医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仮面ライダーW 46話 Kが求めたもの/最後の晩餐

「お前の家族は園咲ではないわ、お前の家族は左翔太郎。
切り札は左翔太郎よ」

「でも忘れないでくれ相棒。
僕は消えない。
君の心に、悪魔と相乗りする勇気がある限り」

「そうだった…あいつが俺を相棒と呼ぶ限り
俺は折れない、そういう約束だった!」

「街を泣かせてきた諸悪の根源、園咲琉兵衛!
「「さぁ、お前の罪を数えろ!」」

「俺が操り人形…上等だ。
それで悪を砕けるのなら、人形でもなんでもかまわん!!」


テラー・ドーパント
テラードラゴンでアクセルを変身解除に追い込み、照井に大けがを負わせ
さらに掌底攻撃でダブルを大きく吹きとばして
翔太郎にテラーの精神攻撃を直撃させて精神を壊すところまで追いこんだ。
もくろんでいたガイアインパクトととは、エクストリーム化した若菜に
データであるフィリップをメインプログラムとして制御させて
地球の巫女としてガイアメモリ製造の根源とすることであった。
イーヴィルテイルは幸せだったころの家族の象徴として
来人、文音、冴子、若菜を失っていく琉兵衛が
その恐怖をごまかすために持っていたかったものであった。
若菜とフィリップの同期まではうまくいっていたが
フィリップへの思いを勇気として変身した翔太郎が
フィリップを呼び込んだためメインプログラムを失った若菜は
システムのバグを失いガイアインパクトは失敗。
激昂したテラーは再びテラードラゴンを呼び出して攻撃するが
リボルキャリーにのった照井がアクセルガンナーと合体してドラゴンを攻撃。
地上からの砲撃で反撃するがドラゴンにガンナーを半壊させられた。
その後、マシンタービュラーと合体しドラゴンと空中戦。
最後はアクセルタービュラーのマキシマムドライブによってドラゴンは倒され
テラーはダブルXに追い詰められ、マキシマムドライブによってメモリブレイク。
炎上する屋敷のなかで、幸せだった家族の思いにふけりながら
屋敷と共に琉兵衛は滅んだ模様。



一連のガイアメモリ事件は、全てガイアインパクトのデータ収集のため。
そしてそんなテラーが最後に求めたものは
今は無くしてしまった家族の幸せだった。

物語終盤において初めて全員が顔を合わせる画を作れた園咲家。
しかしそれもほどなく、壮絶な姉妹ケンカにより終了。
容赦なくRナスカを叩きのめし踏みつぶす若菜が怖い怖い。
前半のときの立場の違いを改めて考えて見ると
この構図というのは予想できてはいても
想像以上に酷で衝撃的な画じゃないかと思うわけである。

そして前回同様、結構ひどい目にあう翔太郎。
あの恐怖のどんぞこへの堕ちっぷりの演技はなかなか迫真の演技。
加えてテラードラゴンに無残にかまれまくった照井、
この衣装のずたぼろっぷりと怪我の度合いはこれまでの比ではない。

戦闘場面に限ってみて見ても相当の力の入れ込みようが伝わってくる。
ドラゴンとの空中決戦においてあのCGの違和感のなさは素晴らしい。
加えてアクセルがガンナーだけじゃなくダブルのマシンとも
合体することもできてしまうという今までなかった活用っぷりが
カッコいいうえに様になっているというだけでなく
これまたファンの脳内妄想に火をつけそうだ。

ラスボスがその居城とともに崩れさるというのは
割と定番な演出ではあるものの
炎上する屋敷のなかで舞を踊りながら果てるというのは
なんとなく織田信長の本能寺の変のようでもあり
有終の美というか滅びの美学というか
そんなものを感じさせる画になっていた。

そしてそのテラーである琉兵衛にも人の心は残っていた、という
前回のシュラウドの暴露に続いて完全な悪人にしないところに
三条脚本の妙味というか、ダブルの良さがあるのではないかと思ったり。
最も映画は未見なのでエターナルがどうなのかは知らないが。

それにしても恐怖の克服と怪我を押しての戦闘というのは
かくも燃えさせるものであるのだが
翔太郎はかけがえのない相棒のために絶対的な恐怖に立ち向かい
照井は悪を倒すためなら何にでもなるという覚悟を見せるという
実に心を燃やすにふさわしい展開とセリフ回しで熱くなる展開だった。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/08/14(土) 19:40:03|
  2. 仮面ライダーW|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

VODシステム、作動開始 | ホーム | 仮面ライダーW 45話 Kが求めたもの/悪魔のしっぽ

コメント

勇気

 勇気を出す光線技・超能力を発揮する事。
  1. 2010/08/14(土) 19:45:41 |
  2. URL |
  3. テンテン #- |
  4. 編集

今回はフィリップじゃないが本当にゾクゾクする展開でした!
もしかしたらテラーの力で恐怖心を最も煽られていたのは他ならぬ園崎琉兵衛自身だったのかもしれないですね
  1. 2010/08/15(日) 00:27:24 |
  2. URL |
  3. トーシス #- |
  4. 編集

>テンテンさん
よくわからないけど、1つあると思います。

>トーシスさん
テラーの力で知らず知らずに自分が・・・って
そう考えるとガイアメモリは結構怖いですなw
  1. 2010/08/22(日) 20:53:02 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1482-91b38028

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。