医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

侍戦隊シンケンジャー 第十六幕 黒子力

「さまざまな仕事をこなす黒子だが、戦いに参加することはできない。
流ノ介、なぜだかわかるか」
「それは…
「モヂカラがないからだ。
黒子たちだって人を守るために戦いたい。
だが、外道衆相手に戦うにはモヂカラが必要だからだ。」
「黒子さんがいるから私たちは戦いに集中することができる。
私たちがいるから黒子さんはサポートに徹することができる。
「なるほどな、黒子ちゃんたちと張り合ってる場合じゃないってことか。」
「お互いに違う役割の者が張り合うことなど無意味。」
「信頼しあって、力を合わせていくことが必要ってことか。」

シンケンジャーを文字通り陰で支える黒子主役回キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

これぞ戦隊ヒーローの醍醐味といったものを見た思いだ。
最後はカブト、カジキ、トラの連続変身という見せ場が!




マリゴモリ
ダンゴムシのようなアルマジロのようなアヤカシ。
ひどく内向的な性格のようで三途の川の船に乗るのも躊躇していた。
本人いわく、初対面の相手は嫌いらしい。
背中に背負った殻は尋常な固さではなく
シンケンマルの攻撃も軽々とはじき返した。
そのまままるまって相手に体当たりをしかけるのがおもな技。
一度はシンケンジャーを追い詰めたものの
モヂカラの連携プレーで熱疲労が生じ
外殻にヒビがはいったところを虎五輪弾で貫かれた。
巨大化したときはカブト・カジキ・トラシンケンオーの
連続技でたたみかけられて最後はトラドリルで貫かれた。
自分以外不幸になればいいと常々いっていたが
最期には幸せになりたかったーと絶叫して爆死した。



いやー…もうこれは、戦隊の醍醐味ですな。
全く攻撃の通じない相手に仲間と力を合わせて倒す!
おまけにそこには黒子もしっかりはいっているとかもうね。
戦隊ものが5VS1で卑怯だ!とのたまうひとにみせてやりたいぜ。

さてさて十臓とかかわったことで心情に変化のある太夫。
どうやら2人とも生きて三途の川にはいったはぐれものらしい。
はぐれものの十臓をドウコクは嫌っているのに
太夫は近くにおいているってのは
単純に気に入ってるからなのか
それともそういう背景を知らないからなのか…気になるところ。

…一瞬、ドウコクvs十臓・太夫vsシンケンジャーの図が浮かんで
シンケンジャーの攻撃で十臓が片膝ついたとこに
ドウコクがとどめを刺そうとしたけど
それを太夫が捨て身でかばって散る、的なシーンが浮かんだ。
気のせいか。



志葉家のなかだけではなく街中で評判の黒子さん。
ゴミ拾いをしたり老人を助けたり道案内をしたり…
それはもう親切の八面六臂の大活躍。
あくまで子ども番組としてみるなら
こういう道徳的なシーンは挿入してあるととても安心してみられる。
シンケンジャーのように強くカッコよくあるのもいいが
黒子のように見えないところで、でもみんなの役に立ってるってのもいい。

丈瑠が言うように、黒子たちにはモヂカラはない。
しかしないからといって戦いに身を投じることにあきらめたりはしない。
なければないなりに、力のある人間をサポートするのが黒子の役目!
あぁこれは燃える!
なぜなら俺はどっちかというと黒子的な性格だから。
どんなに欲しても得られない力があるし
どんなに望んでも叶えられないこともある。
だけどそれならそれで自分の役割を見つけて戦うまで!
いいなぁこういう黒子の生きざま。
目立っちゃいけないけど、もっと目を向けてもいい部分。
それはシンケンジャーのみならず日常生活でもいえること。
だって絶対気づかないうちに誰かにサポートされてるもん。

戦いともなれば幕やのぼり、着替えをもって
どこであってもシンケンジャーとともに駆けつけ
アヤカシから守るべく市民の避難誘導を行い
シンケンジャーが勝った時には一緒にそれを喜ぶ!
今までも見えないところでこういうことが繰り返されてきたのだと思うと
改めて見返したくなってきたな。
どうか最終決戦で黒子たちにもまた見せ場がきますように。

さて黒子ばかりになって放置していたマリゴモリ。
序盤の黒子に対するイタズラがヒントになって
枝と岩、火炎から波への連続攻撃によって生じさせた熱疲労。
全員の力をまさにあわせないとできないこの見せ場。
これぞ戦隊ヒーローの本領発揮といっても過言ではない。
なかでも流ノ介の波の文字が今まででも最も大きく力強いのがいい。

そして巨大化してからはシンケンオーの連続変形!
これはなかなか濃密な巨大戦!
やはり戦隊はこうでなくては。
最初にレッドが殿で4人がそれに仕える侍って聞いたときは
こういう部分がどうなるのかと思っていたけど
やっぱりちゃんと演出してくれてよかった。
この話はまさしく佳作。

最後には黒子も完璧じゃなくて
たまにはドジもしちゃうってのがまたいいオチw



次回、ついに噂のシンケンゴールドが登場!
寿司職人とはまたお金のかかりそうなネタを…w
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009/06/03(水) 20:43:52|
  2. 侍戦隊シンケンジャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

仮面ライダー響…ディケイド 19話 終わる旅 | ホーム | 仮面ライダースーパー1 21話 緊急指令!ファイブ・ハンドを奪え!!

コメント

黒子さんはいつもあの姿で買い物したり人助けしてるのですね。
黒子ですけどシンケンジャーより目立ってます、きっと。

また一般市民を逃がす姿がちょっと可愛すぎでした。
あれを見るとTLTのホワイトスイーパーや地上部隊を思い出します。
それと比べると逃がし方は丁寧ですけどね。
  1. 2009/06/04(木) 03:43:12 |
  2. URL |
  3. ココロ #- |
  4. 編集

>ココロさん
そういや確かにあの衣装で普通に街にいたら
シンケンジャーよりもはるかに目立ちますねw
黒子の挙動はいちいち面白い&可愛いのですが
買い物かごから落ちた野菜を次々に受け止めるあたり
やはり並のものではない、と認識しましたw
  1. 2009/06/05(金) 14:29:52 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1256-f48b6d76

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。