医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

何も言わず聞かず、とりあえず泣かせてほしい

ここまで寒くなってるのに夜に雨が降ったら
窓を全開にして雨音を聴きつつ
なければヒーリングミュージックを流して
部屋を真っ暗にして布団にくるまってるとかねw
これで俺は癒されてるんだけど
はたから見たら病んでるんだろうな…w


なんかモチベーションがあがりません(´・ω・`)

今日とか、仕事に行きたくなくて行きたくなくてしょうがなかった…

当然そんな状態でいけばミスをします。
記録の書き間違いに始まり
やるべきチェックを忘れ
ダブルチェックをしようと思ったアンプルを落として割り…

それでも全然頭はしっかりせず…
どうにも頭と体のキレがよろしくない。
もうずっと休めたらどんなにいいだろう、とか考えてしまう。

おかしいな、今までそう思うことはあっても
ここまで強くはなかったはずなのに…



でもさすがに今日、先輩に言われた一言がキツかった。
「よくそれで(患者を)もてるね」

症例としては珍しくはないけれど
少し対応を誤ればどれだけ悪化してもおかしくない人。
俺のせいで人生を狂わせてしまいかねない。
もちろん全く知らなかったわけじゃない。
かといって完璧にできると思っていたわけでもない。
ただ、全然知識も技術も
その症例を持つにいたってなかったというだけの話。

悔しいやら情けないやら辛いやらなにやら。

俺はなにをしてるんだろう。
俺のやったことで容体が悪化するくらいなら
まだいないほうがマシじゃないのか…

怖い。
本当に怖い。
今更だけど、本当に怖い。

泣きたいのは、この怖さがあるから。
情けないから、悔しいから、辛いから…

いくら勉強しても追いつかないし、覚えられない。
それでも知らない機器を身につけている人や
まだみてない症例の人は次々にはいってくる。
同じ症例でも症状やキャラクターはもちろん違う。
今の俺じゃ、全然おいつかない。



だけどどんどんスタッフは辞めていく。
冬場にはいり、患者は増えていく。
やるしかないのか…



Give a reazonのこの歌詞が頭をかけめぐる。

傷つく事は恐くない
だけどけして強くない
ただ、何もしないままで
悔やんだりはしたくない
Here we go! go! 走り続ける
誰にも止められはしない
未来の自分へと Give a reason for life
届けたい

もっと強くイメージして
微笑んでる自分を…
信じてる思い、それが
何よりも 誰よりも 夢に近づく

ゴールにもたれたりしない
たとえ、辿り着いたって
新しい夢がきっと 私の背中押すから
Here we go! go! 走り続ける
誰にも止められはしない
未来の自分へと Give a reason for life
届けたい





これじゃだめだと頭はわかってる。
だけど勉強するために体が動かない。
どうしたんだろうなぁ(´-ω-)=3

とりあえず今の俺を支えてる音楽。



いや、あんたこれはカッコよすぎでしょ…
音楽が神なうえにアレンジまで神がかりすぎ。
涙腺決壊するわ。



トライアングラー→星間飛行→射手座~
の流れが最高すぎ。

あぁ、癒される。
こんなことを言えるんだから、まだ大丈夫なんだろうか(´・ω・`)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/11/28(金) 00:24:07|
  2. 日々の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

覚悟をもて、恥をすてろ…そしてどうなるかは知らん | ホーム | ECO 未来の転職記

コメント

どんどん愚痴って

溜め込むとだめですよ。どんどん吐き出して。
ゆっくり休める時間があるといいですね。
みんな失敗して成長していくんです。
よいほうに考えましょう。
うつ病で休職しているオレの言葉では説得力ありませんが(笑
  1. 2008/11/28(金) 08:09:41 |
  2. URL |
  3. いかちょー #- |
  4. 編集

切実ですね…そのお気持ちは、非常に分からなくもないのですが、いかんせんそちらの仕事が仕事だけに変に適当なことも言えないですね。
ただ、例え自分が担当の患者さんがいるとしても絶対に、自分だけが責めを負うべきとは考えないほうがいいのですよ。
どれだけ、自分だけに任された仕事があってそれに失敗してしまったとしてもですね、それは自分だけのせいでは決してないんですよ。その人の不調や悩みを気づかってやれなかった同期や先輩にも責任がありますし、極論を言えば自分をその仕事に採用した上の判断が間違っていたって事にもなります。
凄く無責任なことをいっているようにも思えるかもしれないですが、そんなことはないと思うんです。一人きりでそんな仕事なんて出来るわけがないんですもの。何のために“職場”というものが存在するんですか、という感じです。
スラムダンクのミッチーみたいなもんですよ。仲間がちゃんとオフェンスリバウンドとってくれると信じているから、安心して3Pシュート打てるみたいな(この例えは違うか?)
とりあえず、未来を信じてみてください。この混沌と変化を好む自然世界、同じような毎日が続くってことは絶対無いんですから。すみません、結局適当なこと言っちゃって。
  1. 2008/11/29(土) 18:29:35 |
  2. URL |
  3. ファイリオル #- |
  4. 編集

>いかちょーさん
よくも悪くも立ち止っている時間がないですからね…
どちらかといえば俺はため込んでしまうほうなので
こうしてはけ口があるだけでもいいほうかもしれません。
生きるのって、しんどいですよねー。

>ファイリオルさん
ありがとうございます、こんな弱音はきまくりな記事に
そんなに丁寧にコメントしてくださって…
現実はヒーローのように強くはあれません。
だけど、そうあるように努力することはできるので
そこだけはあきらめたくないですね。
ゆっくり休んで、いっぱい働いて
それ以上に楽しんで生きることができれば幸いですね。
今以上に誇りと自信を持てるようにがんばろうと思います。
  1. 2008/12/01(月) 01:25:45 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

仕事で人の命にかかわることをするのは怖いですよね。
以前、養護学校に勤めていたのでその辺はわかります。
一年目だからうまくいかないことも多くあるかもしれません。
でも、優咲さんを待っている患者さんもたくさんいるはずです。
今は大変でも、いつかきっと報われます。
だから頑張ってください。

あと、先輩からの受け売りですが、その仕事に向いている人は長く続けられる人だそうです。
だから、途中で辞めた人に比べて優咲さんは看護師の仕事に向いているはずです。
それだけは自信を持って頑張ってください。
  1. 2008/12/01(月) 14:01:25 |
  2. URL |
  3. 益田クマ吉 #6x2ZnSGE |
  4. 編集

>クマ吉さn
本当に怖いものです…
とはいえ1年目であっても患者や家族からみれば
俺は看護師というプロなわけですから
それを理由に甘えるわけにはいきません。
少しばかり辛い日々が続きますが、負けませんw
その言葉いいですね、覚えておきますb
  1. 2008/12/04(木) 00:03:39 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

勇気ある誓いとともに
  1. 2008/12/07(日) 15:44:17 |
  2. URL |
  3. 空雅 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1140-936aad6f

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。