医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大決戦!超ウルトラ8兄弟 先行試写会にいってきた

早くこの日がきてほしかったような
まだまだ楽しみを楽しみのままにしておきたかったような
そんな複雑な心境で今日という日を迎えました。


なんだか朝から落ち着かず(試写会は夜)
掃除したり洗い物したり布団を干したり…

午後は秋葉原に用事があったので早めに出発。
用事を済ませてから前回はいきそびれてしまった
仮面ライダー響鬼にでてくるたちばなのロケ地である竹むらへ。
内装がちょっと違うだけで造りはほとんど一緒であることに感動。
落ち着くためにここに入ったのだが余計に興奮してしまったw
普通のときにきたら絶対落ち着くだろうな、ここ。

と名残惜しくもここいらで試写会場へ出発。



…まぁ俺の日常なんてどうでもいいよね(´・ω・`)




受付時間のはるか1時間前に会場へ到着すると
俺より先に来ている人が1名。
待つにはちょっと時間があるし、なにしろ暑い。
スタッフの方々もあまり姿が見えず待つメリット無しと判断し
まだ時間はあるし知人がくることは知っていたので一時離脱。
少し離れて買い物から戻ると5人ほどの列に。
ここらで俺もと並び始める。

並んでいるとずんずん列は伸びていき、20名ほどの列になったか。
こういうときに近くにいる人と話しかけたりして
交流が深まっていくというのは実に嬉しいものだ。
どうやら知らぬうちに同じ機会にエキストラに出演していた子と
今回、初めて知り合うことができた。
ぜひともTFCの掲示板にも書きこんで欲しいものだと伝えたw

客層はやはり男性1名が多い。
女性の姿もちらほら。
家族づれも数組といったところ。
今日の参加者は50名ほどだろうか。
近所は都心から果ては長崎という猛者まで飛び出す試写会場。
挨拶にきた鈴木プロデューサーもびっくり。
鈴木プロデューサーの挨拶でこの映画にかける気持ちが伝わってきた。

TFCを通じ知り合った方々としゃべっているとやがて開幕へ。
あぁ、ついにこのときがやってきた。
この97分が終わってしまえばもう今年の俺に悔いはない。



こんな素晴らしい機会を与えてくれ
奇跡のような映画に仕上げてくれたスタッフの方々へ
迷惑をかけるわけにはもちろんいかないので
ネタばれはもちろん無し。
でも見どころとか、ファーストインプレッションは伝えたい!!



序盤からおぉっ!!と思うシーンが連発。
子どものころ憧れ、楽しみにしていたウルトラマンに思いをはせられよう。
ナレーションからキャスティング、演出にいたるまで
ウルトラの小ネタが満載でファンをニヤリとさせる。

物語が始まり、転がり始めるとさらにテンションはあがっていく。
感動や期待のなかにもユーモアを忘れないシーンがここにある。
ミライとD4、なかでも郷秀樹との絡みは必見である。
ここを見るためだけでも劇場に足を運ぶ価値が、俺はあると思う。
会場では声をあげて笑いがおきたくらいだ。
もちろん俺もこらえきれずに笑ってしまった1人だ。

さて今回は特撮・CGともに特に気合いがはいっている。
ミニチュアセットの精巧さは前作を超えているかもしれない。
CGのクォリティーに至ってははるかに超えている。
夜の横浜市街のセットは美麗というほかなく
実景合成の巧みさとCG技術の進歩が合わさって
クライマックスの戦闘シーンは実に見ごたえがある。
またウルトラマンも防衛隊もいない
極めて現実に近いこの世界で活躍するのは
ウルトラのゆかりにあるもちろんアレ。
アレもばっちりカッコいいので必見。

テーマは一貫していてブレることなく物語は進んでいく。
テーマ的には前回の映画とセットになっているのかもしれない。
俺はそう思った。
それにしてもここの芯の通り方は実にしっかりしている。
それでいて各人に見せ場が設けられているのだから
このお祭り騒ぎのなかでよくぞ脚本にしたものだと思う。
若干力技的なものも感じたけれど…w
そこはお祭りだから深くは考えまい。

自分にできる限りのことをやってそれでもダメなとき
そんなときにヒーローがきて世界を救ってくれる。
昭和平成問わずウルトラシリーズのフォーマット・真髄とも言うべき
そういったところを王道に描き切っているからこそ
見終わったとき、心に晴れ晴れとした清々しさがある。

隋所にウルトラを楽しむための小ネタがちりばめられており
前作同様、一発ですべてを拾いきるのは不可能。
鈴木Pもおっしゃっていたが、何度も見て味わえる映画だと思う。

音楽の効果も併せて何度鳥肌を立てたかわからない。
次から次へ、これでもかこれでもかと押し寄せる
ウルトラの奇跡に全身が総毛立った。

最後にこれから試写、そして公開を待つ人へ
映画を最高に楽しむためのアドバイス。

考えるな、感じろ。
スタッフの熱意でも
映画のお祭り感でも
映画のメッセージでも
なんでもいい。
頭で考えるんじゃなく魂で感じ取るのが一番だと
俺はそう感じた。

子どもの頃、一度でもウルトラマンを見て
そこに憧れや夢や希望を感じた人ならば
必ずこの映画を見てよかったと思えるはず。

俺が生きている間に
昭和と平成の共演という奇跡を巻き起こしてくれた
この映画を作ってくれたスタッフに
心から賞賛と感謝の意を表したい。
そしてこの映画にエキストラという形で参加できたことを嬉しく思う。

ありがとうございました!

