医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「Sleeping elderly woman」を飾る

「Sleeping elderly woman」



と聞いて、何のことだかわかった人はかなりの牙狼好きだろう。



これは第1話絵本においてヒロイン、カオルが初めて個展を開いたときに




飾った絵の中の1枚であり、また牙狼である主人公冴島鋼牙が本当に好きになった絵だ。




また物語上、2人の間になくてはならないキーともなった絵でもある。




そんな絵がGARO Projectの「牙狼~僕が愛を伝えてゆく~」 の




初回特典としてついてきたのだから驚きである!



(正直に言うと、このCDを買った当初はまだDVDを1枚も見ていなかった。



youtubeで9話の戦闘シーンをみて虜となり、今年の8月にたまたま店頭にあったのを見かけて



初回特典が何かも知らず、またどんな歌かも知らずに買ったのである。



全く持って無謀というほかない。)






しかし、俺は牙狼にハマってしまった。



あの熱く切ない主題歌に、燃えて泣ける物語。




激しいアクションに負けじと見せ付けられるすさまじいヴィジュアルイメージ。




どれをとっても素晴らしいの一言に尽きる。



つい先日、この最終巻が発売されたのだが奇しくも店頭からはすでに姿を消していた。



しかしmixiの牙狼コミュで知り合った方からお譲りしていただき、無事に今日鑑賞を終えたのだ。



人のつながりのある嬉しさと最終話を見ての感動で、もう感無量である。




そこで何かの衝動に駆られるように、この「Sleeping elderly woman」を飾りたくなった。







もともとフィギュアなどでもホコリがついたり、色あせたりするのが嫌なので




ダブったりしていない限り袋からは出さない俺だ。




初回特典の、しかも絵なんて、色も焦れば破けるかもしれない・・・




そんな状況にはしたくない。




そのため、3ヶ月近く暗所で保管しっぱなしだった。





だが、物の本質を考えてみる。



DVDは鑑賞するためにある。



フィギュアはディスプレイするものである。



玩具は遊ぶものだ。



ならば絵は?




誰かに見られて、光に当たってこそ・・・




描いた人が愛でるのはもちろんのこと、




さらに飾られて人目に触れ、心を動かすことも絵の本質ではなかろうか。





となれば話ははやい。



極力、汚れのつかぬよう、色が褪せぬよう、最大限の防衛策を張って飾ればいい。



美術の勉強をしている紅茶あめさん にいろいろ教えてもらい、飾ることを決めた。





絵を入れるものといえば額だ。



とはいえ俺はそんなものを買い求めたことがないのでどこにあるのか知らなかった。



幸い調べてみたら車でいける距離だったのでさっそく行ってみた。



どうやら芸術関係全般の品物を扱うでっかいホームセンターのようなところだった。





中に入ってみると、絵画はもちろん手芸、書道、陶芸、ビーズetcと




ものすごいたくさんの素材や完成品が売られていた。



遠目からは写真かと見まがうほどに風景を模写した大きい絵画や



力強い筆の動きで書かれた書体が飾ってあり、しばし見とれてしまっていた。



そこにあるだけで存在感を放つ芸術品というのは本当に素晴らしいと思う。




遠くからでもまるで呼ばれるかのように目が行ったり、ずっと見てても飽きないのだから




もう形容のしようがないほどだ。




久々に美術館とかに行ってみたくなった。



いくつか買って家に飾りたいものもあったけど、予算がオーバーしてしまうのでまた今度。



スクリーントーンやトレーサーなどもあって同人誌を書いてるであろう人の姿も見られた。



初めてスクリーントーンやコピックを見たのでそれだけでなんだか嬉しかった。



特にスクリーントーンは、子どものころ、あれは作者が手書きで書いているんだ、と思っていたからw




(ついでに白状すると、アニメも作者が全部やっているものだと思ってた)





さて、予想通りフレームはたくさん売られていた。



どれにしようか迷ったけど、部屋の雰囲気と絵の感じを考えて



アクリル製板2枚ではさんで飾るタイプを選んだ。




A3タイプなのでちょっと大きく、意外と頑丈だった。




値段も4200円と決して安くは無かったけど俺は満足だ。






そして帰宅し、ここからが本番である。



一切手垢はもちろん汚れやホコリをつけることなく、絵をフレーム内にいれるのだ。






まず、こんなこともあろうかと大学からひそかに持ち帰っていた医療用の薄いゴム手袋を装着。



これで手垢がつく心配は無い。



このゴム手袋には結構世話になっており、煌人の牙狼を扱うときにも重宝した。



続いて服をだぼだぼの普段着から、きっちりしたホコリの舞い上がりにくい服に着替える。



窓を閉めて、部屋のホコリが落ち着いたのを確認してから、必要最小限の隙間で箱を開封。



袋からフレームをとりだし、ネジを外して絵を挟み込む。







が、ここで問題発生。



ずっと丸まった状態だったためにクセがひどいことになっている。



腕まくりして肘の部分で絵を押さえつつ、フレーム内のど真ん中に絵が来るように調節。



悪戦苦闘すること5分(短!)



