医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

映画:時をかける少女(アニメ)

『マコト、貴方は私と違うでしょう?
待ち合わせに遅れてきたひとがいたら
走って迎えにいくのが貴方でしょう?』



『未来で、待ってる…』
『うん、走っていく…!』


もう5年も前の作品になるのですね。
通称、時かけ。
なんかの拍子にタイムリープ能力を手に入れた女の子が
それを使って未来を変えるっていうお話というだけの理解。
あと、青空に向かってジャンプしている(↓これ)
img_580580_29636819_0.jpg
という認識しかなかったのだが
まぁそれでも見たかったんだよね。

日本映画専門チャンネルで何度も何度も放送していたのに
俺が夜勤だったり、気づいたら放送終わってたりで
全然最初から見ることができなかったからようやく見られたよ。



結論からいうと、とても切なく甘酸っぱいお話でした。
多分女子的には耳すまのほうが受けるんだろうけど
タイムリープを使ったネタがSF的なのが俺的にツボ。
しかもそれを悪用するでもなく
自分の小さい欲求を満たすためだったり
後輩の恋を叶えるためだったり
友達の命を助けるためだったり
小さい、けれどどんどん大切なことのために使いだすのがよかった。

劇場アニメならではの作画レベルの高さや
音のリアルさも見ていて完成度の高さを伺わせた。


個人的にいいなぁと思ったのは
コースケが告白されたのをきっかけに
チアキからマコトへした告白を恥ずかしいのか驚いたのか
それとも今の関係を崩したくなかったのかで
タイムリープで何度もなかったことにしちゃったところ。

そしてその場所がエンディングに使われたということと
そこが初めて意識的にタイムリープして得意げになった場所っていう
演出がいろいろと深読みできてしまってよかった。

そのあと、ひとからの大切な気持ちを
安易になかったことにしてしまったことにきづいて
でももうそれはどうにも取り戻せないものになってしまって
いろいろやればやるほどたくさんの出来事が歪んでしまって
そっから、さぁどうする?
っていうのが次を期待させる展開になったな。



もし俺にこういうタイムリープ能力があったら
死んだばーちゃんの死ぬ前に
いや元気なときに戻って声を聞かせて、今の姿をみせてあげたいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/10/20(木) 01:15:49|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

主任とのゲームにて、思うこと | ホーム | 映画:電人サボーガー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1546-b7dfe792

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。