医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

牙狼<GARO>白夜の魔獣(前編)スペシャル試写会 本編

会場のおねーさんにも、もらった紙にも



「ネタバレ厳禁!」と言われたので(言われなくてもだけど)無論ネタバレ無しです!



でもアクション監督の横山さんもいらっしゃって「宣伝よろしくお願いしますね!」とも言われたので



がっつりばっちりレビューしたいと思います!




扱う情報は、公式サイトでわかる範囲で。



多少内容に触れてしまうけどどうしても伝えたいところは白抜きにしますのであぶりだしでどうぞ!






まず、ザルヴァによる試写会用の挨拶が行われました^^



会場からは「おぉ~」という嘆息が漏れたり。



そしておなじみの魔戒語で語られる牙狼の冒頭。





ここから本編に吸い込まれていくようにはいっていくのですが・・・



一瞬たりとも目が離せません!!



半分以上は特撮かアクションシーンではないでしょうか?!



食い入るように見ていたら、あっという間に50分が過ぎてしまいました。



テレビシリーズ2回分ですが中だるみなんてなくて、実に充実している物語です。





終わったときには、会場から盛大な拍手が続きました。



次回予告もザルヴァが務めたのですが、



本編終了後に拍手!次回予告でまた拍手!!



誰1人して身動きせず、雑音が入ることもなく牙狼ワールドに引きこまれてましたね。





続投している出演者の方は、本当に変わらず(良い意味では変わっているけれど)



雨宮監督も言ってましたが牙狼の熱が冷めないままの撮影だったためか



なんの違和感もなく本編を見ることができました。





出てくる人、それぞれに見せ場があって圧巻の一言です。



なかには、「えっ、この人も出てくるの?!」「この方も?!」と思ってしまい



笑顔がこぼれることもありました^^;



だってまさか出てくるとは思わなかったんですもの・・・



良い感じに意表をつかれましたね。



まさに牙狼オールスターみたいな。








魔戒騎士である鋼牙、零、ダンが出てくるたびに



いちいちカッコよすぎて総毛立ちまくり。



最初の5分間だけで何回、ブルッときたかわかりません。




どうしてあんなにもカッコよく登場してきてくれるのでしょうw





魔戒騎士だけじゃありません。



その力をさらに発揮する、轟天、そして銀牙も大活躍!



轟天がいななき、牙狼が斬る!



銀牙が飛び、絶狼が切り裂く!



素晴らしいアクションシーンが目白押し!



い、言えないのがつらすぎるorz



特に今回の牙狼と轟狼が魅せる(見せる、ではない!)



人馬一体のアクションはもうハンパではないです。



テレビシリーズ以上に轟天・銀牙が大活躍しています!!



何がすごいって・・・(以下、白抜き)



牙狼が轟天に乗って、敵に向かうシーンがあるのですが




途中で轟天が牙狼の代わりに攻撃を弾いたり、身代わりになってつかまったり・・・!




さらに牙狼斬馬剣でも歯が立たないピンチの牙狼に




自身が捕まりながらも刻蹄を発動させて、牙狼斬馬剣がさらに強力無比な大剣となったり!!



とにかく、身震いするほどの大活躍です。






また、鋼牙と鈴の間にはちょっとした縁があったようで



それがまた物語に一層の深みを加えています。





カオルもこの物語のヒロインなのでもちろん登場するのですが



いくらなんでも・・・あんなことになるなんて・・・ねぇ・・・



スペシャルでも悲劇のヒロインを演じる肘井さんの演技がすごいです。



またアクションしてるし!w





さてさて、鈴とダンですがこの2人の熱演も見逃せません。



鈴は、気丈に振舞ってはいるけどまだまだ無邪気な子どもっぽさの残る魔戒法師。



魔戒法師としての力と子どもっぽさの両方が見事に演じられてます。



中盤から終盤にかけては、鈴をきっと誰もが心配し、応援したくなると思います。



それだけの熱演をしてくれていました。





そしてダン。



こちらも特徴的な鋼牙、零に負けず劣らず光る演技です。



初めて声を聞いたのですが、かなり良い感じにマッチしてますね。



ガタイもかなりよくて槍を振るう姿が実に様になっています!



そう、その槍のアクション!!



これまで牙狼では、剣と双剣は使われていましたが槍のアクションもすごい。



槍ならではの大きなアクションと流れるような体術との組み合わせでもって



山本さん自ら大格闘をするのですが、槍を突いた反動で地面がえぐれたり



槍を使って跳躍からとび蹴りしたりと、剣ではできないアクションが次々とでてきます!



これも必見!!



そして白夜騎士の鎧をまとったあとは、さらに拍車をかけての槍による攻撃が続きます!



剣とはまた違った力強さと、双剣とも違うスピード感があって



槍ならではのインパクトをたたきつけられた思いです。





またこのダンの持っている魔導具ゴルヴァ。



声が・・・超渋いw



名前もザルヴァとシルヴァに比べたらかなりいかついですがまさにそんな感じでした^^;





それにしても雨宮監督のヴィジュアルイメージは尽きることがないのでしょうか。



冒頭から最後まで、ものすごいインパクトを受け続けました。



横山監督もアクションには容赦がないのか、鋼牙・零・ダンの3人のアクションは



見るものをひきつける力があります。



特に終盤、牙狼と轟天が見せるクライマックスはまさに怒涛の展開!





後編はまだ製作中とのことですが、雨宮監督自身「楽しみにしていてください」と



自信たっぷりに言ってくれたので、いやいうまでもなくなんですがものすごく楽しみです!



これ以上にスケールが大きくなるなんて、どうなるのか?!



ていうか、次回予告だけでもものすごく燃えたんですがw





そして改めて思いましたね。



これこそスクリーンに映える特撮作品だと。



スクリーンだからもちろん、観客席は真っ暗なわけです。



そこに現れる光輝く黄金や白銀の鎧をまとった騎士の勇姿は



闇の中でひときわ強く輝き、見るものの心を掴んで離しません。



ぜひとも映画館などで前後編つなげて放映してほしいです><







関連記事



【牙狼<GARO>白夜の魔獣(前編) ブース編】
http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10020183378.html


【牙狼<GARO>白夜の魔獣(前編) トークショー編】
http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10020186403.html

http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10020185168.html
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/11/19(日) 15:52:29|
  2. 牙狼-GARO-|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

牙狼<GARO>白夜の魔獣(前編)スペシャル試写会 トークショー編 | ホーム | 牙狼<GARO>白夜の魔獣(前編)スペシャル試写会 ブース編

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/638-f05d4d0b

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。