医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

乗り越える夜勤

「センターの夜勤は久々だけど…大丈夫かな(´・ω・`)」

まぁ、なんとかなるだろ( ゚Д゚)y─┛~~

…ならなかった。


「俺の担当は…この人かー…」

(´・ω・`)…

(⊃Д⊂)ゴシゴシ

シリンジポンプ4つ…(゚∀゚lll)

しかもまた初めての手技あるのかぁ~~~?!
ていうか、なんだよこの指示の多さは!!
空白の時間がねーじゃねーか…
しかしだ。
まぁこれだけ指示があったって、この人だけならなんとかなるな。
ちょっとキツいけどなんとかやってみよう(´ω`)



「優咲くん?」
「なんでしょう?」
「これから入室がくるけど、とれる?」
「ちょ…ま…工工エエエエェェェェェ(゚Д゚)ェェェェエエエエ工工 」

夜勤はじまってからものの数分もたってないのにー?!
っていうか、なにがくるんだよ。
心筋梗塞か?脳梗塞か?交通外傷か?
それ次第で変わるけど、どっちにしても俺のキャパ超える。

科学特捜隊がマグラー単体なら相手にできるけど
同時にレッドキングまでは相手にできないようなもん。
これでまかり間違ってできる、などと勘違いした日には
間違いなくミスが発生する可能性が高くなる。
だから正直にいったさ、自分の無力さを呪いつつ。

「ちょ…自分、無理っす!」
「えー、なんで?」
「だってこの人、重症だかr」
「指示は多いけど全然重症じゃないよ?(´・ω・`)」
「さいですか(゚∀゚lll)」
「やってくれないと困るんだけどなぁ…」
「やります、がんばります(゚∀゚lll)」
「じゃあよろしく!」
「(…かつてないほど大変な夜勤になりそうだorz)」
「あ、どうしてもうまくケアが回らなかったら言ってね」
「(神の声だっ!)(*´ω`)ノ ハィ 」

ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン

(`・ω・´)キッ
やってやる、やってやるぞ!
受け持ち患者2人くらい俺が回してやるっ!
HCUでの経験は伊達じゃないっ!

えぇと、この時間にはこの薬剤を投与して…
あぁ!点滴の滴下がとまってるぅorz
あ、人工呼吸器のアラームが鳴った、なんでなったんだ。
って、こっちの人、泡吹いてるよう。゜(゜´Д`゜)゜。ウァァァン
吸引して口んなかきれいにしたら
挿管チューブをまた固定しなおしだー!
なんてやってるうちに薬の時間がちょっと遅れたー!
そしてアラームうっせええええええ!!
鳴ってんのはわかってるんだから静かにしてくれえええええ!!
俺を、呼ぶなあああああ!
(この時点で半泣き&半狂乱w)
やっべー、まだ記録も終わってね…いいや、朝で。
あー、血糖測定もだっけか…先輩に頼も…
まだ入室のときの書類まとまってねぇし…朝にしよ
つかなんで出血してんだ…着替え着替え…
おぉう、こちらの人は排便、陰部洗浄せねば…

…そういえば、俺はなにをするんだったっけ(゚ω゚)…

…こんな感じで実際、まわってねーよorz
ていうか、物理的に無理だろ( ゚Д゚)y─┛~~
結局、運ばれてきた人の原因は不明のままとかもうね。


もともとの受け持ちの人はめっちゃ指示が多いし
入室してきた人は指示はほとんどなかったけど
泡吹いて、10分に一回は吸引で除去して
しかも口から出血してて常に観察してで離れられないし…

今日のことで人間って、本当に泡をふくんだとマジで知った。
なんだよあれ…めっちゃビビったっつーの(((( ;゚Д゚)))
あぁもうわけわからんorz

今日を無事に乗り越えられたのは先輩のおかげ。
先輩たちがいなかったらどれだけのことができなかったか…
あらかじめケアがまわりそうにないのを言ってたのがよかったんだな。
先輩たちがかわるがわる様子を見に来てくれたし。

よく、ミスしないでやりきったなぁと思う、マジで。
自分でもミスを起こすリスクが高いと思ってたのがよかったんかな。
やり残しの仕事はない、はず。
終わった時には完全にグロッキーだったけどさw



終わった後
「入室がとれないとかいうからどうしようかと思ったよ」
「すいませんorz」
「これからはこういうのもやってくんだから頼むよ?」
「次からはスパッととります!w」
「それでよろしくb」

あぁ、こうやって仕事を覚えてこなしてくんだろうなぁ。
それにしてもハンパない夜勤だった…
誰も一番受け持ちたくないところだったらしいからなぁw

そのあとは同じ夜勤だった同期と回転寿司へ。
愚痴やらこれからの遊びの話やらしてたらいつの間にか夕方に。
すげーいい気分転換になった。
やっぱこういうのがないとやってられんわいなーw
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/09/06(土) 23:27:59|
  2. 臨床奮闘日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

爆裂的に防災訓練せよ! | ホーム | 復帰する救命センター

コメント

お疲れ様でした

読むだけでも大変そうで、頭が下がります。
優咲さんのような方がいらっしゃるから、安心して入院できるんですね。本当にありがとうございます。
頑張って、という言葉は言っちゃ行けないのかもしれませんが、がんばってください。
陰ながら応援してます。
  1. 2008/09/06(土) 23:44:42 |
  2. URL |
  3. いかちょー #- |
  4. 編集

>いかちょーさん
応援ありがとうございます。
これからも患者さんが安心して…というのも変ですが
治療をゆっくり安らかに受けられるように精進したいものです。
今は自分がいなくても代わりの人はいっぱいいますが
いずれは俺じゃなきゃだめ!みたいな仕事をしてみたいもんですw
  1. 2008/09/08(月) 00:03:45 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1103-33895f10

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。