医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

牙狼 MAKAISENKI vol5 先行上映

『仙水』
『再会』
『同胞』

年をまたいでかえってきた先行上映!
またもや泣かされてかえってきました。
牙狼には前作でも小説でも、そして今回でも泣かされっぱなしです。


『仙水』

ついに登場するは邪美。
ザルヴァに流れる仙水を清めるために
鋼牙に託されたザルヴァを連れての一人旅。
前作、小説、白夜の流れを汲む邪美と鋼牙の信頼が描かれた一本です。
そして邪美の魔戒法師としての実力も存分に堪能。
仮面の法師と戦うときの体術、法術もさることながら
法師が人を守る世界についての問答で
見事に心の強さをみせてくれたのが印象的です。
戦闘ではなんといっても、鋼牙が託したものから召還されたアレ!
本来、邪美は乗らないであろうアレとのコンビネーションはすごかった!
そしてそんな激闘すらもこともなげに鋼牙のもとへかえってくる姿。
彼女の実力や精神力、法師としての誇りをかいま見えるエピソードでした。
しかしやはり仮面の男の招待は…



『再会』

続いて登場するは、白夜騎士ダン!
闇に堕ちたとされる雷鳴騎士バロンに日向をやられた怒りを槍にふるう!
かと思いきや、案の定というべきかやはり破滅の刻印が放たれており
もうすでに本来の実力を発揮できないままに…
白夜のときも、ゴルヴァが操られるなど
いまいち実力を発揮できないこの不遇さ、どうにかしてやってくれ。
そうはいっても、ワタルの処遇に関して
鋼牙と問答するシーンは今回の見所のひとつであろう。
あそこは胸が熱くなった。
特に妖赤の罠を読了していると日向がでてきたのはちょっとうれしい。
ところで雷鳴騎士バロン、四十万ワタルを演じるのは
特撮ファンには斬鬼、ガルルで知られた松田さん。
今回も、その魅力を存分に発揮してくれてます。
特に斬鬼が印象的だったから、雷鳴騎士というのは思わずにやけてしまう。
しかも鎧の色もなんだかそれっぽいから、なおさら。
牙狼&打無対バロンの騎士対決は立体を生かした奥行き、高低差のある戦闘で
これまた見応えのある一戦となっているのがすごい。
最後のシーンは、次回への布石となっているというのもいい。



『同胞』

鋼牙の魔戒騎士養成学校?時代を描いた一作。
大河がバラゴに倒される前なのか後なのか、時間軸は不明だが、文句なしに面白い!
冒頭、ホラーと対峙する鋼牙から回想が始まって…という導入。
このとき、鋼牙のいる組の先生が前回のキーマンであるワタルだったというリンク。
そして学校では、色の名前で呼ばれているため
誰が鋼牙かはわからないが、小説を読んでいるひとにはわかるという
(まぁ読んでなくても前作を知っていればわかる)伏線を拾った演出が
なんともファンの心をくすぐってくれる。
寝食、訓練をともにする4人の仲間。
投げ出したくなるときもあるけどそれでもがんばる姿を
隠れてみているワタルはまるで轟鬼をみているザンキである。
4人の子どもたちは非常によく演じており
演技もさることながら戦闘もなかなか見応えがあった。
ところで魔戒法師養成をしているところもちょこっとうつるのだが
そのなかで、騎士になりたい女の子がいたのだがあれは烈花?
これまたRRをみているとそう想起させられる仕掛けである。
つらい日々を乗り越えてワタルから言葉とお守りを授かり
安らかな一時を仲間と過ごそうとしたときに事件はおきた。
冒頭のホラーが学校を襲い、一瞬のうちに仲間たちは蹴散らされ倒されてしまった。
ワタルも鎧を召還し、応戦したが一瞬で逃げていったホラーを倒せなかった。
そして回想は終了、今鋼牙の目の前にそのホラーがいる。
鎧を召還し、かつての仲間を食らったホラーを斬り伏せる牙狼。
変身を解除した鋼牙がお守りをみるとかつての仲間たちの幻が…
この切なくも、熱い構成に俺の涙腺が決壊した。
ここまでの伏線を拾い、かつ描かれなかったところを描き
改めて魔戒騎士が背負うものの大きさを感じさせてくれており
『仙水』から始まるこの3話の流れはパズルのピースがはまったかのごとくすばらしい。

次回、21日からの先行上映がますます楽しみである。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/01/11(水) 17:21:08|
  2. 牙狼-GARO-|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

看護研究発表終了! | ホーム | 牙狼 MAKAISENKI 先行上映vol4

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1556-ee5dca9c

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。