ついに「Sleeping elderly woman」がフレーム内に収まった!!







それがこれだ!








(絵のサイズは320×410mmほど)



われながら、かなり綺麗に収まったと自負してます。



手垢はもちろんついてません。



ていうかこれに素手で直接触る不届きモノがいたら磨かせますw







フラッシュ炊いたら、フレームはよくわかるけど絵に影響してしまうので



こちらはフラッシュなしバージョン。






どーですか!



これいい絵でしょう!?w



ネタバレしたくないから言いませんが、これは鋼牙の・・・ね。



これを机の上においておくと、いつでも牙狼の心が甦りますねw



あまりに綺麗だったので写メをとって今の待ち受け画面になってますよ。



汚れをつけなかったおかげで、表面のアクリルが鏡のように反射するほど良好な状態です。








ちなみにこれは横から見た状態。



下の2本の細い棒がスタンドとなって支えています。



このまま吊るすこともできるけど、結構フレームの重量があって万が一の落下が怖いのでしません;;



アクリルの透過性が高いおかげで遠くから見ると




絵がそのまま浮いているようにも見えてなかなかに幻想的。



フレーム自体も綺麗に挟み込んでいて、ズレる心配もなく安定しています。



これなら汚れがつくことも破けることも無い!






てなわけで今日は絵画な1日でした。




それにしても俺は今日いったこのフレームを買ったお店が気に入った。



あそこにいると創作意欲がわいてくるw



特撮関係で綺麗に飾りたいのは他にもあるし、



あそこにいればいいアイディアも沸きそうなので機会があったらまた行ってみようと思う。





牙狼は最終巻を迎えてしまったが冬にスペシャルを行うのでそれが楽しみだ。






これは私信。



紅茶あめさん、いろいろ教えてくれてありがとー!



おかげでこんなに綺麗に飾れました!



トマトマさん、DVDの最終巻を

譲っていただきありがとうございました!



さっそくラストを見て、涙した次第です。






あんなお店があるとわかった以上、フル活用します。



俺の部屋の今年のコンセプトは「画廊」



これで行こうと決まった、今決まった!



でもサイフと相談かな。



あれ・・・と思ったらサイフの中の人がいらっしゃらないわ(ノ∀`*)ペチッ




(ひどい落ちだw)

http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10019356948.html
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/11/04(土) 01:04:29|
  2. 牙狼-GARO-|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

2007年の特撮ヒーロー達(ネタバレ注意) | ホーム | なんだか気になるバトン!w

コメント

■マキシです

最後まで見られたんですね。
もう、最高ですよね。残り5話あたりからの怒涛の展開は見逃せませんでした。
やっぱり、あの人は意味があっての特別出演なんですよね。
こちらも、ドラマとかのレビューがたまり、牙狼のレビューが怠り気味です・・・
CSのファミ劇でのSPもレビューする予定です。

携帯変えたんですけど、着うたフルで、メビウスや牙狼が見つかりませんでした。

絵を飾るって、人生の中でそんなないな・・・

maxi 2006-11-04 08:16:53 [コメント記入欄を表示]
■>絵画

>maxiさん
えぇ、ちゃんと最後まで見ることができました^^
ラストにいくにつれ見せ場ばかりでもうどうしていいやらw
牙狼は本当にものすごい作品ですね。
俺もレビューしたいのですが日々のレビューに
ニュースにと・・・時間がーw
俺も着うたとか探してみますー。
絵を飾ると部屋の中が、なんか良い感じになりますよ^^b

優咲 2006-11-05 01:24:53 [コメント記入欄を表示]
■遅れましたー;;

ど、どういたしまして!!(開口一番それか

自分が思う最良の形で保存&鑑賞できたら、芸術はさらにその人にとって輝きを増すと思います。そのお手伝いができて嬉しかったよーvvやったネ☆

紅茶あめ 2006-11-05 20:41:20 [コメント記入欄を表示]
■>絵画

>紅茶あめさん
いやー、このたびはお世話になったですw
芸術の輝きは持つ人次第かー。
なるほど!
さすが紅茶あめさんですねw

優咲 2006-11-06 00:54:25 [コメント記入欄を表示]
  1. 2007/12/03(月) 16:36:21 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/606-1f452cea

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。