医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

被災した方を助けるために、病院にて

地震発生から1週間が早くも経ちましたが
うちの病院にも確実に影響が出始めています。

今日の夜勤ではついにあちらの患者の受け入れをしました。


どうやら東京都は透析が必要な患者さんの受け入れをしたらしく
福島県で被災して、地域上充分な治療ができなくなった患者を
こちらで受け入れて透析をするということになったらしい。

で、今回の夜勤中に患者の受け入れをしました。

福島からうちの病院まで4時間以上はかかったでしょう。
患者さんはもちろんのことですが
ここまで救急車を運転して管理してきた
救急隊のみなさんに頭が下がります。
きっとこれからもたくさんの方を方々に案内するのでしょうし。

しかし何に驚いたって救急隊の装備っぷり。
東京と福島でそうそう装備が違うわけがないのですが
明らかに放射線避けと思われるガウンとマスクとして
放射線濃度を測るバッジをつけていました。
ニュースで見ていたことは現実なんだとまざまざと思い知った次第。

当然、被曝していればこちらの身の危険もあるわけですが
患者の受け入れを決定したのは上の人たちだし
仮にここまで避難勧告がきたところで
患者さんや他のスタッフを置いて逃げられるわけもないし
多分、このあと動向がどうあれここで働くしかないねー、と
他のスタッフとも話をしていました。

というか福島の原発があったおかげで
今までの東京の電力がまかなえていた面があるわけで
東京の電力のために今までこんな危険と隣り合わせで
過ごしていた福島の方々のことを思えば
ある意味、今こそこういう形ででも還元していきたいものです。

ともあれ、ここまできた患者さん。
本当に良かったと思います。
週3回はだいたい必要になる透析ができない現状は
非常に不安だったと思うし
そうでなくとも地震津波原発の問題があるのですから
ここまできたことで安心してほしかったです。
これでこの方たちは一安心です。

そうはいえども、被災地域が広域にわたるため
医薬品メーカーの工場が使えなくなったり
流通が鈍くなっているせいで
一部の製品の納入がいつになるかわからないため
一部の検査や治療はかなり制限がかかっています。
電気の問題もありますからね。
今はできる範囲でできることをするしか、本当にできないと思います。

こんな状況だからでしょうか、1・2ERに来院する方は激減しました。
停電の影響で出るに出られないのかもしれないし
ガソリンが使えないからあまり出ないのかもしれません。
病院に来るのは、症状が本当に耐えがたい方々ばかりになってきてます。
こういう現状を見るにつけ
本当なら病院に来なくてもいいのに受診していた人が多いことを実感します。
いわゆるコンビニ受診というやつですね。
最も、こういう状況でなくとも雨や雪が降るだけで来院者は減るんですけど。

今は、東京も非常時です。
電力や医療器材はもちろん、紙などの用品ですら消費を減らしています。
いつ予測不能の大停電になるかもわかりません。
だからこそ、本当に治療が必要な方々へ
治療の手が行き届くような状態でありたいです。
こればかりは病院だけの頑張りではどうにもなりませんがね………



こんな状況ですが、嬉しいことがありました。

昨日、俺は3ERで勤務をしていました。
そのとき俺が受け取った患者さんは今、ICUに入院しています。
この夜勤で俺がトリアージカウンターに座っていると
その患者さんの家族の方がたまたまいらっしゃいました。
俺の顔をみたら声をかけてくれました。

「昨日、私の家族を見てくれた看護師さんですよね?
妹と2人で本当にテキパキ動いてくれたね、って話してたんですよ。
よくしてくれてありがとうございます」

トリアージカウンターにいながら泣きそうになりました。
感謝の言葉をいただいたことはもちろん嬉しいのですが
それ以上に、もっと良く接することができたはずだとか
そんな風に言われるようなことはできなかったはずだとか
そういうことが頭にあったからです。
どこで勤務をしていても毎日反省することは多いです。
特に救急外来は日々状況は違いますし
来院する患者が違うので同じことに直面することはなかなかありません。
それでも未熟な自分にこう感じてくれたことが
情けないやら悔しいやら、でも嬉しいやら何やら…

地震のニュースと日々の自分と、まぁ思うところが多々ある日々です。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/03/19(土) 00:31:07|
  2. 臨床奮闘日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1・2ERの窓口、トリアージカウンター | ホーム | 地震後、初の出勤

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1507-1d3a91af

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。