医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第26話 明日への飛翔

絆を大事にするメビウスとGUYSならではの演出が盛り上がりをみせてくれました。




まずはミサキの笑顔の伏線。



これが1話からずっと狙っていたものだということが驚愕の事実です。



笑顔についてはいろいろな話(演技不足うんぬん)という言葉が飛び交っていましたが



ミサキと友達であるフジサワ博士を通して謎の多かったミサキのことが語られたことで



ミサキさんの心の奥に秘めるもの、上に立つものとしての責任感が



かいま見ることが出来て、今後のミサキさんがより一層光るものだと思います。



これまでも、どんなときでもミサキさんは笑顔を絶やさず隊員たちと接していましたが



今回サコミズ隊長が負傷したことで、責任感がこれまでにないほど大きなものとなり



床上のサコミズを神妙な面持ちで見つめていたときに、不安げな表情を浮かべたのが



ミサキさんの本音のところだと思います。



現実の世界でもそうですが、こうして本人が(たとえ無意識だとしても)1人で抱え込んでしまう人の場合



それを理解してあげられる人(ここではフジサワ博士)や荷物を手分けして運んでくれる人(ここではGUYS)が



非常に心安らぐ、そして大切な存在となるわけです。



ミサキさんにとって守りたいものは、その仲間達だったのではないでしょうか。



異次元のゲートを閉じ、ベロクロンを倒したあとのミサキの笑顔は



平和を守り、そして失いたくない大切な仲間達も守れたという気持ちからの、心からの笑顔でしょう。





アライソ整備長は、登場回数が少ないにも関わらず



その重鎮さを見事に発揮していて隊長のいないGUYSの精神的支柱になりましたね。



隠れた大黒柱がクルーだけでなくフェニックスネストの整備などもがっちり支えているからこそ



見ているものにも、そこはかとない安心感を与えてくれるのがなんとも光る存在です。



無理をしているミサキの心情も汲み、かつサコミズもいたわり、クルーを叱咤する・・・



GUYSのまさに支えとなっているアライソさんがこの物語に関わることで



ドラマ部分にさらに一本の太い柱が通ったような気さえしてきます。






でもってサコミズ隊長。



回を重ねるごとにどんどん存在感が高くなってきて物語半ばにしてついにここにいたりますね。



初めこそ、寄せ集めといってはなんですが素人の集団だったGUYSの長ではあったものの



それほど他のメンバーに干渉するでもなく



リュウに至っては、隊長と呼ぶことも無くセリザワのことしか認めていなかったにも関わらず



月日がたち、ともに戦うにつれてもはやGUYSクルーにとっては無くてはならない存在になっていましたね。



初めから隊長然としてチームを率いているムラマツキャップやイルマなど、



そして途中参入の隊長や隊員(伊吹隊長が最も良い例か)とはまた一味違う隊長のあり方を魅せてくれました。



冷静沈着なだけでなくて、隊員の心情を汲んでさりげない心配りをするところや



フジサワ博士がからむと親しみやすい表情を見せるところも魅力の1つといえましょう。



新生GUYSの隊長として、ここまでクルーと一緒になって戦ってきて絆を深めてきた



GUYSのサコミズ隊長だからこそできたエピソードかもしれません。



ところで予告にあった【重傷のサコミズの身体に変化が・・・】とあったのが気になるのですが^^;



ともかくサコミズの今回の行動1つとってみても、ベロクロンの襲撃からミサキとフジサワを守るところや



意識朦朧としている中でも「GUYS・・・サリィ・・・ゴー・・・・・」と言うところ、



ケガをおしてフライトモードを起動させるなど



男としても隊長としてもカッコいい姿が盛り込まれていて、魅力的でした。



サコミズといえば、総監説が流れていますがフジサワ博士が総監の話をしたときに



ミサキとアイコンタクトをしたところや、総監代行のミサキが知っていたフライトモードのことを



一介の隊長であるサコミズも運用指揮権があったことを考えるとますます総監と思えてきますね。



ミサキの報告書が「総監」から「親愛なる総監」へと呼び方が変わったことを考えてみても



このエピソード中に、総監の好感度がミサキの中で上がったと示される部分があったので



サコミズが総監の可能性が高いと予想しますね。






超獣三部作のトリを飾るのは奇しくもエースのトップバッターだったベロクロン。



OPの影絵も非常に凝ったつくりになっていて、力の入れ具合がわかります。



今回は人間ドラマが重視されているので破壊のカタルシスが少なかったといえば少なく



またエース登場時よりも武装が減っていた(というか使わなかった?)ことがあるのですが



それを補って余りある板野氏による、ミサイルサーカスを魅せてくれました!



