医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仮面ライダーW 3話 Mに手を出すな/天国への行き方

「バカと金にならないやつは相手にしない主義なんだ」
「てめぇ!バカとはなんだ!」

ダブルのイントロがかなり好きです。
そして安定した面白さを提供してくれているので
実に安定してみていられるというね。
シリアス、コミカルの割合が絶妙。
ヒロインのうざさがいい具合かどうかは微妙だがw


マネードーパント
全身金色、そして若干メタボな体型と
金好き人間を現した(俺の偏見か?w)ようなドーパント。
マネーのガイアメモリでミリオンコロッセオの加賀が変身する。
巨額の賭けを行わせて、負ければ代償に命を奪うという行為で
人間の生命力をコインにして自分の体に蓄えていた。
村雨のところに取り立てにきた際、情報を撮りにきていた翔太郎に遭遇。
追いかけられてダブルとの戦闘になるが
能力的にやや不利でありヒートパンチが炸裂する瞬間に
ガイアメモリの売人が変身したドーパントの援護射撃で
ダブルの攻撃を防いでもらったおかげで生き延びた。
その後、カジノへ連れていくバスの車上でダブルと再戦。
やはりやや不利な感じで戦いは押されるが
生命力を蓄えているライフコインをちらつかせて倒せないようにした。
だが家族などのキーワードにより異常反応を見せたフィリップのため
ダブルの行動が止まった瞬間に、反撃し逃げおおせた。



今回も安定したクォリティーで物語は進んで行った。

フィリップが家族などのキーワードで意識が飛ぶのは
過去になにかしらあるからなのは間違いないとして、
若菜に執心しているのはただのファンなのか
それとも過去映像のなかにいた妹だか姉だからなのか。
どっちにしろ、血縁関係があったほうが
ライダー的にはオッケーなのかもしれないけど
それだけややこしくドロドロになりそうなので
まぁそれはどっちでもいい。

それにしても翔太郎がいいキャラしてんなぁ。
フィリップとのコンビっぷりもまだ3回とは思えないくらい
いい感じにハマっているし、見ていて面白い。
締めるところは締めるし、ボケところはボケるしw
多分本人もキザなセリフはノリノリでいってるんだろうな…w
平成ライダーにゃ今までいないタイプの主人公だったからな。
近年は俺様とひょろいのばかりだったしw

今回の目玉はバス上での戦いですかね。
さすがに危険だからかかなり低速ではあったけどw
でもそれでも見せ場の作り方への挑戦心には拍手をしたいと思う。
場所移動があるのも自然な流れだしね。
バイクも当たり前のように登場していていい感じです。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009/09/20(日) 09:13:05|
  2. 仮面ライダーW|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

今更ながら、大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説スペシャル映像の感想 | ホーム | 侍戦隊シンケンジャー 三十幕 操学園

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/09/26(土) 04:46:56 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

>○○さん
メアドか何かがあればそこに返信いたしますが
とりあえずこちらに書かせていただきますね。
もちろん覚えておりますよb
それにしてもそんなことになっていたのですね。
全く思いもよりませんでした;;
それはもうDrの言う通りです、それで意識があるとは俺も驚きました。
普通、それだけ高かったら意識は飛びますよ。
もちろんその10日ほどの値であっても朦朧とするはずです。
そこまで悪化していたものが、それで済んだというのも驚くべきことですが・・・
でもとりあえず薬なしでコントロールできているというのであれば一安心ですね。
もちろんこれは習慣を根本から変える生き方になるので
これまでと同じように生きていくことは無理でしょう。
誰であってもこれはとてもつらいことです…
正直自分は○○さんとも、その方とも充分に接したことがありませんので
一般的なことになってしまうことをご了承ください。
(よく知っていれば個別性を出せるのですが・・・)
本人が明るいというのであれば、病気に関してこちらから触れる必要はないです。
もちろん、一緒に出かけたときに食べるものの選択には注意していただきたいですが。
あとは食べ歩き以外での趣味を見つけることですかね。
今ある趣味にさらに没頭してもいいかと思いますし
新しい何かを見つけていっても良いかと思います。
過剰に励ましたりする必要はないと思います。
それだけ仕事をがんばり、治療にも尽力されたのであれば充分がんばっています。
退院を一緒に喜び、これから何しようかと話を広げたらよいかと思います。
その病気は生活習慣病ともいわれていますが
遺伝子によって病気にかかりやすい、かかりにくいなどがあります。
だから彼の生活習慣をたしなめたりする必要はありません。
そのへんの指導は病院でしっかりしてきているはずですから
そこから逸脱しそうであれば修正する必要がありますが。
それと今後一緒にでかけるとき、きっと松葉杖では歩きにくいところが多いことに気がつくはずです。
そのときは、さりげなく道を作ったり歩きやすい道を探してあげてください。
その病気にかかるひとは普通の傷も治りにくいのです。
できる範囲で、これからも一緒に趣味などを楽しんでください。
俺に言えるのはこのくらいです;;
  1. 2009/09/26(土) 22:09:45 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1329-9cb77613

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。