医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

そびえる現実

「小さい事にクヨクヨ悩んだりしてない?

自分のやりたい事。
やれる事。
やればいいんだよ、少しずつさ。

それが強さになるんだ。
君は強い!」


響鬼放送中のオロナミンCのCMの響鬼さんから。



もう今の俺は完全に明日夢状態。
道に迷っては光を見つけ
自信を取り戻しては失って
傷ついては癒されて…
心にヒーローがいなきゃ耐えきれん。

まずは仕事。
早くも入職してから二か月がたとうとしているけれど
同期からは「辛い」「やめたい」という声を聞くように…
真剣に次の職場を探しだす人まで出る始末orz
誰か1人でも欠けるのはさびしいな…

まぁ、労働時間と責任の重さに対する待遇の割合がよろしくないとか
ずっと緊張しっぱなしで疲れてしまうとかいろいろあるらしいけれども。

しかし辞めたいと思う人を強く押しとどめることもできず。
なんでつらいのかはよくわかるからね…
無理に引き止めてやっていったとしても
身体が傷つくのならともかく心が折れたりするとどうしようも;;

最近は、仕事に行くのが怖いと思う気持ちが大半。
それはみんなも言ってる。
自分の力量不足による不安からくる怖さなんだけれども
その不安を塗りつぶすだけの勉強をしている時間もとれず
不安が不安のまま次の日へいってしまうから怖い。
一歩間違えば人を死に追いやってしまうようなところだから
のしかかるプレッシャーはかなり重い。
次々に独り立ちしていく同期はプレッシャーに直面してるみたい。
俺は…今日の夜勤が終わったら一応独り立ち。
(とはいってもまだ1年目なのでフォローに先輩はつくけれど)

響鬼 四十七之巻 語る背中で生身でバケネコと戦う恐怖へ
立ち向かう姿を見せて無言のメッセージを明日夢と京介に送った
響鬼さんの背中がひたすら大きいな…



さてバイクの話。
納車は来月の6月6日!
月末には不動産屋のとの契約も更新して駐輪場確保!

結局、月額5千円で場所を借りることに。
ちょっち高いなぁとは思っていたけれど、驚愕の事実を知る。
東京23区内にバイク駐輪場はわずか4400台分しかないらしい。
それ考えると月5千円でマンションに借りられたのだから幸運だ。

よく考えれてみればもともと駐車場スペースだったものを
バイク駐輪場スペースになったということからして運がいい。
まぁもともと道のせまいところで
誰も車を置きたがらないから
(出し入れが面倒臭い、ぶつけられやすいなど)
空きスペースと化していた場所あったところに
俺がバイクを置きたいと相談しにいったから
場所がバイク駐輪場になったようなものだけれどw

よくよく話をきけば、もともと月1万5千円で貸していた駐車場スペースを
バイク駐輪場として三等分して月5千円で貸す予定だったけれど
それだといくらなんでもバイクを置くには狭いという大家さんの話で
スペースにはバイク2台をおいて、月5千円という話になったらしい。
スペースが増えて金額が変わらないのであればお得というほかない。

さらにここにきて1階に部屋を借りたことが幸いしてきた。
その駐車スペースは、俺の部屋の真ん前。
窓を開ければバイクが見えるという状況。
部屋にいる限りバイクへの監視をしているようなものだし
窓辺で愛車を鑑賞することもできるから
(まぁ盗難防止と保護のためにカバーにはいれるけれど)
ことバイクに関しては幸運の風が吹くまくってると思えるw

ちなみにバイク屋の人に聞いた盗難に関するお話。
・バイクにはそれを狙う専門の窃盗集団がいる
・路上駐車は格好の標的
・人気のある車種ほど狙われやすい
・しかしアメリカンはでかいので盗みにくくスルーされやすい
・同じアメリカンでもハーレーは高いから無理してでももってく

まぁ確率は低そうだけど盗まれないようにしとこう。

ともあれこれで機動力はさらにあっぷ。
そういえば親にはフォルツァと買うとしか言ってなかったな。
こっちにきてから最終的にShadowにすると決めたから・・・
フォルツァだと思ってたのがShadowになってたら驚くだろなw
これで実家に帰省して驚かせるのもありかもw
もともと群馬は山が多くて走るには格好の場所だろうし。
頭文字Dの舞台になってるということで妙に山の知名度が高いが…w

あとは経済状況ですかw
バイクを買ったからそれに付随する維持費やらなんやらで
またいろいろと考え直さなくては…
ガス水道電気代で1万
携帯料金で1万
諸々の契約で1万
それに家賃がついたら10万飛ぶなぁ(住宅手当はでるが)
切り詰められるところは詰めていってみよう。
貯金はなるべくしておきたいし。
社会人になると考えることは多いなーw

そうそう、アメブロのパスワード忘れはパス変更で解決し
TFCのほうはあきらめかけていたけれどよくよく考えたら
メンバー用ではない一般用のほうにも
「問い合わせ」項目はあるはずだと思って
はいってみたらやっぱりあったから
そこからパスワードに関して問い合わせ中。
前より時間はないかもしれないけれどまたあそこで楽しみたいな。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/05/28(水) 11:02:30|
  2. 日々の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

響き交わす仲間 | ホーム | 「俺はこの仕事で給料以上のモノを貰ってる!」

コメント

バイクの納車まであと1週間だね!
良かったねぇ~
うんうん、シャドウ400
背が高くて元がいいから似合うはずだよ!!
今が明日夢だっていいじゃん!
最終的には響鬼になれるはずだよぉ~~
頑張れ!看護師1年生!!