あとは公開を待つばかり!



PS.
会場を後にするときに、鈴木Pと宣伝の姫さんとお話することができた。
そして平成ウルトラマンを見て育った自分に
こんな奇跡のような映画を見せてくれてありがとうございます。
素直にそう伝えた。
ずっとずっとウルトラマンを見てきた俺の、心からの言葉だ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/07/30(水) 01:19:11|
  2. 大決戦!超ウルトラ8兄弟|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

凝りだすオーディオ | ホーム | 高まる期待

コメント

あぁ羨ましすぎる…!!

9月の公開を待つ身分としては、早く超ウルトラ8兄弟に逢いたい事この上ないわけで…
優咲さんのレポで、また期待を膨らませつつ、首を長くして待ってます!

つか、竹むらの中が非常に気になる…w
今度はご一緒させてくださいね?
  1. 2008/07/30(水) 01:34:27 |
  2. URL |
  3. ZOD #- |
  4. 編集

ついに観て来たのですね・・・!!

羨ましすぎるっ!でもこの映画がどんなに強い「力」を持っているか十分すぎる程伝わりましたよ~

平成ウルトラはティガくらいしかまともに見ていない私はこの映画の感動をきちんと受け止められるか
ちょっと不安だったのですが、このレポ読んでその不安は吹き飛びました。

9月の公開を楽しみに待つとします(^^)
  1. 2008/07/30(水) 02:18:29 |
  2. URL |
  3. kaya #- |
  4. 編集

>ZODさん
竹むらの内部は写真を撮ろうと思ったのですが
かなりお客さんもいたしなによりウルトラメインの記事のつもりですから
さすがに撮影はしてきませんでした^^;
でもなかにはいると「おーっ」と思うほどたちばなでしたよw
ちょっと内装が違う以外は本当にたちばなでした。
さて映画ですが本当に楽しめます。
子どもに向けた映画としては文句なしです。
まさしくウルトラ級にエンターテイメントに徹してます。
小難しいことは考えず純粋に楽しめますよb

>kayaさん
見に行って損はない映画になってると思います。
むしろティガくらいしか知らないのであれば
それはそれで楽しめるのではないかと思います。
きっとあとで見返した時にさらに楽しめることになるかとb
ウルトラを知っていれば知っているほど
この映画を見れば見るほど
楽しさが増えていく面白い映画になっているかと思いました^^
俺も9月にはもっと大画面でみたいですねb
  1. 2008/07/31(木) 00:55:22 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

期待通りの作品のようですね!!

9月公開を楽しみに待てます!!
  1. 2008/08/05(火) 22:53:52 |
  2. URL |
  3. ミライ #- |
  4. 編集

はじめまして!TBさせていただきました~
中々熱の入ったレポでお見事です(^^
私もつい気張って見てしまいましたが、やはりノリを楽しむべきだと思いました。
息子との観賞も楽しみです~
  1. 2008/08/06(水) 19:33:28 |
  2. URL |
  3. MASAAKI #SFo5/nok |
  4. 編集

十分ネタバレ書いてますよね?コレ

マズいんじゃないの??

当日あれだけ円谷の方々がお願いされてるのに、これじゃその期待を裏切ることになるじゃん。

書きたい気持ちはわかるけどさ、いくらなんでもOpenなWebにコレは書きすぎでしょ。

もっと常識的に行動したら?
  1. 2008/08/06(水) 22:47:05 |
  2. URL |
  3. 通りすがりの者だけど。 #- |
  4. 編集

>ミライさん
期待通りの作品に仕上がっていると思います!
自分ももう一度、大スクリーンで視聴したいですね~^^b

>MASAAKIさん
こちらからTBさせていただきましたー!
当日会っていたのかもしれないですねぇ。
画面に食い入るなんてここしばらくなかったですが
わき目も振らずスクリーンを凝視してましたw

>通りすがりさん
ご指摘ありがとうございます。
しかしながら、自分としてはこの内容では
未見の方にとって内容がわかる文章ではないと
判断して掲載している次第です。
これは円谷の方々がお願いされていた「宣伝」の範疇として
アップしていますので、そこをご理解をいただきたく思います。
  1. 2008/08/07(木) 11:43:58 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

私も試写会に参加してきました。Mixi内で「宣伝」の範疇で日記を書いております。

私の言葉では
「もうね・・・理屈じゃないんですよ、この作品。
 設定とか世界観はどうでもいんです。」

貴方の言葉では
「考えるな、感じろ。
 スタッフの熱意でも
 映画のお祭り感でも
 映画のメッセージでも
 なんでもいい。
 頭で考えるんじゃなく魂で感じ取るのが一番だ」

表現こそ違えど、同じ感想を持った仲に会えて嬉しく思います。


この映画はまさにウルトラの奇跡


忘れかけてた 夢をもう一度
心の光を 取りもどせ 今!


公開に向けて予習した方へ

最高の予習材料は、あなたの幼きころの夢です。
・幼きころ何になりたかったのか
・その夢は今どうなっているのか

上映前の数分で構いません。
考えて見てください。
  1. 2008/08/08(金) 16:03:25 |
  2. URL |
  3. Mebius #9Re0qZYc |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1088-a072ad32

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。