医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

救命救急病院のQ&Aやあれやこれ

某匿名巨大掲示板で救急に関しての
わかりやすいQ&Aがあったのでまるまるもってきてみた。

(太字は俺の追記です)


救急病院に関する質問と回答



●なんで急患の受け入れを断るの?

・(人員・設備が足りない…などの)物理的問題で、
(裁判で「やってはいけない」とされた…などの)法的問題で、断らざるを得ない状態にあり、
 これは「受け入れ拒否」ではなく「受け入れ不能」なんです。

ガチでそうです。
病棟も早く一般病棟へ転床してもらおうと回転してるのですが間に合いません。
しかもスタッフの数が足りないのに二件同時に受け入れ要請はいったり
1件目が落ち着かないうちに2件目がいらっしゃることもあったりして現場は大変。


●なんで「専門外だから」が断る理由になるの?

・「専門外の患者を受け入れてはいけない」という司法の判例(奈良心タンポナーデ事件)があるんです。

奈良心タンポナーデ事件はそれだけでググるとヒットするくらい
救命救急の根幹を揺るがした有名な司法判例の1つです。
要約すると、運ばれてきた救急患者に対して
専門外ではあったけれど医師が全力を尽くして治療したが効なく死亡。
これを裁判では専門外でもちゃんとやれ、という
およそ人間の能力を超えるものを求める判決を下して医師側は敗訴。
つまり、きた患者が専門外で助けられなくて訴えられたら医師の人生終了。
結果、救急医療委縮につながりました。


●ベッドが無いなら、廊下で治療すればいいんじゃないの?

・「設備不十分な状態で患者を受け入れてはいけない」という司法の判例(加古川心筋梗塞事件)があるんです。

・そもそも、「ベッド」「ベッド」って言われてますけど、病院でいうところの「ベッド」は、
 心電図とか、酸素マスクとか、呼び出し用ボタンとか、それを管理する人員とか、
 それら全て「込み」ですからね。もはや「ベッド」というより「設備」と言ったほうが適当かもしれません。

この事件もまた救急医療の委縮を招いた有名な事件です。
要約すると心筋梗塞が強く疑われた患者を受け入れたら
病院に心筋梗塞を治療するための施設がなく
他の治療できる病院を探して移動しようとした際に急変。
治療のかいなく死亡したという事案。
これは原告が完勝する結末でした。
つまり100%の治療をできないなら受け入れるな、という司法の判断。
1005ではないにせよ受け入れて少しでも治療すれば
多少は変わるかもしれないんですけどね…
最も、満床状態で受け入れて患者が急変したときの怖さは恐ろしいものがありますが。


●応急処置してから、他の病院に移すのは駄目なの?

・「応急処置して他病院に転送する位なら、最初から十分な態勢のある病院に受け入れさせよ」
 という司法の判例(上に同じく、加古川心筋梗塞事件)があるんです。

●なんで、一度断った病院が、後になって受け入れるなんて事があるの?

・救命中であった患者が「落ち着く」か「亡くなる」かのどちらかで、病院側に「空き」が出来たからか、
 もしくは、非番であった医師を呼び出すなどして受け入れる状況が整ったからです。

・非番である医師を呼び出すことは非常事態で、そう何度も行うことは出来ません。スタッフが過労死します。

これは忙しいときにはしょっちゅうあります。
「もし他をあたってダメだったらまたうちにかけてくれ」と医師はいいます。
他を当たって、そっちにいければ万々歳。
もしまたきても最も忙しい時間帯を抜けていればなんとか…ならなくもない。
オンコール対応(いつ、どこで、なにをしていても病院から呼び出しがあること)の
医師は近隣から全く身動きできないと嘆いています。
旅行なんて全くいけないそうで…


●有名人や金持ちだったら嬉々として受け入れるんじゃないの?

・西村真悟議員の息子が飛び降り自殺した事件では、重度のうつ状態で
 入院の必要があるとされながらも、ベッドが無いために入院できませんでした。

・安田大サーカス隊長の安田裕己さんが精索捻転症で緊急入院した際、受け入れ態勢が無いために
 複数の病院から受け入れを断られていました。

・俳優の別所哲也さんの長女が未熟児で産まれた際、NICU(新生児特定集中治療室)が無いために
 複数の病院から受け入れを断られていました。

・もはや、コネやカネではどうにも出来ない程に、患者の受け入れが困難な状況なんです。

●ぶっちゃけ、人の命より金儲けのほうが大事なんでしょ?

・金儲けのほうが大事だったら、そもそも、不採算部門である救急なんて、最初からやりません。

・救急は、医師、看護婦、薬剤師、事務会計、あらゆる部門の人達を24時間体制で
 待機させる必要があるので人件費がかかりますし、24時間体制で機材を稼動させるために
 運営費もかかります。しかも患者が来るときと来ない時がありますから、
 患者が来なかった日にかけたコストは全て「無駄」になります。
 救急は、金儲けとは程遠い「大赤字部門」なんです。

なるべく使わないところの電気はきったり余計な物品は使わないようにしてるんですがね…
というか金がなかったら人命救助ができんわさ。


●医師が足りないなら、海外から医師を呼んだらいいんじゃない?

・本国より遥かに待遇の悪い日本に来るメリットが見当たりません。…というのも、
 実は、日本の医師の待遇は、諸外国のソレよりも遥かに悪いんです。

・外国人の立場から考えれば、「薄給で奴隷的な扱いをされる」日本なんかよりも、
 ちゃんとした人間として待遇される他の国に行った方が良いですよね、常識的に考えて。

日本では医師というと金持ちイメージなんでしょうが、とんでもない。
世界各国の医師の現状から比べると底辺級の扱いです。
しかも訴訟されたらほぼ負けるような現状で
そんな奇特なひとはいないでしょうね…
労働時間、責任能力、学習時間およびそれに費やす費用もろもろくらぶれば
日本の医師の賃金はまだ低いくらいです。

●ドクターヘリを導入したら?空からなら直通でしょ?

