医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

3話 父は天使か怪物か

「私は人間を助けるために生まれてきたのに、どうして怖がられるんだろう?」

「やっぱりお父さんっていいもんです、とてもいいもんです」


ソルブレインの存在が派出所の警官に知られてるのはともかく、ソルドーザーが知られてないとはw
ウォルターとバイクルの有名っぷりがどれだけすごかったかよくわかる。
まぁでもソルドーザーは前回作られたばっかりだしな。
でもバイクルたちにはちゃんとした父親らしい父親のメカニックの存在があったんだがなw
しかもちゃんと警部っていう役職が与えられてるんだなー。
しっかしハンドガンでビルの屋上から離れてるビルを狙撃するとか、すげぇなw
アメーバで人間を乗っ取る、しかもその顔まで同じになるとかどんだけだよw
しかもアメーバを口から出して感染させるって怖すぎんだろw
それにしてもなんでこの手のマッドサイエンティストは廃工場に研究設備をもってんだw
本当に、あの大地震があったときにレスキューポリスがいてくれたら…ゴーゴーファイブがいてくれたら…
70℃超えたら多分気道熱傷は免れられないだろうなぁ。
荒療治だったけど、こういう結末がやっぱり落ち着くわな。
いきなり出来上がっていたウインスペクターの2人と違って成長していくのがソルドーザーだったんだな。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/07/25(水) 22:09:47|
  2. 特救指令ソルブレイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

4話 夢のゲームマシン | ホーム | 3話 戦え絶望の大地

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1845-d560b1ec

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。