたしのせいだっていうの・・・?」





あなた以外に誰のせいだといえますか・・・探しにいくという幸太郎を



「もう夜なんだから残りなさい!」



と言葉と態度で押さえつける真樹。





「イヤだ!輝明おじちゃん、探しにいく!離せよ!」



そして完全に真樹に対して反抗する幸太郎!!



・・・ここは素晴らしく爽快でした!w





そして精神科医のところへ電話するりな。



なんかこの先生、カッコいいわぁw



都古のところにもいない・・・





テルは幸太郎を探しにいき、知らない道の前で葛藤してた・・・



いきたい、だけどいけない・・・切ないーーー!!



と思ったらテルはペダルに足をかけ、よたよたしながらですが走り出しました!!





りなも「うそ・・・」と驚きを隠せない。



うおおおお、これぞまさに僕の歩く道!!



「あ、幸太郎」





・・・ばかやろう。



さっきまであんなに悩んでたのになんでもないような顔で言うなよ・・・



めちゃくちゃ泣けるじゃないかorz





新しい道の帰りに亀田のお店を見つけるテル。



先生も驚いているようです。



そりゃあ驚くでしょう^^;





一方、河原とのパーティーで不協和音を感じたような都古・・・



これは離婚フラグですかw



ところで眼鏡、割れたままだと危ないですよ。





幸太郎が5000円、テルからもらったことを秀治は真樹に話します。



「真樹に話すとややこしくなるからな」



「何を言っているのかわからない・・・」





ここまで盲目的になるのか。



「あたしだけがしらなかったってこと?あたしは母親なのよ?!」



「幸太郎じゃなくて、自分のためなんじゃない?!」



「あなたに私を責める資格があるの?」





さてさて、この秀治・真樹・幸太郎、一番かわいそうなのは誰でしょうね。



「いつかこうなるってことがわかってた。一番悪いのは俺なんだよ・・・」



りなとの会話もいいですねぇ。





「僕も、おばあちゃんみたいに笑ってるお母さんがよかったなぁ」



そしてなんか変にきまずい真樹と幸太郎。



母親に誘われたのに「輝明おじちゃんも一緒にきて!」





そして真樹に何を言われても完全に相手にしない幸太郎・・・



いやー、あの眼鏡はどうかと思いますけどw



・・・なんか真樹を見ていていたたまれないんですけどw





「これとこれ、どっちがいい?」と聞く真樹に



「笑った顔」と一言つぶやくテル!!



グッジョブすぎます、テルwww





テルと幸太郎、2人に言われてやっと気付いたらしい真樹。



絵画教室のことを秀治は真樹に話します。



それを見て、おもわず笑顔になっていく真樹に「大すきなおかあさん」という絵を見つける真樹・・・





こらえきれなくなっていとおしそうに絵をみて、泣き出してしまいます。



もはや言葉もでない真樹・・・



当の幸太郎はテルと一緒に自転車のビデオを鑑賞中。





「なにが面白いの?わかんないの?」



「わかんない」



幸太郎も歴代優勝者を覚え始めますが、やはりテルには勝てませんw





次回は!



なんかよくわかんないけど、園長ピンチ?!



そして都古もなんかもう離婚の危機ですか?^^;





読んでくれる人へ



今日もテレビをみながら書きました。



真樹の涙とテルの勇気に泣きました。



幸太郎の未来が楽しみになりました。



http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10020315628.html
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/11/21(火) 22:00:12|
  2. 雑記(~08/2/26)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ウルトラマンメビウス 12月のネタバレ | ホーム | 心は亡くせない

コメント

■長文すみませぬ;

「焦らないでね!」って言葉は「焦れ!!」ってプレッシャー(暗示)なんですよ、真樹さん。「転ぶよ!」って言われたら転んでしまうでしょ?
「恥をかかせないで」ってのも「怒られるから止めなさい」って言うバカ親と一緒ですよ。
自分が息子を追い詰めてた事に気付けて良かった。これでテルを見る目も変わるかな?
里江さんが死んでテルを施設に入れようとする秀治を止める…なんて事を妄想してみたりw

園長はどこまで裏表があるんだぁぁぁ;_;

亀田さん、60万もする自転車なのに無防備すぎw

追伸
ジャージは先週テルが失踪して野原で寝ている所を通り掛かった時に掛けてあげたんだと思われます。

うめ 2006-11-22 03:30:16 [コメント記入欄を表示]
■トラバありがとう

タイトル違うよ;

しなもん 2006-11-22 08:13:06 [コメント記入欄を表示]
■こんばんわ☆

毎回このドラマに泣かされています。
今回はテルが「決まった道」から外れること、
幸太郎の母親・真樹も絡んできますね。
あたしはテルが幸太郎探すために今まで一度も超えたことのない「境界線」を越えたことに胸を打たれました。
そして、「笑った顔のおかあさん」そう言ったテルと幸太郎の気持ちにもやっと気づいてくれたみたいだし。これからこの家族がいい方向に変わるのではないかと思っています。
TBさせていただいますね。

にゃんこ 2006-11-23 00:34:31 [コメント記入欄を表示]
■>僕の歩く道 7話

>うめさん
あぁ、確かにそれはプレッシャーですねぇ;;
言われているほうは言葉の裏を感じますからw
真樹のこれからの幸太郎への接し方に
なにか変化があるんでしょうかねぇ。
テルに対する評価も少しはかわったでしょうか^^;
ジャージは、あのシーンでかけたんですね!
すっかり失念してましたw

>しなもんさん
TBありがとうございます。
そしてご指摘もありがとうですw

>にゃんこさん
いつも泣き所を用意してくれますよねぇ^^
本当、幸太郎のためにテルがあの一線を越えたところは
見ているこちらも胸が熱くなる良いシーンでした。
これからは笑顔の真樹さんになるんでしょうかw
来週が楽しみですね!

優咲 2006-11-23 01:28:10 [コメント記入欄を表示]
■TBありがとうございます

 こんにちは。
 幸太郎の母がこれからはちゃんと話の聞ける人であれば良いなあと思います。これまでヒステリックで身勝手なイメージが強過ぎましたので^^;ともあれ、幸太郎の今後も、少しづつ変化の見られる輝明も、園長も都古夫婦も、良くも悪くもどうなって行くのか楽しみですね^^。

minnadesiawase 2006-11-24 19:55:07 [コメント記入欄を表示]
■>僕の歩く道 7話

>minnadesiawaseさん
こんにちわ、TBありがとうございます^^
これから真樹がどのように変わるのかが楽しみですね!
教育ママを絵に描いたような存在でしたからw
幸太郎の成長だけでなく、真樹の成長も
このドラマの見所の1つでしょうねー。

優咲 2006-11-25 00:09:02 [コメント記入欄を表示]
  1. 2007/12/03(月) 17:35:11 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/643-1789676d

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。