医療特撮部LOG

特撮好きな看護師の送る日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

医師不足の改善が必要だ 救急医療

3番目の落書き様からのコメントです。
情報提供、ありがとうございます。

【医師不足の改善が必要だ 救急医療】


==================================

 受け入れ病院が長時間見つからず、患者が死亡するという事例がまたあった。

 先月、コンテナ船の中国人乗組員が体調不良となり、佐賀県唐津市の港に救急車が駆けつけた。ところが、周辺15病院から受け入れを断られ、2時間半後、やっと福岡市東区の病院に送り込んだものの、脳出血で死亡したのだ。

 救急医療体制は、入院を要しない開業医中心の初期救急、入院や手術の可能な2次救急、重篤患者を受け入れる大病院中心の3次救急という3段階に分けて、各地に構築されている。

 2次、3次救急の病院は、初期救急で対応困難と判断された場合、すべての急患を原則受け入れることになっている。今回の例も、救急隊が問い合わせた病院の半数近くが2次、3次機関だった。

 にもかかわらず、受け入れ拒否が起こる。別の急患の処置中と回答した病院もあったが、共通するのは絶対的な医師不足のようである。

 救急病院のなかには、若いアルバイト医師や救急対応のできない医師が当直する例もあるという。こうした病院で、重症の急患を受け入れられるはずがない。救急病院の3割が名ばかりで、急患を搬送できないという調査結果もある。

 経済協力開発機構(OECD)の最近の比較では、人口1000人当たりの日本の医師数は30カ国中27位の2.0人。機構平均3・0人を大きく下回る。逆に診察数は国民1人当たり13.8回で、データのある28カ国中最多だ。

 少ない医師が多くの患者を診ている実情が分かる。とくに勤務医に顕著だ。過重労働が医師を病院から遠ざけ、そのことがますます病院勤務を過酷にする。救急対応も当然難しくなるわけだ。

 政府は医療費抑制の観点もあり、医師抑制基調を変えていない。医学部定員はピーク時より8%減っている。国は、まずは医師抑制策を見直し、病院の医師不足の改善に努めるべきである。

 救急網の再構築も必要である。名ばかりの救急医療機関には退場を願い、急患をいつでも受け入れ可能な信頼性の高い救急網に変えていかねばならない。

 厚生労働省は新年度、地域医療に詳しい医師らが救急患者の受け入れを仲介するコーディネーター事業を始める。門前払いを幾分減らす効果はあろう。

 消防庁によると、空きベッド状況を知らせる救急医療情報システムが活用されていない実態もある。病院の9割が情報の即時更新をしないためだ。効率よい急患搬送のための情報更新の仕組みを、必要なら行政も一緒に考えるべきだろう。

 住民の協力も不可欠だ。救急搬送者の半数が軽症という。彼らに手を奪われ、重症患者が受け入れられなくなることもある。安易な救急車要請は慎みたい。

 医師が余裕を持って対応できる救急体制の確立を、医療機関はもちろん政府も地域も真剣に考えるときである。

=2008/02/29付 西日本新聞朝刊=

===================================



久し振りに医療の情勢を正しく伝える文章に出会ったと思いました。

>住民の協力も不可欠だ。

特にこれ、これなんですよ。
昔のように「お医者様にお任せします」というのではまたこれも難有ですが
「これは医療ミスだ!」と医学的に診断が困難、救命が困難な事例にまで
訴訟を持ち出してきたり無理難題をふっかけたり
常識はずれなことをするモンスターペイシェントもまた問題。

医療と言うのは、医療者と患者さんが二人三脚でなしえるもの。
例えば、糖尿病や高血圧症や高脂血症で食事制限がなされたとしたとき
医療者や管理栄養士がいくら最適なカロリーの献立や運動メニューを考えても
患者さんが自分で節制して守り続けてくれなかったら全く意味がない。
それで「正常にじゃないか」と言われても、どうにもならないのだ。

いざ医療が崩壊したときに(もうしてるけど)
「なんでもっと早く手を打たなかった」では遅い。
もう地域で医療を守らなければいけない段階ではないか、と思う。
国が医療を守ってくれないなら、地域で守るしか道がない。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/03/03(月) 12:21:52|
  2. 医療NEWS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

新聞に掲載!【ウルトラマン ネットで議論】 | ホーム | 「殉職」 救命の代償 我が命

コメント

救急崩壊。

救急医療の現実を扱った動画があります。

NEWS ZERO「救急崩壊」1日目
患者を断らざるを得ない「受け入れ不能」の実態。
http://www.youtube.com/watch?v=Bua7R0bQioo

NEWS ZERO「救急崩壊」2日目
経営不振で「2次救急」が次々と撤退、「2次救急」レベルの患者が「3次救急」へ…。
http://www.youtube.com/watch?v=sQ7ufv7bfzM

NEWS ZERO「救急崩壊」3日目(1/2)
夜間救急に多数の患者が押し寄せパンク状態、その多くが、救急医療が不要な「軽症患者」。
http://www.youtube.com/watch?v=akEbC5khXKE

NEWS ZERO「救急崩壊」3日目(2/2)
「私たちの病院を守ろう」と立ち上がった市民。
http://www.youtube.com/watch?v=8VQlgK3UgQQ

上の動画を元に記事を立てました。
よろしかったら読んでみて下さい。
http://punigo.jugem.jp/?eid=453
  1. 2008/03/19(水) 18:53:43 |
  2. URL |
  3. 都筑てんが #D5O/1XSs |
  4. 編集

>都築てんがさん
情報提供ありがとうございます!
その動画を見て、そして記事を書こうかと思います。
記事を書いたらトラックバックさせていただきますね^^
  1. 2008/03/20(木) 00:54:13 |
  2. URL |
  3. 優咲 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://medicalxsfxnursing.blog21.fc2.com/tb.php/1003-86fc27e3

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。