医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仮面ライダーディケイド 3話 超絶

「私の笑顔のために戦って あんなに強いなら
世界中の人の笑顔のためだったら
あなたはもっと強くなれる。
私にみせて・・ユウスケ」

3話でいきなり涙腺刺激しやがって…(ノД`)・゜・。


キック&パンチホッパーとの戦いから幕を開けるディケイド。
相変わらずの地獄兄弟っぷりは健在で
ユウスケがちょっと鼻で息をしたことを笑ったと言い
ディケイドではなくクウガに襲いかかるキックホッパー。

「相棒を笑ったなぁ…?」

相変わらずやさぐるまさん、かっこよすぎるぜ。

しかし裏で糸を引くものからすれば
見当違いの相手と戦っているわけで…
どうにも扱いづらい2人組なんだろうなw
次回にでてくるカイザも相当に扱いづらいとは思うがw
地獄兄弟の消えていったオーロラにはデルタと思しき影が…

前回の顔面パンチのむくいか
なつみかんに思いっきり鼻をつままれる士。
ユウスケはユウスケであねさんに怒られる始末。
なんて若い2人だw
ちゃんとお目付け役の2人がしっかりしてるのもあっていいコンビ。

しかしあの顔面パンチは議論を巻き起こしましたね。
他にも方法あったろう、と思うのだが・・・
なかでも秀逸だなと思ったのが
「カードを投げて切り傷ちょっとでもよかったじゃん」という案。
そっちのがカードで戦うディケイドっぽいよなぁ。
でもそうするとユウスケが殴りかかった意味付けが
ちょっと希薄になる感じがあるが・・・やっぱ殴るしかなかったのか。

いくら吹き込まれてたといっても何もなければ
グロンギを倒してくれた通りすがりの仮面ライダーなわけで…
あそこでの顔面パンチがあったからこそ
ユウスケも、見てるこちらもディケイドに攻撃するのが自然に見えた効果もあったんだろう。

ゲゲルを失敗させたことを確認すると
あねさんは警察の力を集めて究極の闇のいる山へ。

それにしてもユウスケが食べていたあのポトフ、うまそうだった。
にんじんはちゃんと食べましょうw

士はもうこの世界での自分の役目は終わったと思っていたが
実は終わってはいなかった!
究極の闇であるガミオが復活するやいなや
毒ガスで警察官を襲撃したうえにグロンギ化。

おぉ…今回もなんというスーアク活躍回だろうか。

現場にいた八代は即死は免れたものの
搬送先の病院で、かなり重症な模様。
あねさんの笑顔のためだけに戦ってきたユウスケは
ここで戦うい意味を失ってしまうという展開がいい。

それにしても30分間の間に
誤解→戦闘→戦意喪失→戦意復活→共闘を描くとはすごい濃密さだ。

唯一この世界の人間ではなく戦える士はひとりで戦地へ赴いていく。
ガミオに一発で吹き飛ばされるほどの実力差があっても
それでもなお世界を救うという自分の意味だけを信じて…
今の士からそれをとったら何も残らなくなっちゃうんだろうな。

病室での八代とユウスケのやりとりがよかった。
世界観が違うから、そして数話で終る世界だからこそできる演出というべきか。
普通ならレギュラークラスの役割を担ったであろう八代を
ここで一気に戦線離脱させてユウスケの戦う意味へと変えた手法は
かなり思いきってるなぁというほかない。

そして戦いにいった士だがグロンギの仮にもンの前に
圧倒的な劣勢を強いられることとなる。
ガミオが強すぎるのか、ディケイドが弱めなのか…わからん。

さらにグロンギ化した人間にいいようにぼこぼこにされ
「ここが俺の死に場所かっ…!」と半ば死ぬ覚悟も決めていた模様。
大根だと言われているが殴られながらでも
セリフがちゃんと聞きとれたのはすごいと思う。
オンドゥルってなかったw

大ピンチの士の前に颯爽と階段を駆け下りてくるクウガ!
バイクアクションキタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!
そのままグロンギ集団を跳ね飛ばして士を助けるクウガだが
本気をだしたガミオの前に変身が解けてしまう。
一瞬グローイングフォームになったのも芸が細かい!

