医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

映画:モンスター・マウンテン

なんとなくB級怪物映画が見たくなって見てみた映画。
やはり巨大生物モノや怪獣モノってのはたまりませんね。
ただデカいだけのジョーズやアナコンダすら見てて楽しいのはなぜ。



しかしこの映画の巨大っぷりはそんな程度ではなかった。
まるまるひと山が怪物であるという点であったりする。
巨大生物ではなく怪獣映画という表現になる。


この怪物の巻き起こす異常現象を軸に冒頭が始まり
やや冗長な感じで主人公周辺の物語が描かれる。

元軍人で今は山のガイドをしている主人公に
その主人公と相思相愛だったと思しきヒロイン。
妻の死を境に周囲からは変人扱いされる主人公の父親。
そして主人公の妹とその彼氏が主な登場人物。

はっきり言おう。
まさしくB級である。

とりあえず一番演技としていい味を出していたのは
何を隠そう主人公の親父である。

妻が死んでから運命とはなにか、神話を調べることにとりつかれ
皆が科学的な分析を行っているなか
独り、神話を元にこれから起きることを予測し
そして終盤にはその弱点まで主人公たちに伝えていたのである。
狂人と一般人の境目あたりをうろうろしている絶妙な演技はなかなか魅せられる。

さてツッコミどころを上げたい。

まず冒頭で倒れた樹木に足をはさまれて倒れるおじさんがいるのだが
倒れているうちに死亡してしまうという不可解な事件が起きる。
これは山のなかにいる怪物の出すCO2が地上90cmのところを漂っており
結果、倒れた彼は酸素がなくて死ぬという伏線になる。
この後、リスたちも死んでいるという描写もあるのだが
それだけCO2があれば正直、普通に立っているだけでも昏倒しそうなものである。
よせばいいのに、その山に主人公妹と彼氏はハイキングに行くのだが…
まぁ無事でいられるのは不思議である。
彼らをおって、主人公たちも登山するのだが
CO2が充満している山だとわかってるのに酸素マスクをもっていかないのは
迂闊というか無防備というか、予算がないのかというか…

で、この怪物が起こしたのは世界規模での地震とそれによる津波。
ちなみに日本は8の地震が襲ったらしい。
多分、マグニチュードだと思うのだがなぜかそう言われなかった。
これだけの被害が一山のなかで生まれているにも関わらず
あのアメリカ政府がなにもしないとは実に不可解である。
一応調査班も派遣されていたがCO2により全滅。
その後、別の調査する人物もやってきて主人公たちが止めるなか
強行して山入りした挙句に主人公たちの前で大けがをして
死ぬ前に武器のありかを託すというまぁ鉄板な役割を果たすのだが
もうほぼ相手は巨大怪獣だとわかっているのに
元軍人独りだけに対処を任せるとか無謀すぎやしませんか。

斬新だなと思ったのは、なにより怪獣の描写。
岩の間から瞳がギョロッとのぞくのは鉄板だとして
山から触手が生えてきて
人を襲うとかすげぇきもいw

さらにアリジゴクのように巨大な砂穴に妹の彼氏をひと飲みするという演出。
まぁその彼は、その前に彼女にプロポーズするという
死亡フラグを打ち立てていたのでなんかもう見えていた展開だったけど!w

そして数々の悲劇を生み出したのちに怪獣がついに姿を見せた。

すごく噛み砕いて説明すると、山にビオランテがのっかったみたいな…
いや花じゃなくて山バージョンのビオランテみたいな…
そういう怪物である。

これほどのモンスターに挑むチームと武器がなにかというと
主人公・ヒロイン・妹の3人とバズーカ一丁である。
軍の専用バズーカゆえ威力があるにしても
文字通り山ほどある怪獣を倒す威力があるのか疑問である。
ていうか、普通に考えてダメージ与えるかどうかすら微妙なライン。

で、ここで妹がじいさんがつぶやいていた伝承に
怪物を倒すヒントを見出して主人公に伝えたのである。
要するに口の中に弾丸をぶちこんで腹で炸裂させるという
巨大生物相手にはこれまた鉄板な方法である。

で、どうしたかというと見事に撃砕したのである。
バズーカの一撃で山ほどの巨体が爆発四散したのだから
バズーカの威力が異常に強すぎたのか
怪獣の生命力が弱かったのか
ちょっとご都合主義に走ったのかは
視聴者に委ねられるところであろうか。

正直、アメリカ版ゴジラもそうなんだが
あっちの最強兵器はミサイルなんだろうか…

本来ならまずスルーするであろう映画なのだが
B級映画を欲していた欲求は満たされた。
多分もうみることはないだろうw
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/09/01(木) 00:36:54|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

FUJISAN QUEST Ⅲ そして山頂へ | ホーム | モンスターハンターオーケストラコンサート~狩猟音楽祭2011~/狩魂は燃えているか

コメント

頭カラッポにして楽しめるのはB級ならではです。

俺はB級大好きです。映画もグルメもw
  1. 2011/09/01(木) 18:25:40 |
  2. URL |
  3. MAX #- |
  4. 編集

>MAX
頭カラッポのほうが夢詰め込めますからね!(違
B級の気楽さは本当にいいですよねw
  1. 2011/10/04(火) 00:40:32 |
  2. URL |
  3. 風月堂 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1530-e55de7f1

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。