背中から数え切れないほどのミサイルが射出され、宙へ放たれていくさまは



まさに怪獣を超えた機械的な存在だということを如実にあらわしています。



エースのときにも、ミサイル一斉発射の案はあったらしいのですが



当時の技術ではそれを再現できなかったようで・・・だから今ついにそれを目にすることができて嬉しい限り!



ベロクロンのデータがZATに残っていたのも細かくて嬉しい限りですね。





今回のもう1つの目玉である、フェニックネストの起動ですが燃えます。



サコミズ・テッペイ・コノミのセリフといい、変形といい・・・



特捜戦隊デカレンジャーのデカベースロボを思い出してしまいましたが



空を飛んでメテオール ディメンション・ディゾルバーを発射するというシーンが




まさに主砲発射といった感じで、それを阻止するベロクロン、守るメビウスと




短い中に逆転に次ぐ逆転が込められており、ハラハラするし高揚する展開でした。



今回の小ネタはこの「ディメンション・ディゾルバー」でしょうか?



「ディゾルバー」はウルトラマングレートの必殺技で命中した相手を分解する・・・




という効果を持っていたのですが・・・ただの偶然にしてはこの単語は出てこないと思うので



おそらく狙ったことかなと思われます。







GUYSクルーの今回の戦いはもう目頭を熱くさせられました。



リュウの「思い出せ、俺たちがなんのために戦っているのかを・・・!」



そしてそれぞれのバックグラウンドを思い出す隊員たち・・・



とりわけミライの回想で「君の日々の未来に幸多からん事を・・・」というテツロウのセリフは



ミライはもう地球人としても思い出が残る日々を送れたこと



クルーGUYSの一員として、なんのために戦っているのかが明確なこと



そしてウルトラマンメビウスという地球の未来を守る存在だということを



総て包括しているようなカットだったために、感動が冷めやらぬままでした。



良い意味で、ウルトラマンが人間になっているような雰囲気すら思わせます。







今回のメビウスは、見事にGUYSをフォローしていましたね。



当方は簡単にいうとウルトラマンは、単に地球を守る存在ではなく、人類の自立を手助けする存在だと




思っているのでこういうウルトラマンの戦い方は非常に好むところです。



ベロクロンのミサイルを光の玉となって吹き飛ばし、かつ体当たりをするところは



ティガ「ウルトラの星」におけるウルトラマンのことを思い出してしまいました。



メビウスとともにGUYSがある、というよりもGUYSがあるからメビウスがある、と感じます。



この2者がお互いの守りたいものを守ろうとするから、すごい連携や力強さが実現できるのでしょう。






そして勝利のあとには、皆で隊長に駆け寄って皆で勝利を喜ぶ・・・



そして遠くから「おーい!」と手を振りながら戻ってきて、一緒に喜ぶその姿は



ミサキの本心を隠す心の機微までは読み取れなくとも



ミライはもう本当に人間として一緒にいるのが普通になってきましたね。





今回、ヤプールはほぼ完全に次元の扉を閉ざされてしまい出ることが無かったのですが



あの限りない負のエネルギーがそうそう簡単に止められるとは思えないので



いずれ後半になって復活することでしょう。





さて、次回はついにやってきた宇宙恐竜ゼットン。



予告のカットで倒れたメビウスを見下ろすゼットンのカットは



初代ウルトラマンを打ち倒したときのそれを思わせます。



ネタバレを読む限り,我が愛するヒーロー・グリッドマンを思わせるようなことがあるので



それも同時に楽しみにしていきたいところです。








昨日だけでこれだけのレビューを書きました↓



一部、やたらディープですが暇があったら読んでやってくださいw


【特撮の夜 前篇】
http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10017637667.html



