医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウルトラマンメビウス ネタバレ情報 (追記)

ネタバレです。



いつものことながら、ネタバレを知りたくない人は注意!!




じゃあそろそろ・・・












第31話「仲間達の想い」


脚本:川上英幸 監督・特技:八木 毅


【円盤生物ロベルガー】【マケット怪獣ファイヤーウィンダム】登場





第32話「怪獣使いの遺産」


脚本:朱川湊人 監督・特技:八木 毅


【巨大魚怪獣ゾアムルチ】【メイツ星人ビオ】登場





第33話「青い火の女」 


脚本:長谷川圭一 監督:小原直樹 特技:菊池雄一


【人魂怪獣フェミゴンフレイム】登場







ここまで確定したようです!



新しい円盤生物に、種類の変わった復活怪獣たちが見所ですね。



今後詳しいバレ待ちかな。



未確定情報ですが(そうはいってもほぼ確定)34話にはウルトラマンレオが登場予定!



サブタイトルは「獅子の咆哮」「故郷のない男」・・・と諸説あります。











【三式保管所】 さんのブログにより詳しい情報が書かれています。










バーニングブレイブの姿がこうしてみるとかなりカッコいいですね。



新必殺技であるメビュームバーストなる技のヴィジュアルも気になるところです!



ミライはリュウにウルトラマンが地球を守る理由を話し、そしてみんなの前で変身する・・・!!



本当に最終回のような展開ですね。



メビウスが終わりを迎えたときは、どのような結末を迎えるんでしょう。



しかしバーニングブレイブに変化した理由が変身した本人にもわからないというのが気になります。



もしかしたら今後のための伏線・・・かも?!






続く31話では新種の円盤生物が飛来!



どっかでみたことのあるフォルムなんですが、なんか思い出せん^^;



・単身立ち向かおうとするミライに、仲間達は・・・



という記述がありますから30話でミライ=メビウスだということが周知のこととなったために



ミライのことを仲間達が気遣い、思いやるのでは・・・とうかがわせます。



サブタイ通りの「仲間達の思い」がどういう現れ方をするのか、気になりますね。



しかしノーバに続くメビウスの円盤生物第2弾・・・



地球を包囲したという飛行物体といい、組織的な何かがあるのは確実でしょうか。



ブラック指令もブラックスターも無い今、円盤生物を指揮しているのは・・・一体誰でしょうね・・・



噂段階では名前があがっているあの宇宙人しかないですがw





そして話題作かつ問題作でもあった「怪獣使いと少年」の続編である32話。



画像にあるように「ミライ!街が大変なことになっているんだぞ!」といっていますから



メビウスも帰ってきたウルトラマンと同じく、人間を守る気持ちが揺らいだのでしょうか・・・



救いのあるエピソードにしたいと脚本の朱川さんはいっていたようですが



こればかりは本当にオチが読めません。



11月にこの話をもってくるということは、スタッフもやはり意識してるのでしょうか。



帰ってきたウルトラマンの11月の傑作群と言われていたあの時期を・・・



ムルチの造形はもちろん、新しくなっていますが・・・



メイツ星と地球との友好は結べるのか・・・非常に気になるところです。



この脚本の朱川さんは2回ほど登板する予定のようですね。



この方も特撮好きなようですし、初めてのウルトラの脚本を手がけるようで



どのような毛色の作品に仕上がるのか楽しみです。





そしてなんとあまり存在自体メジャーじゃなさそうなフェミゴンが復活。



しかもフェミゴンフレイムとか、パワーアップしているようで・・・



ここらへんの4作は、心に訴えかけるようなエピソードの側面が強いと思います。



新しいメテオールの投入と、フェミゴンフレイムとメビウスが対峙するシーンの



夜のコンビナートらしきセットが昔を感じさせてくれますね。



今回は水中戦はない・・・かな。






次週のメビウスの展開がすっげー気になりますね。



今週のメビウスがよかっただけに来週、どのような結末を迎えるのかが楽しみです。









さらに追記!



信頼できる方からのお話をお聞きしたんですが、



なんとウルトラの父が、38話か39話で戦うらしい!!



しかもマントを羽織ってとのこと!!



エース以来の肉弾戦で戦う父さんがでるのか?!

http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10018720229.html
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/10/22(日) 17:41:08|
  2. ウルトラマンメビウス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

EP-4 闇忍者シャドー出現! 獅子丸URAGIRI状態! | ホーム | 38話 あぶない妹

コメント

■怪獣使いの老人に捧ぐ32話

うん、だめだ今のご時世に血を流すのは。(一人事)
朱川さんの今回の脚本に対する思いが書かれたブログ(?)を発見しました。やっぱこの人なら任せると思いましたよ、はい。
http://webmagazine.gentosha.co.jp/shukawaminato/vol142_shukawaminato.html

ka-by 2006-10-22 22:24:28 [コメント記入欄を表示]
■>∞ ネタバレ

>ka-byiさん
この人は、本当に心から特撮を愛しているようですねw
安心してこの回を待つことが出来そうでなによりです^^b
どういうオチをつけるのか、今から楽しみです!

優咲 2006-10-23 00:46:28 [コメント記入欄を表示]
■無題

32話は非常に楽しみです。自分の中でのベスト・オブ・ウルトラマンは「帰ってきたウルトラマン」なのです。その理由を語ると長くなってしまうので省きますが、自分の感性に合う作品が多かったのが大きいと思います。
ウルトラマンの「禁じられた言葉」や、セブンの「超兵器R1号」には今でも褪せないメッセージが込められており、そのメッセージを履き違えてしまった結果が、帰ってきたウルトラマンの「怪獣使いと少年」のような悲劇を生んでしまう気がします。
ウルトラシリーズに限りませんが、子供向けに作られた作品には少なからず「大切な事はなんであるか?」というテーマがあるように思えます。
真面目な話になってしまってすみません、長文失礼しました。

ヴァリス 2006-10-23 01:00:42 [コメント記入欄を表示]
■>メビバレ

>ヴァリスさん
俺もあの話は楽しみですー^^
帰りマンが一番好きというわけではないですが
初めてみたときのあのインパクトは尋常じゃなかったかですね。
今でも問題提起の1つとしては最たる例かと思います。
仰るとおり、禁じられた言葉・超兵器R一号のメッセージ性は高いですね。
あの話の悲劇性は群を抜いて目立ちますが
メビウスではそこにどういう救いをいれるのか、気になります。
子供向け子供向けっていうけれど、大人だってみたほうが
いいと思えるテーマを含む番組が多いですよね^^b

優咲 2006-10-23 02:38:18 [コメント記入欄を表示]
■無題

バーニングブレイブでおなかいっぱいなのに、
この盛りだくさんはすごいですね。
それにしても、タロウの次に出るって情報が父って・・・
ある意味すごすぎですよ。
ゾフィー兄さんは!?

益田クマ吉 2006-10-23 07:02:32 [コメント記入欄を表示]
■>メビバレ

>クマ吉さん
バーニングブレイブだけでもすごいですよね^^b
しかもタロウがやってきて・・・
さらに父ですって!!
全員でてきそうな勢いですねー。
兄さんの情報は影も形もorz

優咲 2006-10-24 12:23:42 [コメント記入欄を表示]
  1. 2007/12/03(月) 16:08:57 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/589-4f90ec95

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。