やっぱりクウガはバイクアクションあってこそだよなぁ。
短い間ではあるが実にいいシーンだった。

そのあとの士・ユウスケとガミオのやりとりのなかに
何度も「笑顔」というキーワードが出てくるのが
クウガファンをにやりとさせるじゃないですか。

再び戦う意思を取り戻した2人のダブル変身!
そしてファイナルフォームライド!

…す、すげぇ変形のしかた!!
「ちょっとくすぐったいぞ」
「え?」

?!( д )   ゚ ゚

背中が空いたああああ?!
そしてゴウラム化したあああああ?!
しかもそのまましゃべってるううううう?!

なんていうか、すごいなこれw

そしてその状態でガミオをはさみあげるは
さらにビルへ激突させるは
崩壊したコンクリを真っ二つに切りさくは
ゴウラム状態のクウガの活躍っぷりがすごいw

とどめはガミオをはさみこみ一気に降下させ
したで待ち受けていたディケイドのキックでガミオ轟沈。

やられる演出が究極の2人の自然発火っぽかったのも凝ってる演出だ。
ガミオと士の会話…あれは伏線だろうか。

「リント、闇が晴れるぞ…」

わずか1話のみの出演だったガミオだったけど
この散り際のセリフと士とのやりとりで
ン集団としての知性の高さや誇りや
目覚めることなく過ごすはずだったのに目覚めてしまった切なさやら
いろいろ混じり合ったものを感じさせてくれた。

そして八代のお墓参りをして決意するユウスケ。
その視線の先には青空が広がっている、
というセリフのみならず視覚効果でもクウガナイズドな見せ方をしてくれる。

今にして思えば…五代雄介は主人公としてヒーローとして
それこそ究極的に完成されすぎていたんだろうと思う。
今のユウスケの年齢で、八代という存在があったのなら
おそらくユウスケのように八代(大事な人)の笑顔のために戦いたいと思うのが
当然というか、普通の感情ではないだろうか。
五代とユウスケではベルトを手にした経緯が違うことや
ゲゲルの意味合いも全然違うから同列に語ることは当然できない。
しかしあくまでクウガである以上、同列に見てしまうことは否めない。
途中からとはいえ、自分がグロンギと同じ存在になる可能性を
もっていることが判明したのにもかかわらず
最後まで笑顔を守るために戦い続けた五代はもはや超人の精神といえる。
ユウスケのアークルがユウスケの身体能力を発達させたり
死亡しても蘇生させる能力を持っているのかは不明だが
(同じ能力があるのならば五代とユウスケのアークルの性質も同じだろうが)
もしユウスケが五代と同じように変身を重ねることで身体の変化をきたし
グロンギと同じ存在となるかもしれないとわかったら
それでも八代のために戦い続けることができただろうか。
おそらく、八代がガスで倒れるまでのユウスケにはできなかっただろう。
だがあくまで憶測だが、八代の最後の叱咤を受けて
弾けるように飛び出して行ったユウスケならきっとできたと思う。
士のいう、独りで闇に落ちても…というくだりは
オリジナルを踏襲してグロンギと同じ戦闘生物になる可能性のことを
暗に指していたのではないか…とまでいくのは深読みだろうか。
ディケイドクウガの世界の究極の闇を倒し
広がる青空に決意したとき、ユウスケは五代と並び
みんながイメージするクウガという存在になったのではないか。
完成された魅力を持つ五代と
成長していく魅力を持つユウスケ、
それはどちらもクウガとなるにふさわしい存在だったと今、思う。

すべてが片付いて写真館へ戻ると
次の世界の扉が開く…!
そして画面には噂のキバーラが!

次回からはキバの世界!
しかし見どころはやはりカイザかw



ところで今回、病院のシーンでのモブの演出が凝っていた。
八代の死亡時にドアの向こうで泣いていた親子や
一瞬だが指示をだしていなくなった医師などなど。
こうした細部にわたるこだわりはクウガの世界ならでは、か?

ところで本編の中盤あたりでグロンギ化したひとが
大量に出現して病院がパニックになったところで
おそらく看護師が「死んだ人(?聞き取れなかった)を連れてこないでください!」と
救急隊員に叫ぶシーンがあり「でもわずかに息があるんです!」という
やりとりのシーンがあったが
これはいわゆるトリアージですね。



説明しよう!
トリアージとは患者を
軽症(緑)
中等症(黄)
重症(赤)
死亡(黒)
と、一瞬で状態を判断し治療の優先順位を決める手法である!
災害時(今回のような多数の傷病者発生時)に
最大多数の人命救助のためには必須の手法だ!