【特撮の夜 後篇】
http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10017678898.html



http://ameblo.jp/crystal-hanetaro/entry-10017700860.html
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/09/30(土) 17:29:18|
  2. ウルトラマンメビウス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

Task.31 亡国の炎 | ホーム | 46話 襲撃の森

コメント

■あは、ははははorz

今回見逃しました。いつもどおりに5時半だとおもって見ていたら「キャイーン」が出ていました・・・・orz


ka-byi 2006-09-30 18:45:34 [コメント記入欄を表示]
■無題

隊長のゾフィー説と総監説・・・
どっちもおかしくない展開ですね。

でも、これは両立はしないでしょうね。
防衛基地の総監が宇宙人、これがあったらまずいですからね。

もし、隊長が総監なら、ゾフィー兄さんは
対ヤプール兵器を完成させたフジサワ博士ではないかと思います。
先週もヤプールの作戦先読みしていたし。

益田クマ吉 2006-09-30 19:30:43 [コメント記入欄を表示]
■いつもお世話になっています

まだ挨拶はしていませんでしたね。
始めまして館長と申します。
今回の話はミサキさん中心の話でしたね。
サコミズ隊長が総監の可能性が高いかも・・・
これからもよろしくお願いします。

館長 2006-09-30 20:47:07 [コメント記入欄を表示]
■はじめまして

トラバ間違えて2回送ってしまいました。
申し訳ありません。
今後とも宜しくお願い致します。



海老太郎 2006-09-30 23:32:55 [コメント記入欄を表示]
■ウルトラの星

ティガのウルトラの星、僕も好きなストーリーです、映画と同じでエンドロールがいいですね(笑)

ヤプールの怨念が、人間の科学でおさえきれるはずがないので、復活をただニヤニヤ望んでいるてれすどん2号でした(笑)

てれすどん2号 2006-10-01 00:08:25 [コメント記入欄を表示]
■…見逃しました。

お約束ですが、録画ミスりました。

あっしも見たかったです。


セタッパー(0Ⅴ0) 2006-10-01 00:10:52 [コメント記入欄を表示]
■>メビウス 26話

>ka-byiさん
それは残念でしたねー;;
でも同じような方がたくさんいたり・・・(苦笑

>クマ吉さん
隊長、絶対なにか含みがありますねw
一体何を隠しているのか!w
ゾフィーが女性に化けるというのは
これまた意外性が高いですね!
それはそれで楽しい展開になるやも?w

>館長さん
あらためてはじめましてー^^
今回のサコミズさんは主役級の活躍でしたね!
サコミズ隊長の本当の姿が気になるところですw
これからもよろしくです^^

>海老太郎さん
元ハネタローなので、はじめてじゃないですよぅーw
改めてよろしくです^^

>てれすどん2号さん
ウルトラの星は仕掛けだらけですからね!w
あれも名作中の名作!
俺もヤプールがあんなもので止まるとは思えないので
絶対なんかからんでくると思いますよねw

>セタッパーさん
これまた残念です^^;
いっぱい同志はいるようですがw
ようつべでなんとか補完を・・・w

優咲 2006-10-01 00:42:28 [コメント記入欄を表示]
■隊長~ぅ

KITAKOです~ぅ。
当方が中間管理職だからでしょうか?
★ベッドの隊長の指令に全員が「GIG」!
★「守るべきものがある!」
にジ~ンときてしまった。
ミサキさんの笑顔もテーマなんでしょうけれども、仲間をまだ信じていなかったミサキさんに彼女の「未熟」を感じてしまった・・。さすがにサコミズ隊長は信頼暑いし、部下を信頼している。
ということで今回でミサキさんもやっとGUYSの一員になったような黄がします。
アサミ博士は今回が素顔で、前回のジョージとのからみはヤプールを欺く芝居だったんでしょ?か?

KITAKO 2006-10-01 06:48:21 [コメント記入欄を表示]
■>メビウス 26話

>KITAKOさん
同じ立場だと共感するものがありますよねーw
俺もそのセリフのところは感動しました><
確かにそういうところでのミサキさんの
未熟さはあったかもしれませんねー。
しかしここまで上層部と仲の良い防衛隊もないですねw

優咲 2006-10-02 00:53:29 [コメント記入欄を表示]
  1. 2007/12/03(月) 15:18:32 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/561-df50d766

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。