医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

侍戦隊シンケンジャー 四十八幕 最後大決戦

「どうあっても、外道衆は倒す!
俺たちが負ければこの世は終わりだ。
お前たちの命、改めて預かる!」

「もとより!」
「当然でしょ」
「何度でも預けるよ」
「うちは何個でも」
「いや、一個でしょw」
「じゃあ俺たちは2人合わせてさらに倍だ!」
「持ってけ泥棒!」


ついに完全復活したドウコク。
しかし一方で数百年の未練を解き放った太夫は
未練を放ったことで、成仏することとなった。
その太夫を抱え、自らに取り込んだドウコク。

いやー、ススコダマが可愛いねw
太夫が好きだったんだねぇ。
でもドウコクに無下に踏み消されてしまったが…w

今まで騙されていたことを知って、怒り狂うドウコクの前に
ついに満を持して姫が登場!
全員の力を合わせて、時間を稼いで封印のモヂカラを放つが
太夫を取り込んで人間の体の混じったドウコクを
完全封印することはできないというどんでん返し。

流ノ介のスーパー化はともかく、千明のハイパー化がおがめるとは。
キョウリュウマル独特のしなるような攻撃がなかったのは残念だけど
一応そこまでまだ使いこなすことはできないのか
それともそれを演出してる時間がなかったのか…w
封印の文字はなにかと思えば、えらく画数の多い門構えの漢字。
あれはなんの文字だ?
閉の旧字体かなんかか?
これを最後の戦いとすべく、一致団結して臨む6人の姿は熱かった!
そしてピンチになって完全にフォローに回る丈瑠の機転もナイス。
あれだけ満身創痍でもあれだけ早くモヂカラを出せるんだもんな。
影とは言え、殿は殿!

それにしても最初は嫌味キャラとして登場した丹波だけど
今じゃすっかりコメディリリーフな存在になってるよなぁ。
もちろん姫との掛け合いがあってこそ成立するんだけど。
脚本の妙味もさることながら、役者の技量もすごいんだろうな。
嫌味を言っても、姫のツッコミがあるから安心して見られる。

そして丈瑠と薫のこのシーン。

「私より時代錯誤ではないな。
私は丹波のせいでこのとおりだ。
でも…会わなくても、1つだけわかっていた。
きっと、私と同じようにひとりぼっちだろうと。
いくら丹波や日下部がいてくれても
自分を偽れば、ひとは1人になるしかない」
「ただ…」
「ただ…?」
「それでも一緒にいてくれるものはいます」
「あの侍たちだろう。
私もここへきてわかった
自分ひとりで志波家を守り、封印までなど間違いだった。
ひとりではだめだ。」
「俺も、やっとそう思えるように…」

志葉家の光と影の当主の思いは会わなくても合致していた。
そしてそれは全て、この世を守るための思いではあったが
どうあっても1人ではどうにもならない状況。
そういうときこそ、頼れる仲間たちがいてこそ…
丈瑠は初め、誰も招集するつもりはなかった。
最初から最後までひとりで戦い抜くつもりだった。
薫も封印のモヂカラを撃つためには仲間がいなくてはできなかった。
孤独な2人の当主を支え続ける柱となったのは
やはりあのシンケンメンバーたち。
うんうん、これこそ戦隊シリーズのだいご味よ。

そして薫と丈瑠の最大にして最後の策。
それは丈瑠を養子とし、全力で外道衆をたたきつぶすこと。

「無礼者!
年上であろうと、血がつながってなかろうと、丈瑠は私の息子。
志葉家、19代目当主である!
頭が高い、一同控えろ!!」

啖呵をきった薫のこの台詞は実にしびれるねぇ。
ここまでくるのに正月からどれだけやきもきしたことか…
流ノ介たちのあの満足そうな顔、晴れやかな顔。
「やっぱりこうでなきゃな!」って感じがビンビン伝わってくる。
顔こそ見えないけれど、黒子たちも満足そうw
そしてちょろっと顔をあげて、また頭を下げることはがいいw

そしてついに完全復活した志葉家19代目当主率いるシンケンジャー。
そのまえには有象無象の外道衆たち。

次回ついに最終回…
恒例となった素面名乗りもあり実に楽しみ!
そしてやっぱり最終回の戦闘のロケ地はあそこなんですねw
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/02/05(金) 14:55:53|
  2. 侍戦隊シンケンジャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

仮面ライダーW 20話 Iが止まらない/仮面ライダーの流儀 | ホーム | 昔にもどったようなゲーム大会の日々

コメント

あの養子には驚きましたねぇ。普通なら婿なのですが、年齢的にそういうわけにはいかなかったのでしょうし、

ことはちゃんのモチベーションも下がったと思います(笑)。

さて、次回はいよいよ最終決戦。小林先生なら大丈夫ですし、最高の大団円を楽しみにしたいですね。

  1. 2010/02/05(金) 18:33:14 |
  2. URL |
  3. KAIXA #Gunbb4dY |
  4. 編集

あの最終決戦のロケ地、再びでしたね。
『相棒』でもあそこが登場しました。
  1. 2010/02/07(日) 14:14:57 |
  2. URL |
  3. ココロ #- |
  4. 編集

>KAIXAさん
ネタバレではそういう話は出てましたが
実際にこの目で見るまではなんとも信じがたい作戦ですねw
これはさすがに予想を超えていきました。
ただこれから最終回となるとやや駆け足のような気がしないでもないですね。

>ココロさん
あの場所は最早恒例になりつつありますね。
カブトで多用されてから、だいぶ有名になりましたがw
  1. 2010/02/09(火) 14:40:36 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1414-5f7fd9f1

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。