医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

46章 怒りの風

「ユウタ、俺たちが戦っているのはこういう小さな命を助けるためだ、そうだろ?」

「一体、第何弾まであるってんだ。
俺はてっきり一発で決まるもんだと思っていたぜ?」

「ハヤテならきっと守れるわ、こんなに小さな命でも。
ハヤテならどんな敵にも負けないし
そしてこの森へまた戻ってくる」
「なんだか本当に戦いが始まるような口ぶりだな」
「私は心配性なの、これはお守り」

「ミハル、あのとき言わなかったがお前のアースは
命を大切に思う気持ちで溢れていた…」

「お前の名前は…?!」
「バルバン、操舵士シェリンダ!」
「シェリンダ、お前は俺の大切なものを汚した…お前は俺が倒す!」
「その言葉を待っていた!行くぞ、ギンガグリーン!」


シェリンダ、ここまでプライドが高いやつだったとは思わなかったな。
ハヤテとの因縁もよく考えたらハヤテにしてみれば目の前にいたから戦うor逃げるだっただけでw
にしても終盤で個々のメンバーが際立つエピソードをいれるって珍しいけど、良い手法だな。
自分が一番愛した相手を敵に回すってのは最も心理的に嫌らしい方法だわな。
覚悟を決めてミハルを倒す流れから、ミハルがくれたお守りがバラバラになる瞬間…
そしてシェリンダへの怒りを全開にするハヤテの姿はどれも印象的。
冷静キャラが感情的になるのってすげー好きw
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/06/25(月) 23:58:06|
  2. 星獣戦隊ギンガマン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

45話 偽ライダーの末路 | ホーム | 45話 妖精の涙

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1789-b8e18660

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。