ちなみに心臓が動いていても息があっても
治癒の見込みなし、あるいは手遅れであると判断され
黒タッグをつけられた場合はどのようなことがあっても治療はなされない。
助からない命に多くの時間と人員、物品を使うよりは
それをほかのひとに回してなるべく多く助けることが主眼であるからだ。

あの場合、救急隊員のほうが未熟であったといわざるを得ない。
ましてやグロンギ化しかねない可能性もはらんでいたわけで…
多分、実際にうちの病院で同じことが起きてもお断りするだろうw
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009/02/08(日) 20:32:53|
  2. 仮面ライダーディケイド|
  3. トラックバック:6|
  4. コメント:3

みんなに笑顔でいてほしいんです!見ててください… | ホーム | ウルトラギャラクシー 大怪獣バトルNEO 8話 潜入者を撃て!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/02/09(月) 01:01:41 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

上っ面の優しさはいらんです。


>しかしあの顔面パンチは議論を巻き起こしましたね。
>他にも方法あったろう、と思うのだが・・・


殴るより、切りつける方が感じ悪いのでは・・・

そんな事よりも、
『二人にしといてやれ』と言わずに
『行くぞ・・・もう用は無い。』と言ってしまう
士の不器用な優しさに涙腺が緩みました。
  1. 2009/03/06(金) 12:49:39 |
  2. URL |
  3. 邪破 #jnUNkWIE |
  4. 編集

>邪破さん
まぁどっちにしろ感じはよろしくないですねw
士はとことん不器用なままですね。
それが士らしくて、またいいんですけどw
  1. 2009/03/09(月) 18:53:16 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1164-318bc44c

仮面ライダーディケイド 第3話「超絶」

仮面ライダーディケイドの第3話を見ました。第3話 超絶「これもお前の罠か!?」「冗談じゃねえ、知らねえよ」「貴様、今相棒を笑ったな!?」突然現れたキックホッパーとパンチホッパーに襲われたものの、何とか逃げた士。その戦いにユウスケも加わったことで二人は徐々に心...
  1. 2009/02/08(日) 20:56:55 |
  2. MAGI☆の日記

仮面ライダーディケイド 第3話

仮面ライダーディケイド 第3話 「超絶」。展開がまさに超絶だと思った一本。 以下ネタバレあり。
  1. 2009/02/08(日) 21:31:21 |
  2. きゃんずぶろぐ

仮面ライダーディケイド 第3話

「超絶」 脚本:會川昇 監督:田崎竜太 アクション監督:宮崎剛 「通りすがりの仮面ライダーだ。憶えておけ!」 聖なるゲゲルを阻止した門矢士。この機に、とグロンギが発生した灯溶山に向かう八代刑事だったが、その山から黒い煙が発生。ユウスケは、八代を救いに走る...
  1. 2009/02/08(日) 23:04:33 |
  2. お萌えば遠くに来たもんだ!

仮面ライダーディケイド 第3話「超絶」

「通りすがりの仮面ライダーだ。覚えておけ!」 とりあえず地獄兄弟、生き残ってくれてよかった~… しかし鳴滝さんももうちょっと人選考えろw 冷静に考えてもうちょっと言うこと聞きそうなヤツ選ぶべきだろうww …うん、某赤い銃使いくらいしか思い浮かばないけ...
  1. 2009/02/09(月) 01:54:55 |
  2. 超特撮艦隊3バるカんX~GOLD LUSH~

みんなの笑顔のために…クウガ界卒業

仮面ライダーディケイドライダーたいせんをかちぬけ! (講談社シール101絵本 163)講談社このアイテムの詳細を見る  「仮面ライダーディケイド」第3話『超絶』のあらすじは公式サイトでご確認ください。     まずは、地獄兄弟ですよ!「貴様…今、相棒を笑ったな!」ん...
  1. 2009/02/09(月) 06:15:47 |
  2. ガヴァドンなボログ

仮面ライダーディケイド 第3話「超絶」

 いやもーなんつーかアンタらズルイよ!!(轟沈)  なんつーか、あの、なぁ?きっとこれは、多少なりとも原典のクウガを囓っていればこ...
  1. 2009/02/09(月) 23:37:48 |
  2. Old Dancer\'s BLOG

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。