医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

侍戦隊シンケンジャー 四十四幕 志葉家十八代目当主

「バカ……!無茶を、するなっ…!」

「バカはどっちだ!じっとしてろ!!」


ヨモツガリ
シタリの呼びかけに応じてきた新年一発目のアヤカシ。
今までにない女性のアヤカシである。
登場早々に太夫に対してケンカを売ったが
腹の据わった太夫の返しに対して口をつぐんだ。
シタリから鬼火玉を預かっており
これで火のモヂカラのしみ込んだ志葉家当主を抹殺しようとした。
当主である丈瑠に対して何発も撃ちこみ変身解除にまで追い込んだが
相打ちを狙った丈瑠の反撃のモウギュウバズーカにより倒された。
巨大化後は素の力でダイカイシンケンオーを倒すほどだったが
真の当主、志葉薫の操る獅子折神からの火炎で燃やされたうえ
五角大火炎による体当たりで粉砕された。




正月モードで着物に着替える一同。
さすが和の戦隊…一番似合ってるなw
そしてかくし芸やらおせちやらで大盛り上がり。
殿への無茶ぶりがおもしれぇw

そんななか出で立ちの違う黒子から届けられる一通の書状。
一気にシリアスになる爺と殿。

一方で六文船はどうかというと
太夫もいない、ドウコクは川の底…
ひとりでさびしく酌をするシタリの悲しさといったらもう。
シンケンメンバーとは打って変わっての寂れよう。
まぁ外道の船としてはこの雰囲気のほうが似合っているが。
と思っていたら太夫登場。
ススコダマたちも喜んでお出迎え。
シタリの声も明るくなってヨモツガリが投入される。

あの手紙を読んだ爺と丈瑠の反応からして内容は
「姫が修行を終えて、そちらに向かう。
影武者としての役目、御苦労であった。
以後、姫に全権をお返しし姫に使えるよう伝えられたし」
とでもいうような内容であったのだろうか。

この話、影武者としての丈瑠と当主としての薫の心情抜きには語れない。
丈瑠は薫が修行を終えて封印のモヂカラを会得するまで
誰にも言うことのできない秘密と
そんな自分でも慕ってくれる仲間を得て
ここまでやってこれていた。
だからこそいまさら殿ではないなどということはできない。
以前の「俺は違う!」という発言は当然であるが
そもそも仲間の招集に最後まで抵抗していたのはこのためだろう。
というか番組が始まる以前までの戦いの状況、
殿自ら常に戦場に立ち続けるという状況は冷静に考えればおかしかったのだ。
先代シンケンジャーを壊滅においやったドウコクを完全に封印するために
十一幕では、志葉家の鎧をみつめながら命をかけたこの策とまで彦馬はいっている。
丈瑠は姫の鎧であり刀でもあったことを思うと感慨深いシーンである。

一方で、姫はといえばまだまだ本当に若いのに
おそらく真の切り札として外道を完全に封印するために
年頃の友だちなど作れる、また遊ぶこともできず修行に明け暮れ
今まで丈瑠が作り上げてきた関係性のうえにポンと乗っかり
当主としての役割を全うすることのつらさというのは想像するに余りある。
彦馬の「志葉家十八代目当主、それを全て飲み込んでこそ…」
というのは丈瑠はもちろんこと、薫にも通じるセリフだったのではと思う。
また劇中のことのみならず、こういう大交代劇にはリアルでの波乱がつきもので
予告やネタバレの段階で過剰に姫を拒否するようなひともいたりいなかったりで
まぁそういうのもすべて飲み込んでこそ、当主といったところでしょうか。
若干14歳なのに、いきなりとんでもない登板をしたもんである。

ともあれ伏線のちりばめ方も回収の仕方も絶妙なれば
こうした文字通りのどんでん返し的展開を知った後に
前のエピソードを見て最初とはまた違った印象を持てるという
1粒で2度おいしい作品というのはそうそう生まれない。
これはもう本当に傑作というほかない。

まぁ言いたいのはあれだ。
ちょっと小柄な体格、膨らんだ胸に下がスカート。
姫レッド万歳+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚
闇を抱えて生きてきた殿レッド好きだけどw
今回の姫も殿も、そういう生き方俺はすごく好きです。
ヒーローならではの孤高さというか孤独さ的なものが
より色濃くでてきていてものすげーイイ!



さて、このあとの関係性はどうなるのか、お楽しみといったところでしょうか。
姫レッド登場に関しては十臓もそれを見てしまっているし
今回の折神の使い方を見てもモヂカラの使い方も威力も姫のほうがうえっぽい。
そうなると今後の丈瑠の居場所ははたしてどうなるのか、とか
そもそもゴーオンとの劇場版のほうに姫でてくるんのかな、とか
そういや夏の劇場版のときの俺の感動は、とか
いろいろ出てくるんだけれどもあと数話、突っ走っていってほしいものです。

まぁ主題歌で「侍とは裏切らない一度誓った仲間のこと」と言っているので
最終回の落とし所を楽しみにしていますがね。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/01/06(水) 17:10:04|
  2. 侍戦隊シンケンジャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

仮面ライダーW 16話 Fの残光/相棒を取りもどせ | ホーム | 新年のご挨拶と去年の総括と今日の限界突破と

コメント

晴れ着は茉子ちゃんは色っぽく、ことはちゃんはかわいかったです。

いやぁ、とあるサイトでそのことを知ってはいましたが、実際に目の当たりにするとスカート履いた
シンケンレッドにはびっくりしました。

ことは役の森田さんが「EX大衆」で言っていた、

「怒涛の展開」とはこのことだったのですね。

だけど、丈瑠と彦馬さんはどうするのでしょうか?

予告では五人そろって変身してましたが、龍ノ介、
茉子ちゃん、千秋、ことはちゃんは切り替えられたのでしょうかね?あと源さんも。

さて、あと五週だというのに、いっこうに復活の兆しが見えないドウコク。まさかとは思いますが、

居並ぶ外道衆たちを前に、7人が名乗りをあげて、
爆発して「この続きは銀幕版で・・・」なんてこと考えてないでしょうね。テレ朝と東映は。
  1. 2010/01/08(金) 18:50:25 |
  2. URL |
  3. KAIXA #Gunbb4dY |
  4. 編集

>KAIXAさん
わかりませんよ、まだまださらに怒涛になるかもしれません。
全員切り替えられないままに今週の放送だったみたいですね。
まぁそうそう簡単に切り替えられても萎えますが…
十臓との決着に1話、絆の復活と決戦への準備で2話。
最終決戦で2話、充分いけます、きっと。
さすがにこれも映画でってなったらシャレになりませんw
  1. 2010/01/11(月) 22:21:01 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1400-9e8f1c18

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。