医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO 2話 レイオニクスバトル

円谷のネットサービスが尋常ではないw

レビューが追いつかないじゃないか!
と嬉しい悲鳴をあげつつ2話。


彗星怪獣:ドラコ

初出はウルトラマン「怪彗星ツイフォン」
彗星自体を乗り物として地球に飛来した怪獣。
本編では、アルプス山中に降り立ってギガスと戦闘。
さらに現れたレッドキングが地球怪獣の意地を見せろと言わんばかりに
ギガスを叱咤していた姿が印象的。
鳴き声もいいが、なんといっても素敵なのは
昆虫のようにあの透明な翼であろう!まぁむしられてしまったわけですが(´・ω・`)
その後、ジェロニモンによって復活させられた再生ドラコも登場。
こちらは手が鎌でもなければ羽もついてないという
およそドラコのアイデンティティを失った形での復活。
…ちゃんと復活させてあげてください。
今回は、不時着したゴースタードラゴンを狙うかのように飛来。
エレキングと戦うことになり、やや優勢に戦いをすすめたものの
ボスが突貫工事で直したワイバーンミサイルの攻撃を受け
そこからエレキングの反撃をもろに受けた。
そして…あぁ、やっぱりむしられるんですね…
もうお約束だな(´・ω・`)

宇宙怪獣:エレキング
前作では最も遅く仲間になったためあまり出番はなかったが
今回は早速2話目にして登場。
オープニングにもあった側転からの水平チョップという
尋常ならざるアクロバティックさを身につけた彼に
度肝を抜かれたひとはおおいのではなかろーか。
かくいう自分もその一人。
アンテナ回転のギミックを残しつつあの長い尻尾で
あそこまで動けるものなのか?!
…スーツ造詣もさることながら、SAさんの力もすさまじい。
ドラコにやや押され気味だったがワイバーンミサイルの援護を受け
そこから一気に逆転へと持ち込んで行く。
飛び去るドラコを素早く捕まえて地面にたたきつけ
さらに翼をむしりとるというコンボ。
そして電撃光線でフィニッシュ。

今回援護があったときに一瞬レイの顔が曇ったのは
その後の布石であったというのは
なかなか印象的なシーンであったと思う。

集団宇宙人:フック星人(RB)
初出はウルトラセブン「あなたはだぁれ?」
夜な夜なマンションを自分の仲間と入れ替えて
徐々に地球侵略を図ろうとした宇宙人。
なかなか怖い印象があったが
今見ると結構愛嬌がある顔じゃないか。
集団戦法でセブンをかく乱して戦っていたが
今回はレイオニクスバトルゆえ1人で戦うことに。
しかも負けるやいなや、足早に逃げ出したうえに
レイに捕まるや何度も殴られるという憂き目にあう。
レイオニクスとしての強さは怪獣がメインであろうが
こう直接対決にもってこられたときもある程度強さは必要なのかもしれん。
レイたちに惑星ハマーの情報を伝えるだけ伝えて消えていった。
アトラクなどでも常連の宇宙人。

ペダン星人:ダイル
演じるはネクサスでダークザギの正体であったり
メビウスではヒルカワとしてヒールを好演した加藤氏。
この2つのキャラクターが強すぎて
もはや平成ウルトラシリーズのなかでも屈指の悪役俳優であろう。
前回、拘束されたもののスピーダーをつかって脱出し
宇宙ドックまで逃げ込んでペンドラゴンを強制的に改造した。
強化はするが土台が地球製では限界があるがな、と
思いっきり上から目線で見下す感じが素敵w
オキの言うように、素体もヒューマノイドだったことに驚き。
しかしながら
「ペダン星と地球は、昔から信頼関係を築けないようだな」と
このセリフがいい味出してるじゃないかw
そして語られるペダン星の未来。
地球時間で50年後にレイオニクスによってペダン星は壊滅。
それを防ぐためにレイオニクスハンターとして送り込まれてきたという。
あれ、それなんて超星艦隊…

