医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

天装戦隊ゴセイジャー epic10 ハイドの相棒

「いいじゃなーい、アラタのものはわたしのもの。
わたしのものは、たまーにだったらアラタのもの。」

「ところでお名前は?」
「ハイドです」
「ハイギョー?!」
「あ、ハイギョじゃなくてハイド、です」
なんという高度なおさかなジョークw

「俺がやるべきことはかたき討ちじゃない!
地球やその命を、お前のようなやつから守ること」


ルビーウ星人 5000℃のクラスニーゴ
腕や全身から発する熱気を光弾にしたり
壁につかったり回転して突撃したりと多彩な宇宙人。
デレプタが天の塔を破壊していたのと同時期に
海のほうですでに暗躍していたウォースター。
しかしこのときは同じく地上研修に降りてきていた
シーイック族のハイドとマジスと交戦。
2人を変身解除まで追い詰めるが、マジスの決死の相打ちにより海に落下した。
今回、マジスの弔いにきたハイドと偶然遭遇。
感情をむき出しにして戦ったハイドを難なく追い詰め
ゴセイジャーをまとめて吹っ飛ばすほどの力量を見せつける。
しかしおさかなくん博士との交流により
冷静さを取り戻したハイドの連続攻撃に圧倒され
ゴセイダイナミックにより倒された。
巨大化後、ゴセイグレートを熱気によって劣勢にさせるも
シーイックゴセイグレートのシーイックストライクにより倒される。



1話のなかにゲストが2人登場する珍しいエピソードでありながら
ハイドのちょっと過去話をいれるという外せないお話。

まずはマジス。
ハイドのシーイック族としての相棒だったマジスだが
演じるはかつて特捜戦隊デカレンジャーで
センちゃんことデカグリーンを演じた伊藤さん。
センちゃんも考えたり推察することで突破口を開ける
冷静キャラだっただけに、ハイドとのシーイックコンビとしては
このうえない適役というほかない。
そうはいっても本当にごくわずかな登場ではあったのが残念。
海に落ちるシーンだけで終わっていれば
今後、もしかしたら復活もありえたが引き上げられてしまったからな…

そしておさかなくん博士。
もともとキャラが完全に確立されているキャラだけに
ゲスト出演してもその素のままでキャラが立つというある意味すごい人。
髭男爵の天知博士もそのままでキャラ立ちしてるから
役者の素材をうまいこと物語に絡めてるといったところで
スタッフの手腕が上手といったところか。
天知博士の知り合いのようでエンゼルフィッシュのことについて
天知博士はエンゼルフィッシュ星雲について滔々と語り
おさかなくん博士はエンゼルフィッシュについて蘊蓄を披露。
なんとも博士らしいいろんな意味でわが道をいっていた。
今回、知ってか知らずか暴走気味のハイドに
何を考え、行動すべきか伝える大事な役割を果たすのだが
ハイドを送りだすときに「天使さん」と言ったり
アラタが「あのひとは特別」と発言するなど
なぜか短いながらも意味深シーンを連発。
アラタは直感で特別だと感じたのかもしれないが
あまりにも唐突すぎてなにがなんだかわからなかった。
もしかしたら編集でカットされたシーンに
これを裏付けるシーンがあったのかもしれない。
だとしたらそれをいれてほしかった…

珍しく感情をむき出しにしたハイド。
初戦ではものすごい力をいれて変身し、戦う流れだが
後半では通常通り、いや通常よりわずかに余裕を持った変身シーンで
そこから流れるように連続攻撃を決めていくあたり
ハイドの成長っぷりがうかがえるシーンである。
マスターヘッドは自分で気づけるようにしたかったようだが
もしかしておさかなくん博士はマスターヘッドが使わした…
と考えるのはいささか深読みだろうか。
(それだとアラタの特別発言も、天使だと知っていたのも説明できるのだが)

また2人のゲストに、ハイドの過去話に隠れがちだが
おさかなくん博士の海の環境を守るための水族館での雄弁や
海水温上昇による問題点の指摘など
環境問題にも片足をつっこんだ物語にしているのも見逃せない。
以前のエピソードでエリだかモネだか、ハイドの物まねをしたときに
「水質汚染が進んでいる…とかいつも言ってる~」というように
ハイド自身もほかの4人より環境にかかわる位置にいることが
わかっている状況でのこのエピソード。
うまく物語をひろいあげていると思われる。
こういうマクロな視点でのお話は地球を守る護星天使ならではであるから
もっとこういう特色を活かしたお話作りをしてもいいと思う。

ちなみに今回、暴走したハイドだったが
初戦でハイドに触れようとしたゴセイピンクが一番ビクッとしてたり
ハイドの包帯巻きを手伝おうとしたエリが突き放されたりと
暴走した影響を一番受けていたのはエリだったかもしれない。


次回は小さいお友達の見所はハイパーデータスで
大きいお友達の見所はモネのチアガール姿でしょうか。
モネ役のひとは健康美といった感じが強いから実に映えているね。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/04/20(火) 16:46:40|
  2. 天装戦隊ゴセイジャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

仮面ライダーW 31話 風が呼ぶB/野獣追うべし | ホーム | ねむねこ、ゲットだぜ

コメント

ちょっとアレンジしていて、本人役とはいえ、

さかなクンの演技がナチュラルでしたね。

あと、マジスのカラーがグリーンという

芸の細かさもナイスでした(笑)

追伸 

おさかなクン博士はゴセイホワイトあたりが

化けてるのではと推理しますが・・・。
  1. 2010/04/26(月) 18:24:43 |
  2. URL |
  3. KAIXA #Gunbb4dY |
  4. 編集

>KAIXAさん
さかなくんはどこにいっても
きっとあんな感じのテンションなんでしょうねw
それがいい感じにゴセイジャーの空気にマッチしてました。
あれがシンケンジャーだったら絶対耐えられない…
ゴーオンジャーなら絶対うまく絡めるはず。
マジスがグリーンは戦隊ファンのための仕掛けですね。
  1. 2010/05/03(月) 21:57:18 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1448-4a91349c

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。