医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仮面ライダーW 35話 Rの彼方に / やがて怪物という名の雨

「よく話してくれた…」
「これは?」
「お守りだ、とてもよく効くぞ」



「嘘つき。
守ってくれるっていったけど、
全然敵わなかったじゃない!!」





ケツァルコアトルス・ドーパント
トライセラトップス以来の古代生物ドーパント。
オリジナルのガイアメモリは園咲パパが保有しているもの。
それを井坂が盗み出し、何年もの時間をかけて
恐怖によってコネクタを成長させて
リリィ白銀と同じような、過剰適合者を作ろうとしていた。
そのコネクタはまだ完成していないため
複製したメモリを井坂が投げ、刺さったオウムがケツァルコアトルスに変化。
人間を軽くさらえるほどの巨体を誇り
弾丸を飛ばして攻撃するなど模造品の割には強い能力を誇る。
しかし所詮は模造品でありアクセルガンナーに撃ち落とされると
サイクロンジョーカーエクストリームが
シールドをアクセルガンナーに乗せて射出したものにのり
チャージブレイクで一刀両断するとメモリは破壊され
オウムももとに戻ることができた。



アクセルである照井の過去話とともに
ウェザーの野心がむき出しになってきたエピソード。

井坂は何年も前から島本凪に目をつけており
強制的に恐怖でメモリコネクタを成長させるため
あえて目の前で父親を殺害し、生き延びさせるという方法をとった。
おそらくこれ以外にも何かしらの恐怖を与え続けていたというのは
想像に難くなく、冒頭の子どもを突き飛ばすところは
自分と関わることで危害が及ぶのを恐れたためだと言える。

しかしそこにおそらく期待をしていなかったであろう
救いの手が差し伸べられたことにより状況は変化。
風都で有名な仮面ライダーが2人協力してくれるというのだから
これほど心強いものはなく、彼女の心に希望の光がさしたであろう。
だが2人がかりで井坂から守ろうと奮闘するものの
超々局所的な雷雲と豪雨によりダブルもアクセルも
手も足も出ない状態にされ、再び死の恐怖を味わうことになったのだから
彼女の照井に対する失意の念はあまりにも深い。
同時に、井坂に家族を殺された自分同様の境遇でありながら
それを守りきることができなかった照井の無念さは
自分の過去を振り切るどころではなかったであろう。
言ってみれば彼女は照井自身でもあると言える。
冒頭の演出から妹である晴子と重ねていた様子もあり
照井の無念さは想像を絶するものであろう。

井坂も井坂で、確実に自分の計画を遂行している。
自分の渇きをいやすために医者になりメモリまで手にし
そのうえ他の人間にまで危害を加えるのだから
これはもう救いようのない、真性の悪人である。
最もそこには彼なりの美学のようなものも伴っており
負けていてもそうは思わせない風格と采配のため
魅力的な悪人に仕上がっていると思う。

ダブル&アクセルVSウェザーの戦いは
土砂降りの雨の中の戦いで
さらになにかしらの効果をかけたのか
豪雨のなかの戦いが鮮やかに見えるものであった。
あの空間だけ、別の時間のような印象すら受ける演出であり
良い意味で無駄に目立つ演出になっていたと思う。

しかしなんといっても今回の目玉は
複製品といえど、ケツァルコアトルスである。
オウムが一気に巨大化して
屋根を突き破って一直線に画面に向かって
急降下してきて凪をさらうところの迫力はものすごい。
さらにCGにも力が入っていて頭の周りの羽が
高速で飛行しているのに合わせてビラビラと動いていたのが
細かいところながらも臨場感あふれる映像作りに
一役も二役も買っていると思う。
またCGつながりでは、アクセルガンナーの挨拶が
あの緊迫感あふれる戦いの中で
際立つほどのお茶目っぷりを発揮していてよかった。

さて、このあとアクセルはダブルに続いてパワーアップを果たすわけだが
そのための特訓というのがオフロードトライアルというのが
なんとも仮面ライダーらしくって素晴らしいじゃないか。
そして井坂も野望を行動に移してきており
残すところ3ヶ月ほどとなったダブルも
いよいよ佳境にはいってきたか。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/05/20(木) 12:15:54|
  2. 仮面ライダーW|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ラフティング×キャニオニング×ダイビング | ホーム | 天装戦隊ゴセイジャー epic14 最強タッグ誕生!

コメント

井坂先生のこれでもか!っていうくらいの憎らしい強さと、それに対して無力な自分に憤り、さらに強くなろうとする竜の姿は、朝から燃えさせてもらいました!
トライアルの活躍に期待です!

ケツァルコアトルスをCJXが切り裂くシーンはザンバット斬でサバトを切り裂いたエンペラーフォームを思い出しました。


園咲家もテラーVSタブーがあったり、久々に日曜が待ちきれません
  1. 2010/05/20(木) 23:22:01 |
  2. URL |
  3. 嶋崎勇 #- |
  4. 編集

アクセルガンナーってあんなに可愛く動けるんですか(これ、なんていうライドロン?)。

またアクセル新フォームの配色がG3みたいです。
  1. 2010/05/21(金) 23:18:55 |
  2. URL |
  3. ココロ #- |
  4. 編集

考えてみれば「ダブル」も残り1クールとちょこっとでしたね。しかし、井坂の悪辣さはチビッ子だけじゃなく大人のヒートすらも思いっきり買ってますね

(そういう意味では「泣かないと決めた日」でヒロインにパワハラする役を演じた「ウルトラマンメビウス」のミライ役の五十嵐さんは大変だったでしょうね。余談ですが、秋野陽子さんは昔、山口百恵さんをいじめる役だったせいで、ぶらりと入った食堂のおっさんに「コラおまえ!百恵イジメるな!」と、怒鳴られたとのことです。役者さんも難儀な仕事ですね…)。

次回は解決編とアクセル新フォームの初披露ですが、次回で井坂はもちろん、照井とお別れの予感がするのは私だけでしょうか…?
  1. 2010/05/23(日) 15:30:43 |
  2. URL |
  3. KAIXA #Gunbb4dY |
  4. 編集

>嶋崎勇さん
今回の照井の心情は察するにあまりありますね。
ここまでストイックなヒーローは久しぶりなので
ついつい彼に肩入れしてしまいますねw
やはりデカ物を真っ二つに斬り裂くのはかっこいいですね。
衝撃波とかじゃなくて、しっかり剣を入れると言うのが
実にポイントが高いと思います。

>ココロさん
シュラウド製のガジェットって
どれも愛きょうたっぷりでいいですよね。
実はシュラウドって可愛いヤツなんじゃ?w

>KAIXAさん
役者も難儀といえば、特撮なら桐谷を演じた中村優一をおいて他にないでしょう。
もろもろの都合があったとはいえ
あの若さでよくあの状況でやってのけたと称賛ものです。
最も今は電王でゼロノスが大当たりしているので
そんな苦難があったことすら最近のファンは
知らないのでしょうけれども・・・
  1. 2010/05/28(金) 11:13:05 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1457-827e2418

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。