医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スクランブル:医療・福祉現場を考える 増える患者らの暴力 /広島

だんだん、モンスターペイシェントという存在が認知されてきているようです。
いくらなんでも無理難題ふっかけすぎでは?ということを・・・
でもまだ、日本の医療の情勢を知らせるには足りない。




===================================

【スクランブル:医療・福祉現場を考える 増える患者らの暴力 /広島】

 ◇深刻、急がれる対策 医療崩壊の拍車にも

 ◇看護師ら3割が身体的被害--協会調査

 安芸高田市で今年1月、通院していた総合病院の病院長に難癖を付けて脅し、医師を配置転換させたとして安芸高田市吉田町、農業、木原国明被告(58)が強要容疑などで県警に逮捕された。医療や福祉の現場で患者らからのセクハラや暴言などの暴力が増え、県看護協会の調査では会員の3割以上が身体的暴力の被害を経験している。医療崩壊に拍車をかけかねない問題だけに対策が急がれる。【矢追健介】

 ◆執拗な難癖

 安芸高田署などによると、木原被告は「注射の打ち方が気に入らない」「あのベッドがいい」「部屋が寒い」などと医師や職員に、少なくとも数年前から執拗(しつよう)に繰り返していた。

 昨年1月ごろからは物を投げつけるなどエスカレート。昨年7月には「若い衆らで、頭に木刀で刺さすぞ」などと自分の背後に暴力団がいるかのように脅し、臨床工学技士ら数人が精神的ショックから出勤できなくなったという。昨年8月には脅された院長が、透析センター科長の職を解くまでになった。

 報復を恐れた病院側は警察への被害届を出し渋り、事態は悪化していった。捜査した安芸高田署の幹部は「早く被害届を出してほしかったが……」と振り返る。

 ◆ささいなことが

 患者による「言葉の暴力」が、逮捕にまで至った例はまれだが、医療や福祉の現場では既に深刻な問題になっている。

 県看護協会が昨年、看護師ら864人を対象にした調査では、「身体的暴力を受けた」という回答が約30%、「言葉の暴力やセクハラなど精神的暴力を受けた」が約15%に上った。原因までは分析していないが、関係者は「『待ち時間が長い』など、ささいなことから暴力に発展する例が増えている」と指摘する。

 ある医療関係者は「疲れ切って『辞めたい、ノイローゼになる』と漏らす看護師も少なくない。表面化するのは氷山の一角だ」と話す。

 ◆毅然な態度を

 対処法はあるのか。調査では、暴力を受けた際、「上司への報告手続きがある」という回答は約40%で、半分以下しかなかった。

 手続きがない場合では、暴力を受けた経験がある人は約61%。手続きがある場合は約35%と少なくなっている。同協会の板谷美智子会長は「看護師らは暴力を受けても自分の責任と感じて、報告したがらない。しかし、報告手続きを定めたり、警備員を配置するなどして、病院側が一丸となって毅(き)然とした態度をとることが大切」と話している。

毎日新聞 2008年3月9日

===================================



従事してる人の3割が暴力を受ける職場って、あるでしょうか・・・
しかもそれはサービス提供機関に人的被害が出ようと刑事的責任の生じるものであっても
そうそう簡単にニュースになったり顕在化したりすることはないのです。

なんで病院だとここまで顕在化されず、
従事者の人生を狂わせるほどに影響を与えているのにスルーされてるのでしょう?

変に高ぶる利用者意識(患者意識)がそうさせてるのかもしれません。
看護の授業で、患者についてはこう習います。
・依存性が高まる
・攻撃性が高まる
この2点、通常時よりも高まります。
自分は患者なんだから病院はこうするべき、という感じなんでしょうか。
自分のことで手一杯になると他の人のことまで頭が回らなくなりますからね・・・


>看護師らは暴力を受けても自分の責任と感じて、報告したがらない。

これは看護学校、あるいは職場の問題点だと思います。
例えば、患者さんから責められるようなことがあっても
どう見ても相手が悪いという状況でもない限りは学生は責任を感じます。
仮に相手が100%悪くても責任を感じてしまいます。
そして先生はフォローアップに努めるのですが
「どうしてこうなったのか考えてみましょう」ということを多くが言います。
患者さんが悪かったね、とはまず言いません。
学生の接し方が悪い、そういうところに落ち着くんです。
(まぁ受け持ちするような患者さんは接しやすい人が多いですが)
実際患者さんからセクハラまがいのことをされてもうやむやになることが多いです。
学生もなかなか訴えられないから・・・

だからみんな自分のなかに溜め込みやすい。
患者さんに非がないなら自分に非があった。
そして自分があのときこうしていれば、あぁしていればと振り返ります。
でもそれにも限界はある。
患者さんに愛をもって接するのも、最高の看護を提供するのもそれは当然。
だけどそれは、従事者の権利を守ってこそ成り立てるものであり
それを推奨できていないのに患者のために尽くすというのは、理不尽な要求。
病院という職場の特性上、看護師という職業の特性上
どうしても自分の責任だと思い悩みやすいところですが
自分の責任として処理できるものと、相手に責任があるものとを
しっかり分けて考えなければいけないことだと思います。
勇気を出して訴えた従事者の声を、病院側がしっかり受け止めて従事者を守ること。
それができなければ本当はいけないはずなんだけどな・・・

病院のなかで、こうした暴力暴言が3割もあって、
そしてそれがあまり問題として扱われずニュースにもならない
この国の医療情勢は、明らかに異常だと思います。

悪いものは悪い、そう相手に伝えるのも大切なことだと思うんだけどな。
相手が悪いのに迎合してしまうようでは相手を勘違いさせるばかりか
さらなる状況の悪化につながるわけで・・・
お医者様と旧来のように変に崇め奉る必要もないけれど
俺は患者様だ、俺らがいるから生きてけるんだろ、という患者意識もまた間違い。
患者と医療従事者が二人三脚で治療を行うから、最高の医療になるんです。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/03/11(火) 00:24:01|
  2. 医療NEWS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

電王からのラブレター | ホーム | 集団生活で透ける私生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1014-653f0acb

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。