宇宙大怪獣:べムスター
帰ってきたウルトラマン「ウルトラセブン参上!」に登場。
ウルトラマンを退けるほどの強い力をもち
なんでも吸収する腹部と星型の体型が持ち味の宇宙怪獣。
ウルトラブレスレット登場の立役者でもある。
その後も、ナックル星人によって再生べムスターとして登場したり
タロウにもヤプールによって改造された改造べムスターがでたり
とんでメビウスでも登場、ヒカリサーガにも登場。
ウルトラマンSTORY0では星を食べるほど巨大な種類も登場。
もちろんゲームにも参戦しているとかく人気者。
なかでもメビウスでみせた、おなかこんこんは萌えるもの続出。
ゲーム内でも可愛いしぐさをみせたりもする。
恐るべし宇宙大怪獣。
オキが思わず嬉しそうに「べムスターだ!」といってしまうのもわかる。
最近の映像技術のおかげで宇宙怪獣らしく
空中や宇宙での高速戦闘が描かれており、実に楽しくみられる。
今回はボリスの生き残りなのか、野良怪獣だったのか
改造を終えたばかりのペンドラゴンの前に登場。
装備が超絶強化されたペンドラゴンの攻撃を受けた。
対アステロイド砲ってことは、おそらく小惑星地帯をゴリ押しで
進むための装備なんだろうけれどももはや必殺兵器クラスである。
手負いになったため鳴きながら小惑星の影に隠れたが
ダイルが取り付けたペダニウムランチャーの一撃で
小惑星ごと粉砕された模様。
エネルギー吸収しきれなかったのか、
腹部以外に攻撃を受けたのか
最初の攻撃で吸収器官が壊れたのかはなぞ。

ところでペンドラゴンの攻撃演出で
あちこちがガチャガチャとギミックありで動きまくるのがすごく好きですw

帰ってきたゴメス
ボスのもとから離れたレイのところに再びゴメス登場。
って、なんでそのままリトラを戦わせないのだ!
確かにゴモラのほうが戦いやすいんだろうけれども…
ここが残念きわまる(´・ω・`)
まぁ途中参戦したけどさ。
ゴモラ相手にいい勝負をしてたけれども
リトラの不意打ちでひるんだところをゴモラのランニングラリアット。
そして超振動波にて撃沈してしまう。
1話で劣勢とみるや引き揚げさせられたり
今のゴモラとタイマンでは互角に戦ったり
結構大切に育てられてきたんじゃなかろうか。

古代怪獣:ゴモラ
どんどん技にレパートリーが加わっていくゴモラ。
あのラリアットはかなり強烈なものだったと思うw
ボリスは野良怪獣が多かったのでなんとかなっていたが
ハマーでは相手もレイオニクスであるため
早くも簡単に勝てなくはなってきている。
次回に期待。

ガッツ星人(RB)初出はウルトラセブンのセブン暗殺計画。
一度はセブンを完全に倒したことで
なかなか有名な宇宙人。
ウルトラファイトで泥臭い戦いを演じたり
メビウスではリニューアルしてウルトラ兄弟を追い詰めたり
いろいろなんでもこなす。
しかしゴメスとはまた通な怪獣を使うレイオニクスである。
ゴメスが劣勢になると
「ゴメスがああああ」といったり
やられたら
「ばかなあああ、俺のゴメスがあああ」などと
怪獣の心配をしてるあたり
愛嬌のあるレイオニクスだなぁと思う。

大怪獣バトルファイル今日はドラコ。
説明が始まりそうだとみるや
早速締めにはいるクマさんが素敵w
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/12/27(土) 14:01:15|
  2. ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO 3話 大暴走!レイオニックバースト | ホーム | 本当にサンタがやってキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1151-03e3f6a1

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO 2話&3話

最近の円谷のネット配信優遇っぷりは異常w 年末構成で特撮がお休みになりやすい時期だけに、これは嬉しい悲鳴が出ちゃうねw #2「レイオニクスバトル」 「ペダン星と地球は、昔から信頼関係を築けないようだな」 ダイルは50年後、レイオニクスのために滅んでし?...
  1. 2008/12/28(日) 05:04:15 |
  2. 超特撮艦隊3バるカんX~GOLD LUSH~

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。