PS
バイクの窃盗団は「盗むと決めたら必ず盗む」そうです・・・
U字ロックしたりしても、リフト付きの車を持って切って、ロックをバーナーで焼き切るそうです。
部屋の目の前が保管所といううのは、ある意味すごく安全だね。
そうそう、優作君が言うとおり
「部屋の外のバイクを眺めながらコーヒー」
いいねぇ。
仕事の疲れが吹き飛ぶはずだよ・・・
  1. 2008/05/29(木) 19:17:49 |
  2. URL |
  3. マック&シュンカナ #XuC57Uho |
  4. 編集

職場の話!
5月の1か月で利用者が4人死亡・・・
ウチは病院じゃないからねぇ。
1人は在宅訪問の利用者・・
1人は入院先の病院で・・・
そして、1人は食事介助中の誤嚥・・・
そのときは5年目の介護士と、新卒の女の子。
この、新卒のことが明日から、担当する利用者に
ついての出来事だった・・・

もともと(この利用者をAさん)Aさんはもうそろそろ、径管栄養(感じが違う?)に切り替えるように、家族と相談中の出来事だった・・・

その場で逆さにして吐き出させるも時すでに遅し・・・

新人の目の前で悶え苦しんでなくなりました・・・

そして、その4日後にまたまた、新人が担当するはずだった利用者が救急搬送で、
搬送先の病院で亡くなる・・・

高齢者施設だとよくあること。
でも新人の介護士にとっては初めてのことばかり
何もできない無力感と、目の前で人が死ぬ恐怖感

翌日には辞表を出してきた・・・

ここまで短期間に重なれば当たり前かも。

でも、でもね、「あなたは何のために介護を目指してきたの?」
「高齢者を介護する時のリスクは学校で学ぶことだけじゃないよ?」
「喜んでもらえる、利用者の笑顔がみたい」
「お爺ちゃん、おばあちゃんが好き・・・」

確かに立て続けで目の前で不幸が起これば、
私だってかなりナーバスになります。

でも、そこから逃げ出すことは「死」から逃げ出す事だと思う・・・

生けるもの全て死ぬわけですから・・・

その、死ぬまでの時間をいかに自分らしく生き抜くか!

選んだ道で後悔しないよう踏ん張ってください。
医療も介護もどこの現場にっても、根本的に何も変わりがありません・・・

もう少し仲間と頑張ってねぇ!

う~~ん、うまく伝えられませんが、
この看護師不足の世の中ですからぁ(^_^;)

  1. 2008/05/29(木) 20:01:05 |
  2. URL |
  3. マック&シュンカナ #XuC57Uho |
  4. 編集

PS、「漢字がちがう?」の漢字も→「感じ」だよぉ~~
全く・・・
  1. 2008/05/29(木) 20:02:15 |
  2. URL |
  3. マック&シュンカナ #XuC57Uho |
  4. 編集

>マックさん
なんというかいろいろドキドキしますねw
こんなにでかい買い物は初めてだったという興奮に
バイクに乗れるという期待と事故をおこさないようにという不安がw
愛車とともにこれからも乗り切っていきたいものです^^;
しかし窃盗団というのもまたすごいですね…
盗ると決めたら盗るとか…ある意味プロ根性?w
休日は乗って良し見て良しの絶好の部屋になりますね☆

それにしてもその新卒の子はとてつもなくつらかったでしょうね…
自分が同じ立場だったら、と思うとやはりつらいものがあります。
見事なまでのリアリティーショックだったものと思われますが
やはり現実と理想の壁というのは大きいですね。
頭でわかっていても心が…とか、あります。
人が死ぬということは当たり前のことであっても
普通に生きていたらそうは立ち会うことのないことです。
かかわる人にも多かれ少なかれ負担がのしかかるものですから…
その新卒の子がこれからどういう判断をしていくかはわかりませんが
この経験をトラウマとして現実から目を背けるのではなく
その貴重な経験を活かした介護をしていってほしいですね…
人は生まれて死ぬまで誰かに迷惑をかけていくけれど
誰かに何かを残していってくれますから。
  1. 2008/05/30(金) 22:58:40 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

うぅ、ヒビキさん・・・・。
なんか当時よりもさらにこの言葉沁みますね。
私も去年も、今もずっと明日夢君状態です。
響鬼さんだけじゃなく、いろんな人の言葉に
支えられながら、なんとか1年やってこれたので・・今年もやっていけたらと思っています。

コピペして、デスクトップにいつでも見られるようにしておこうっと!
  1. 2008/06/02(月) 21:03:43 |
  2. URL |
  3. 蒼 #- |
  4. 編集

>蒼さん
響鬼さんたちの言葉は今になって本当に効きます。
ちょっと見返すだけでも明日夢とシンクロしちゃって…w
いつになったらあんな素敵な大人になれるのか^^;
いつも鍛えに鍛えて鍛えまくってる人たちってのは
すげーんだなーと素直に思いますねw
  1. 2008/06/03(火) 00:24:41 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1051-227b8753

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。