医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

侍戦隊シンケンジャー 三十四幕 親心娘心

「私、侍はやめない。
お父さんたちのことを恨んでるわけじゃないし、
後悔もしてないから…ただ、あのとき…ただ……
うああああああ!!!」


やっぱり特撮がないとね。
これ以上リアルタイムから離されるわけにはっ…!


特定のアヤカシは登場せず。

まこのバックボーンにかなり時間が割かれた回でした。
作戦らしい作戦といえばアクマロの三途の川引水計画くらい。

珍しく学校が襲われるというシチュエーション。
あぁこういう妄想を何百回しただろうなw
学校が襲われて、そこにヒーローがきて、みたいなw
あの狭い教室のなかで狭い視界ながらも
迫力ある殺陣をみせたということと
学校特有の遊具を使ったアクションが見ごたえあった。

特に千明が鉄棒にぶらさがりながら斬り払うとかなかなかのもの。



そしてまこの背景ですが、まこがへこんでいるひとに対して
執拗に母性を発揮しちゃうというのは過去の自分を投影しているようだったから
なのかもしれないなぁ、と思わされる内容が発覚。

先代シンケンピンクを母に持ったものの
母は戦いで心と体に深い傷を負っていたという事実。
今もって車いす生活であることを考えると
相当の激闘だったことがうかがえる。
丈瑠の父親も死んでいるしなぁ。
千明の父親だけは異様にぴんぴんしてたけどw

個人的には、アクマロとの戦いに向けて
絶叫ともいえる雄たけびをあげて突っ込んでいったまこの姿が
思わず鳥肌たっちゃうくらい素晴らしかった。
なんという臨場感。

そして最後の最後に、母親も登場するというサプライズ。
ぶっちゃけこれは予想していなかったw
こっちもまこと同じ気持ちで驚いたわ。

牛折神のときもそうだったけれど
こうして親子の絆が交わって強くなっていく話ってのはあたりだよなぁ。



次回はついに、折神の究極形態が!!
といっても今日にはもう放送されたけどw
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009/10/25(日) 20:20:16|
  2. 侍戦隊シンケンジャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

仮面ライダーw 7話 Cを探せ/フィリップはそれを我慢できない | ホーム | 23歳最後の朝を血まみれで迎えた

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1346-b405f5ee

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。