医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

許せないこと、退院した患者さんのその後って…

救命センターである以上、これは宿命といえば宿命かもしれない。
救急外来なら救命処置をして状態が安定したら集中治療室へ、
集中治療室なら治療によって病態が安定すれば一般病棟or退院or転院へ。

そしてそのあと、どうなったかは知らないうちに
次々に患者さんははいってくる。

最近、許せないこと…というか、やるせないことがあった。


一度、退院したはずの患者さんがまた病院に運ばれてきた。
そのこと自体は珍しいことでもなんでもない。

あまり詳しく書くと個人情報のなんちゃらにかかるので書けないのだが
その方は、以前うちの病院に運ばれてきて状態がよくなって
ほかの病院にうつった方であった。

ところが、今回以前に調子を悪くしたところとは別に
ものすごいひどい状態になって運ばれてきたのだ。
原因は、多分転院した先の病院にあろうことは
患者さんの状態を見れば推測できる(確証はないが)

あんなにがんばって治療してやっと治ったと思ったら
なんでこんな状態に……
たまたまその方は名前が珍しい方だったから覚えていた。
わずか数日程度しかかかわらない自分でさえ
こんなにやるせないのだから、家族の心情はいかばかりか。
想像するのも苦痛である。

今、再びあのときより辛く、長い闘病生活にはいっているが
なんとか治療が奏功することを祈るばかりである。
いや、自分は祈るだけじゃダメか。



ここにきて2年とちょっと。
いろんな患者さんに出会ってきた。
同期と話をすれば、たくさん話題がでてくる。

あのひとたちは、その家族は、今どうしてるだろう。

株で立て直すんだ、といってたあのひとは立て直せただろうか。
バイクで事故って骨折したのに
またバイクに乗るといったあの子はバイクを駆ってるだろうか。
大事なお子さんを亡くされた両親の方はお元気だろうか。
あわや脚を切断するかとまでなったのに
がんばって切断せずに歩けるまでに回復した方は
今も元気に歩いているだろうか。
結婚式を控えて脚が動かせなくなったあの方はどうしてるだろう。
脊髄損傷で首から下が動かせなくなったあのひとはどうしてるかな。

その後の人生にまで踏み込むことはできないが
その人生を立て直すお手伝いができたのであれば幸いだ。

俺たちにとって、あの場所は日常の空間だが
そうでないひとにとっては一生に何度も足を運ぶところじゃない。
思い出に残すという表現だと語弊があるかもしれないが
病院にきたことを、少しでもよく思えるようにしたいな。

これから受け持つ患者さんのためにも、がんばらねば。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/07/20(火) 22:09:22|
  2. 臨床奮闘日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

仮面ライダーW 43話 0の連鎖/老人探偵 | ホーム | 仮面ライダーW 42話 Jの迷宮/ダイヤモンドは傷ついて

コメント

お仕事お疲れ様です。

あぁ…
同じような体験をこちらもしているので、
お気持ちお察しします。
やるせないよね…

微力ながらも自分が少しでも患者さんの
力になって上げられれば…と、
日々頑張っております。
我々がその患者さんの一生のうちに関わる時間なんて
ほんのわずかですけど、それでも何か出来るはず。
退院されるときには笑顔で見送ってあげたいです。
  1. 2010/07/21(水) 00:19:39 |
  2. URL |
  3. こるくん #Q4C4yyEY |
  4. 編集

>こるくんさん
本当はもっともっと書きたいことはあるんですが
それやっちゃうとひじょーにまずいので
なんとか抑えて隠してぼかして書いてる次第w
お互いに終わりのない仕事ではありますが
一瞬一瞬を大切にしたいですよね。
  1. 2010/07/23(金) 20:14:50 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1473-4fea1289

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。