医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

天装戦隊ゴセイジャー epic2 ファンタスティック・ゴセイジャー

「俺たち天使が、悪しき魂に天罰を下す!」

デカレンのジャッジメントタイム並に有無を言わせぬ口上きたこれw


グバイデレ星人 UFOのザルワック
UFOの名前を冠する通り、怪人形態とUFO形態をを持つ怪人。
UFO状態で地球に降りてきて分裂し、そのまま人間をさらっていった。
本人いわく、動物系の商売人ということで人間を連れ去って
商売のネタにしようとしていた模様。
ゴセイジャーのことは珍品として高く売る算段だった。
異常に固い頭部で光線系の攻撃をなんなくはじいていたが
固くないところにブルーの攻撃を受けて怯んだところに
ゴセイダイナミックをくらって死亡。
したかと思ったが、ビービ虫によって巨大化。
ゴセイジャーに対し圧倒的優位に立つものの
伝説のゴセイマシンが降臨。
分裂体を全て撃破され、やけくそになったところに必殺剣を受けて倒れた。



どうやらレッドとデレプタとの因縁ができたっぽい。
しかしながら、因縁という点では前作シンケンジャーが
長きにわたる志葉家当主とドウコクとのスケールのでかく
溝の深い因縁を描き切ったため
1話冒頭のやりとり(しかも特にレッドはいいとこなし…)で
あそこまでレッドを評するデレプタの発言がちょっと疑問。
もっと激しく戦って大ダメージをおわせるかなにかしていれば
まだ少し怨恨ができてもいいようなものの…
デレプタのカマを折っておくとか…
とはいえ今回、幹部連中も怪人も地球における活動が無制限だから
そのあたりをうまく使ってこれから盛り上げてほしいところ。

そしてキャラづけのためなのかもしれないが
やたらスカイック族は~、ランディック族は~、シーイック族は~と
種族間の性格の違いや思考の違いにこだわる5人。
こうまとめてカテゴライズされると逆にキャラがたたなくなるような…
個人的にはランディック族のアグリとモネが好印象。
今回の話でハイドもいい感じになった。
ていうか、結構いいとこ持って行きすぎだよなw
あれは完全に従来のレッドポジションの役目だろw
ゴセイシャークを使っての戦闘とかかっこよかった。
しかし肝心の主役であるスカイック族の2人がつかみどころなさすぎ。
ある意味、空とか雲のようで描き方として間違ってはないがw
地に足をつけてる性格のランディック族はとっつきやすいんだけどな。

そして今回衝撃の事実がレギュラー登場するロボが伝説っておい!w
まぁ確かに見習い天使たちだから普通には使えないのかもしれないけど
伝説が簡単に登場しすぎだろw
子ども受けはいいかもしれないけど、伝説って言葉が軽くなるぞ…
今後どないするねん。
多分、護星界に戻らずに人間界を守ると決めた5人の勇気に決意と
圧倒的な敵の強さの危機に反応したんだろうけど
ここナレーションあってもよかったんじゃね?
ちょっと唐突に出てきた感がいなめないw
いきなりカードが増えるのも魔法が勇気にこたえた並にあれだしw

ところでゴセイヘッダー移動中にあれこれ乗り物に憑依してたけど
あの演出はいったいなんぞ…?
一瞬、乗り物をのっとったのかと思ったけれどそうじゃないみたいだがw
あれ、憑依する乗り物で微妙に違いがでてくるようにしたら面白いと思うんだがいかがか。
スカイック族のコンビネーションとかランディック族のコンビネーションとか
なかなか描き方とそれぞれの特性が描けた個人ロボ戦は
このあたりは前作を上回る個々の特性がでてたと思われ。
そして合体なわけだけど、まさかロケットパンチにロケットキックがでるとはw
しかもリモートコントロールってだいぶすごいなw
今までにないロボ戦をみさせていただいて楽しめたw

次回は早速俺一押しのランディック族メインですね。
多分、モネのメイン回なんだろうけど
どうしても種族メイン回みたいになりがちなのは
今後の課題ではなかろうか…



今回は話が故郷群馬がロケ地にあったっぽい。
しかし一体どこでとってたんだ…w
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/02/24(水) 19:24:34|
  2. 天装戦隊ゴセイジャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

仮面ライダーW 23話 唇にLを/シンガーソングライター | ホーム | MHP2Gの日記も書こうと思った

コメント

まるで「美鳥の日々」のような元ネタ量でした。

メインライターの横手美智子先生は、

「ゲキレンジャー」で大映テレビ、香港映画、

車田正美作品のオマージュといった、

30代後半から40代前半にしかわからないネタが

印象深いですね。

「シンケン」と比較しちゃいけないのは
わかってますが、「ゴセイ」はどうも

軽い印象を受けますね・・・。
  1. 2010/02/28(日) 18:48:32 |
  2. URL |
  3. KAIXA #Gunbb4dY |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1422-716b442b

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。