・ヘリを導入するにも、安全問題で飛行が制限されたり(飛行出来ない区域がある、夜間の飛行が出来ない、など)、
 ヘリポートのある(作れる)病院が少なかったり、運営コストが大きすぎる(年間およそ2億円)…など、
 色々と問題が山積みなんです…。

・あと、ドクターヘリを必要とするほどの重症患者を扱う「3次救急」自体の数が減っていることも問題の一つとなっています。

コードブルーとかではカッコよく描かれたりしてますが…
現実はそんなに簡単に運営できない事実。
迂闊に作ろうものなら病院をつぶしかねないほど莫大な費用がかかります。
単純にヘリの維持代、燃料代、ヘリポートの建設及び搬送通路の確保
それを動かす人員にフライトドクター、フライトナースの育成。
それを常時維持するための設備費人件費…
ただでさえ不採算部門の救急でこれをやるのは…英断でしょうねw


●リアルタイムでベッドの空き情報の分かるネットワーク、システムを作ったらいいんじゃない?

・いくら良いシステム、良いネットワークを作っても、医師の手術スピードが上がる訳でもなく、
 患者を診るための設備が増える訳ではないため、根本的な解決とはなり得ません。

・また、それに近いシステムが既にあるのですが、現在、病院側にそのシステムを操作するマンパワーが足りないために、
 空き情報をリアルタイムに更新出来ない…という問題が発生しています。

●救急病院が急患を受け入れられないなら、救急病院を辞めちゃえば?

・現実に次々と辞め…ていうか、潰れていってるんです…。過去5年で430件以上…。

・特に、重症患者を扱う「2次救急」、救急最後の砦である「3次救急」が減っていることが深刻な問題となっています。

・また、一つの病院が救急を撤退してしまうと、その病院が受け入れていた患者が他の病院に流れ込み、
 その病院のキャパシティをオーバーして受け入れ不能…という、
 「受け入れ不能のドミノ状態」に陥ってしまう…という危険性があります。

●1次・2次・3次って何?どれも救急病院じゃないの?

・救急病院は、患者の緊急度の度合いによって、「1次救急」「2次救急」「3次救急」…と種別されています。

・「1次救急」は、入院や手術の必要が無い患者が対象で、「2次救急」は、入院や手術が必要な患者が対象、
 「3次救急」は、1次・2次では対応できないレベルの重症患者が対象となっています。

・ここ数年、救急医療が不要なレベルの「軽症患者」が、夜間救急…特に「2次救急」「3次救急」に駆け込み、
 夜間救急がパンク状態になっている事が、深刻な問題となっています。

例:1次:風邪、インフルエンザ、軽度の胃腸炎などなど
  2次:骨折、イレウスなどなど
  3次:意識障害、骨盤骨折、心肺停止などなど
深夜の1・2次はカオスですよぉ…なんでそれで救急車使う?ってひととか
ただの酔っ払いが救急車使ってきたりとか…


●2~30件も断わられる事なんてあるの?

・大多数の救急が、マンパワー不足・キャパシティ不足のために、
 常にパンク寸前(or 本当にパンク)の状態に陥っており、
 2~30件、いや、それ以上断られる可能性は、大いにありえます。

・また、過重労働で医師が倒れる、燃え尽きて退職…などで、
 救急指定を返上する病院も出ており、今後は「受け入れ不能」状態が加速、
 最悪、「たらい回せる病院」すら無くなり立ち往生…という事態もあり得ます。

●救急病院が多い東京でも患者の受け入れが出来ないのはなぜ?

・救急病院は多いですが、それでも追いつかない程に人口が多すぎるんです。

・また、東京の周囲の他県の受け入れ状況も非常に厳しく、
 他県からの救急患者が東京に流れ込んでしまっている…という問題を抱えていたりします。
 (大阪府も同じような問題を抱えている)




さぁ、救急病院の現状はおわかりいただけたでしょうか。

本来、医療はEBM(Evidenced Based Medicine)
科学的根拠に基づいた医療で行う必要がありますが
近年のモンスターペイシェントの増加と
現状無視のモンスター判決によってJBM(Judgment-based Medicine)
判例に基づいた医療になってきてますからね…

先輩たちはよくいいます。
ちゃんと記録をかけ、記録に残せと。
それは万が一にも裁判になったときに自分を守ってくれる
最後の公的文書が記録だからです。
もちろん患者の状態を正確に記録して治療に役立ててるのが第一なんですがね。

救急の医師はよく体がもつと思います。
24時間を超えて病院で働き続け、休みかと思えば別の病院でも当直してて…
戻ってきたと思ったらまた病院にとまって…
どんなに手を尽くしても助けられない患者もいて
感謝する家族もいれば、なじったり責める家族もいるし
自殺企図の患者を治療して帰宅させたかと思ったら
日をおかずにやっぱり自殺未遂で運ばれてくるけど
それでも黙々と助けるために何度も治療して治療して…
時には患者に殴られたりもするし、蹴られたりもするし
下手すれば「訴えてやる、後ろに気をつけろ」なんて脅迫まがいの電話もかかってくるし
……本当に、振り返ってみればなんつー現場だよ、ここはw
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/03/04(木) 00:12:44|
  2. 臨床奮闘日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

天装戦隊ゴセイジャー epic4 響け、天使の歌 | ホーム | 仮面ライダーW 24話 唇にLを/嘘つきはお前だ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1426-cadb21f1

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。